picture

情報元

男子プロは国内試合がない7月の練習が本格シーズンのスコアに直結する(羽川豊)
【羽川豊の視点 Weekly Watch】

いま、ゴルフの話題といえばサウジアラビア系ファンドがバックについた新ツアー「LIVゴルフ招待」に集中しており、先週行われた2戦目に香妻陣一朗が6位に入り80万ドル(約1億800万円)稼ぎ、初戦と合わせてすでに約1億4000万円も手にしました。

また初出場の稲森佑貴が11位(賞金約5050万円)、谷原秀人16位(同3030万円)、木下稜介23位(同2300万円)と日本ツアーでは考えられない高額賞金には驚くばかりです。

ただ、新ツアーの出場カテゴリーがどのように決まっているのか、将来性はどうなのか、不明な点が多いのも確かです。

そしてPGAツアー(米国)、DPワールドツアー(欧州)など、これまで世界のプロゴルフ界をリードしてきた組織と激しく対立していることだけは明確です。

海外志向が強く、松山英樹の背中を追い、PGAツアー参戦を目指して頑張っている星野陸也や金谷拓実が新ツアーに慎重なスタンスを取っているのもよく理解できます。

その一方で、国内に目を転じれば男子ツアーは7月に試合がありません。昔はヨネックスオープン、日経カップ、新潟オープンなど真夏を代表するビッグイベントが続いて、毎週多くのギャラリーで賑わったものです。

次戦は8月4日開幕の国内メジャー「日本プロゴルフ選手権」です。

男子プロは試合がないからと休んでいるわけではありません。というのも、暑いからといって練習やトレーニングを怠ると、スイングに微妙なズレが生じ、いざ試合が始まった時にスコアをまとめられなくなるのです。

酷暑で体は動くけれど、集中力は散漫になりやすい。頭でイメージした動きと、実際の動きがバラバラになって雑なゴルフになりがちなので練習にも注意が必要です。ドライバーなど長いものは体が動くので振り切ればいいのですが、アプローチやパットといった微妙な感覚が要求されるショートゲームの練習は特に大事になります。

■体力、自身がつく

そしてこの暑さを乗り切ると、体力もつき、充実感から涼しくなってきた頃に結果がついてきます。

男子プロはいま、朝夕に走りこんで体を絞ったり、ラウンドでスコアをつくっているはずです。

練習ラウンドであってもバーディー数は、ゴルフの調子を占うひとつのバロメーターになります。


バーディーが少なければ、試合に行ってもスコアをつくりづらい。たとえ練習であってもバーディーが少ない時はどうしても不安を覚えるものです。

狙ったところにショットを打ち、パットを決めるラウンドをこなしながら、ハーフに2つ、3つバーディーを奪うと自信になり、落ち着いてきます。男子プロには、日本プロゴルフ選手権で7月の成果を存分に発揮して、ツアーを大いに盛り上げて欲しいと思います。

(羽川豊/プロゴルファー)


関連記事


この記事への反応

  • ゴルフと言うスポーツで、7月の1か月試合が無いって致命的。
    そこはJGTOが頑張ってスポンサーを探す必要がある。

  • シーズンの最中に1か月試合が無いってどういうことかわかってんのかなぁ、女子は毎週あるって言うのに。
    まあ片山某やら池田某やらの言動を見る限り、チケをもらっても観戦したいだなんて全然思わん。
    やっぱどうして人気が無いのか凋落したのかをもう少しまじに考えて、真剣に議論すべきなのでは?

  • 男子ツアーが盛り上がらないのは、他のプロ選手と比べて、実力もないくせに横柄な態度をとる選手が多くいるから。
    そして、協会はそういうところを改善しようともしないから。
    このまま衰退の一途でしょう。

  • 来年はまた試合少なくなりそうな予感
    秋のトーナメントが無くなったら
    男子ツアーは終わっちゃうよな

  • 人事も何も全部内輪でやってるから本当に何がダメなのか分からないんでしょうね。
    俺達は間違ってないよねとか、地道にやっていくしかないみたいな議論しかないんじゃないかな。
    小手先の改革ではなくてやはり外部の風を入れて抜本的に改革しないとダメかもしれませんね。

  • 本格シーズンが8月以降ですか?
    メジャー全部終わっていますが。ハハハ

  • jgtoはこの空白の1ヶ月は開店休業に近いってことか。
    汗水垂らして頭下げてスポンサー探しに邁進してください。

  • 男子ゴルフツアーはただいまサマーバケーション真っ只中でいいなー