picture

情報元

セルフプレー主体の「教える者なきゴルフデビュー」が可能な時代に必要なコトは?
ビギナー目線で考えた
コロナ禍で増えたというゴルフ人口。新人ゴルファーが増えたことは歓迎すべき一方、マナー、エチケットの部分で既存ゴルファーとの間に問題が生じそうな気配も……こんな時代に必要なことってなんだろう? はじめてコースにやってきた「ビギナー目線」で考えた

コロナでゴルフに脚光!だからこそ改めたい “知っていて当然”という風潮

最近のゴルフ場には、経験者と最近ゴルフを始めた者との間でひと悶着起きそうな雰囲気が漂っている。プレーの進行、安全上の問題はもちろん、エチケット、マナーと呼ばれる些細なことに対しても“今どきのゴルファーは!”と憤りを感じながらプレーしている既存ゴルファーは少なくないのだ。

しかしながら、自分がビギナーであるという視点でゴルフ場を俯瞰してみると、いささか説明不足なのでは? と感じることも大いにある。それはゴルフ倶楽部のあり方(メンバーシップとパブリックの違い)に始まり、ロッカーや洗面所の使い方、練習場、練習グリーンの使い方、プレー進行に関わることまで。

一事が万事、教えてもらわなければわからないことだらけだからである。既存ゴルファーなら“知っていて当然”なことも、知らないのだから出来なくて当然だといえる。知っているのにあえてやらないのと、知らないからやっていないのでは大きく違うのだ。これが傍目にはどちらも同じに見えてしまうから、どうにもやっかいである。

例えば、グリーン上のピッチマーク直し、バンカーの均し方、ディボット跡への目土など、エチケットと言われることも、最初に誰かに教えてもらわなければできないこと。ピッチマークの仕方についてはクラブハウスに掲示があったりするけれど、正しいピッチマークのやり方の前に説明が必要なことがある。それが、なぜピッチマークを直さないといけないのか? という目的の説明だ。目土についても同じ。乗用カートには砂の入ったバケツがぶら下がっているが、これが何なのか、どうすればいいのかはどこにも書いてはいない。書いてあっても“目土にご協力ください”、“コース美化にご協力ください”という感じのものばかりである。

すべてにおいて、“当然、知ってますよね?”という空気感。その目でやっていない人をみると、ダメな人に見えてしまう。知らないから出来ていないというふうには見えないのだ。でも、ビギナーにとってはディボット跡、ピッチマークという言葉自体も、何それ? ということなのだ。

ゴルフのことを仔細に教える先輩がいない現代ゴルフの場合は、出来ていない=知らないと考えたほうが普通。個人的にはそう思う。


この記事への反応

  • ベテランだからと言って正しいルールやマナーを知っているとは限らない
    目土を山盛りにしたり、グリーンフォークを間違った使い方していたり
    動画観て参考にした方が良いと思うわ

  • 道具やスイングの知識は知っているようだが、ゴルフ場でのマナーの知識はほとんどありません、最近始めたゴルファーは。プロではないのでさっさと回りましょう。

  • TV中継で何度か取ったターフを戻すのを見たことがあります。
    できればプロまたはキャディがターフを戻し目土をするのを映してくれたらビギナーもそういうものでと見習うでしょう

  • 初心者にはクラブハウスで10分位のマナー講座やったらいいんじゃないでしょうか。

  • どんなことでもルールやマナーがある。ゴルフだけが初心者でも仕方ないなんて雰囲気はおかしい。
    特にスロープレーは他のプレーヤーに迷惑がかかる。コースに出るのなら、勉強してからこい。

  • 若者ばかりでは無い。年寄りゴルファーは、まだ、たちが悪い。自分が一番らしく、何事にも文句を言う。玉が飛ばないので、進行くらいちゃんとすれば良いのに、クラブを持って行かずに、ボールの所に行き、見てクラブを取りに行く、スロープレーぶりは、情けないのの一言です。マナーの悪さは、年寄りです。

  • 大声を出さないとか、人を待たせないとか、元の状態に戻すとかゴルフ以外にも通じる一般的な常識だけでも守れていれば、初心者でもスマートなゴルファーに見られますよ。

  • ゴルフに限らずどんなスポーツもルールやマナーはあるでしょ?
    コースデビューする前に最低限のことは調べてきてもらいたい。