picture

情報元

テーラーメイド社を韓国企業が買収へ 「アジアマーケットの中心になる」
かねて売却先を模索中だったKPSキャピタルパートナーズ(以下KPS)が保有するテーラーメイド社を、韓国のプライベート企業のセントロイド・インベストメント・パートナーズが買収することになった。米ゴルフウィーク誌などの米メディアが伝えている。

売却金額などは非公開だが、ニューヨークタイム誌は2月に「KPSが“20億ドル”(約2200億円)を売値に設定している」などと報じている。セントロイド・インベストメント・パートナーズは2015年に設立された韓国に本部をもつ非上場のプライベートカンパニーで、韓国内で戦略的な買収を続けている。サウススプリングスCCもその1つだ。

KPSは17年5月に、当時の親会社、ドイツのアディダス社からテーラーメイドを購入。その金額は4億2500万ドル(当時のレートで約476億円)だった。その後アディダス社はゴルフ用具から撤退し、ウエアとシューズに専念。KPSはモーガンスタンレーを通じてテーラーメイド社の買い手を探していた。

新型コロナウイルス感染拡大による屋外スポーツのゴルフ人気上昇に伴い、テーラーメイド社の昨年の売り上げは2億8100万ドルで19年より10%以上増加していた。

セントロイド・インベストメント・パートナーズの創設者でCEOを務めるチョン・ジンヒョク氏は「テーラーメイド・ゴルフは弊社にとって大きな変革となる」とコメントを発表。そして「世界のゴルフをリードする企業に投資する機会を得てとても光栄に思う。韓国だけでなくアジアマーケットにおいても中心となる。今後も現テーラーメイドのCEO、デービット・エーベレス氏とすばらしいマネジメントチームとともに発展していきたい」と続けた。

カリフォルニア州カールズバッドに本社を置くテーラーメイド社は現在、タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイら多くのトッププロと契約を結ぶトップブランド。「この変革は我々にとって大きな達成。今後も我々のブランドを世界中で伸ばして行きたい」とエーベレス氏もコメントしている。(文・武川玲子=米国在住)


この記事への反応

  • 日本では、これでブランド力激減だ!
    なんか今使用しているMシリーズも、使いたく無くなりそうです。
    クラブヘッドに水が溜まったり、接着剤が剥がれてクラブフェースがボールより先に飛びそう。

  • これまで使っていたブランドだけに残念です。
    日本市場はこれでスリクソンとPINGがさらに伸びますね。

  • テーラーメイドが韓国企業に買収されたなら、大事に使ってたフルセットは残念ながら捨てる他ない。スイングする度に気分が悪くなるならゴルフなんか楽しめなくなる。

  • おそらく
    ...タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイら多くのトッププロは、、、離れていくでしょう

  • 中古市場に大量放出の予感・・値崩れする前に!

  • イメージダウン、コストカットによる品質劣化は避けられないでしょう。見てくれだけの商品になりますな~

  • もう、テーラーメイド社のクラブは使わない。韓国企業では品質管理等出来ないから。

  • さよならテーラーメイド。永年使ってきて好きなブランドだったけど、これからは他をあたります。