picture

情報元

距離を測定してくれる「腕時計型GPSゴルフナビ」おすすめ3選!
残り距離やコースのレイアウトなどが手元で分かる「GPSゴルフナビ」は、一度使うと手放せなくなるセルフプレーの強い味方です。目に見える範囲で実際の距離を測定して教えてくれる「レーザー距離計」に対し、「GPS ゴルフナビ」はインプットされた地点まで見えない範囲でも確認できることが大きな特徴です。最近ではBluetooth機能搭載によってスマホアプリとの連携が可能なモデルなど、さまざまなモデルがラインアップされています。

本記事では「腕時計型GPSゴルフナビ」のおすすめ商品を紹介していきます。

●おすすめ1:GOLFBUDDY aim W11
「GOLFBUDDY aim W11」は、フルカラータッチスクリーンのスマートゴルフGPSウォッチ。直前ショットを打った位置から移動した最終の位置までの飛距離を測定できる「ダイナミック・ショット・ディスタンス」や、プレイヤーの位置によって自動でホールビューが拡大される「スマートホールビュー」などさまざまな機能が内蔵されています。一度の充電で45ホール連続ラウンディング可能600mAh容量のバッテリー、IPX7の防水レベル対応であることもうれしいポイントです。

●おすすめ2:GreenOn THE GOLF WATCH NORM II G018B
「GreenOn THE GOLF WATCH NORM II G018B」は、パワーアップしたGPSキャディのスタンダードモデル。新機能である「クイックスタート機能」により1ボタンでプレイスタートでき、かんたん操作が大きな特徴です。また、カラー液晶は高精細化され、GPS使用時の稼働時間は最大20時間に進化。細緻なカーボンパターンでクールなボディデザインも魅力です。

●おすすめ3:GARMIN Approach S42 010-02572-20
「GARMIN Approach S42 010-02572-20」は、ゴルフのラウンドではスコアアップに役立ち、日常シーンでは自身のスタイルアップにも役立つ、GPSゴルフスマートウォッチ。ゴルフウォッチとしての機能性の高さはもちろん、互換性のあるスマートフォンとペアリングすれば、電子メールの通知やアラートが確認できることも魅力です。


この記事への反応

  • ラウンドに出る時には必ず腕時計型GPSゴルフナビとレーザー距離計の両方を使用しています。腕時計型では、ガーミンのアプローチS62が最強です。
    それと、一番注意したいのは、バッテリーの持続時間ですね。
    スルーだったら2ラウンドできますが、ハーフで昼食を摂ると、バッテリーが不足する可能性もあります。使わない時は電源を切っておいた方が無難です。

  • ピンを見る時はレーザー距離計、グリーンセンター、エッジ手前とエッジを確認する時はGPS腕時計で使い分けています。

  • 今までブシュネルのレーザー使っていましたけどボイスキャディT8買って使ってみたらもうレーザーいらないや

  • Garmin s62をプレゼントしてもらいましたが、最高なんです。
    もともとGarmin s80使ってたんだけど使い勝手がね笑

  • GPS優秀すぎます