picture

情報元

ゴルフで問題視されるマナー&エチケットの乱れ
改善へJGA新会長「啓蒙に取り組む」
新体制となって始動したJGA

公益財団法人日本ゴルフ協会(JGA)の新会長就任が決まった池谷正成会長が5日に会見。今後の目標として、世界で勝てる選手の育成だけでなく、若者や女性ゴルファー創出のための環境整備や組織運営の透明性向上などを掲げた。

スポーツ庁が発刊する「スポーツガバナンスコード」に則った組織運営が求められる中、JGAも定款の変更や組織改革などを推進。6月24日の2022年第1回定時評議員会とその後に行われた臨時理事会で前体制の役員の多くが退任した。

新たな船出となった中で池谷会長は「女性理事の割合などまだまだ課題はあるが、昨年の東京五輪で日本代表の稲見萌寧選手が銀メダルを獲得し、畑岡奈紗選手も目立っている。そうした選手の活躍によって、ジュニアのゴルフを広く知ってもらうきっかけになった。これからも選手の強化に努めていきたい」とJGAとしての使命遂行を改めて訴えた。

コロナ禍の中で「密にならないスポーツ」として健康を意識する上でも関心が高まっているゴルフ。一方でゴルフの本質ともいえるマナーやエチケットの乱れといった問題も目立っている。池谷会長は「マナー、エチケットの啓蒙にも引き続き取り組み、楽しく正しくゴルフを楽しんでいただけるように努めたい」とさらなるイメージアップに向けて意気込みを見せた。

近年の国内女子ゴルフは1998年度生まれの「黄金世代」や2000年度生まれの「プラチナ世代」が席巻。池谷会長は「ナショナルチームとして成績のいい中高生を選抜し、外国人スタッフのもとで体力づくりや総合的な戦略を進めた成果が出てきて選手が育っている」とこれまでの成果については胸を張る。今後はさらなる組織改革とともに、世界で勝負ができる人材の発掘、育成に尽力していく。


関連記事


この記事への反応

  • 数あるスポーツの中でも、ゴルフでことさらマナーやエチケットが重んじられるのは、ゴルフは、他者に配慮し敬意を払いながら、自分と闘うスポーツだからだと思います。
    ドレスコードなどの議論もそこが出発点となるべきでしょう。
    私が個人的に気になっているのは、あおり行為。
    スロープレーにならないよう、もちろん気をつけなければなりませんが、前方の進みが遅い理由は、自分の位置からは見えていない場合がある。
    流れが悪いことを、自分の見える範囲のプレーヤーのせいと決めつけて、打ち込んだり悪態をついたりするような、視野の狭いプレーヤーにだけはなるまいと思っています。

  • ゴルフはマナースポーツであり、社交の場でもある。
    マナーを守らないのは論外とも思うが、守れない人を攻撃したり、煽ったりというのは、マナースポーツを語る前の、紳士淑女としての嗜みから外れる事を認識すべきだと思う。
    自分のプレイにも、他人のプレイや振る舞いにもゆとりある対応が必要だと思って、日々精進してます。

  • スロープレー禁止、グリーンのボールマークを直す、これぐらいは最低限のルール。守ないやつはプレーさせるな!
    ただ、ドレスコード、飯付きラウンド、二重課税…時代おくれ。
    もっと選択肢を増やしていかないと、年よりにも若いやつに飽きられて終わり。
    個人的には夏の昼間に一日費やしてゴルフするのはあほらしい。
    ランチで長時間休憩もあほらしい。

  • 最近の女子ツアーを観ていて観客やスタッフが居る方向に打ってもファーの掛け声もしない選手やキャディも居る。
    先週などはマイクを持ったスタッフの真前に落ちて、え!当たった?て顔してるし。
    それもプロ成り立ての若手選手が目立つ。
    基本中の基本をしっかりと指導してもらいたい。

  • マナーや歴史を重んじる派とカジュアルに楽しむ派の二極化だよね。
    真夏にジャケット、シャツinを基準にしてるけど、それだと息苦しい。
    カジュアルに楽しみたいけど、マナーと対立するし、難しいね。

  • 厳格なゴルフ場とラフなゴルフ場を明確に分ければ良いと思います。
    女子ゴルフが圧倒的に人気があるのに理事の数が少ないのは論外、早急に改善すべきだと思います。

  • タレント、モデルの方がラウンド中のコース内で動画や写真をとりSNSにUPしているのはマナー違反ではないのですかね。
    タレント本人は平日のラウンドなのかもしれませんが、土日で後ろが大渋滞してるのをお構いなしに動画や写真を撮ってる若い人が多くなりました。

  • 早く早くとせかし過ぎで、ターフ痕に砂を入れる時間もなく、パットもok言われて最後までできない。
    何しにゴルフ場に行ってるんだか、あまりにもプレイをせかし過ぎの風潮は、いい加減にしてほしい。