picture

情報元

香妻陣一朗はたった2試合でキャリア9年分の賞金ゲット!
“金満ツアー”LIVゴルフはウハウハ
憧れの舞台は変わるのか。

サウジ系ファンドがバックに付く、新ツアー「LIVゴルフ」第2戦が2日に終了。個人戦はB・グレース(34)が優勝。賞金400万ドル(約5億4000万円)を獲得した。団体戦はD・ジョンソン(38)、P・リード(31)らの米国勢4人のチームが優勝し、個人戦の賞金以外に各自が75万ドル(約1億130万円)を手にした。

年間8試合行われる新ツアー1試合の賞金総額は2500万ドル(約33億7500万円)。開幕戦から出場している香妻陣一朗(27)は、金満ツアーの「恩恵」に感動しているのではないか。

香妻は開幕戦(15位・約3300万円)と第2戦(6位・約1億800万円)で約1億4000万円以上をゲットした。2013年から昨年まで国内ツアーの稼ぎは約1億7400万円。9年分の賞金総額に近い額をたった2試合で得たわけだ。

新ツアーは欧米ツアーのトッププロに声をかけ、契約金として、P・ミケルソン(52)には約270億円、D・ジョンソンに約168億円、B・デシャンボー(28)に約135億円を渡したとの報道もある。知名度の低い選手でも数千万円の契約金をもらっているとみられている。

ゴルファーのモチベーションが変わる可能性

ツアー関係者が言う。

「新ツアーは欧米ツアーから選手を引き抜くため、実績や知名度に応じて契約金を出している。ミケルソンは新ツアー入りを躊躇する選手を呼び込むための看板です。世界では無名の日本選手が新ツアーから出場を打診されるには、世界ランク100位以内が最低条件ではないか。世界ランクに関しては、前年末上位50人はマスターズに出場できるため、皆そこを目指しているが、予選落ちがなく即座に大金を稼げる新ツアーの誕生により、ランクアップのモチベーションが変わるかもしれない」

第2戦からは、メジャー4勝のB・ケプカ(32)、20年全米オープン優勝のB・デシャンボー、20年全米オープン2位のM・ウルフ(23)、世界アマランク2位のE・ロペス・チャカラ(22・オクラホマ州立大)といった、今が旬の選手や若手も参戦。危機感を募らせる米ツアーは、新ツアー組の出場資格を停止し、米ツアー出場資格の緩和策などを打ち出した。欧州ツアーも出場停止処分と罰金を科すが、今のところ日本ツアーに罰則規定はない。

新ツアーは来季からは14大会に増え、さらなる発展を遂げそうだ。国内大会が激減の日本選手にとって、これほど魅力的なツアーはない。


関連記事




この記事への反応

  • 言っちゃなんだけどPGAの実績が何もない日本人こそここで荒稼ぎして日本で派手に使ってほしいですね。
    ぜひ頑張って夢を実現させてほしい。
    正直いつまで続くのか知らないけど日本人はガンガン金稼ぎにいくべき。
    どうせPGAに行けないんだから関係ない。

  • どのツアーに参加するかは選手が判断するもので魅力があるなら選んでいいと思う。
    プロになるまでに苦労して凄く努力してきたのだからなったらいっぱいお金を稼ぎたいだろう
    ゴルフは試合に出るのにエントリー代、コース代、ホテル代、キャディなど経費が掛かるので賞金は高いツアーは魅力的だと思う。
    他のスポーツの選手でもメジャーや海外リーグに行く理由の一つではないでしょうか。

  • 難しい問題だがプロである以上選手が決めることだから仕方ない。。
    これだけ賞金額に差があったら賞金の高い方に行くのは必然だろう。
    PGA側も無理やり引き止めることも出来ないだろうし、選手にはどのツアーに参加するかは選択の自由もある。
    今回のLIVツアーが、誕生したばかりで今後のことは分からない。。
    ゴルフ界に於ける格を重んじる選手はPGAツアーに残るだろうし、金が欲しい選手はLIVツアーに走るって構図なんだろう。。
    あとは、PGAツアーとの軋轢や扱いの不満や様々なこともあり他ツアーに参加する要因なっているんだろう。。。

  • モチ代が半端ない金額。
    プロだからお金稼ぐのは当たり前だけど、ツアー優勝の厳しさとか、そういったトーナメントの本質が薄れていくのは寂しいな。
    メジャーを勝つことは最高の名誉であり、そしてそこにたどり着くまで厳しい試練があるからこそ、みんなが感動するんだと思う。

  • たしかに最下位でも十分な賞金が貰えるからモチベーションが下がる気持ちも分かるけど、逆に上位に食い込んだり、優勝でもしたら、かなりの賞金が貰えるのでモチベーションが上がるとも思えるけどね。
    LIVツアーの中でも切磋琢磨するとは思うけどね。
    PGAツアーで長年、予選通過するか、しないかの選手の方がモチベーションを保つのが大変そうだけどね。
    だから、モチベーションって人それぞれの問題じゃないかな。

  • 強い選手が来る前に稼いだ方がいいね
    この先どんどん来そうだし
    名誉も大事だけど目先のお金のが大事だろうし
    ただその選手についてるスポンサーはどう考えるかは知らん
    長い目でみれば日本ツアーで戦えばスポンサーのロゴを大事にしないといけないし
    テレビ中継あんまりないから気にしてないのかな

  • 皆いろいろ言ってるけど、これこそ資本主義の健全な競争。
    歴史や格式はないが資金が潤沢なLIVが、高額な賞金で選手を引き抜く戦略に出るのは当たり前。
    一方PGAがそれに対抗して資格を剥奪するのも当然の戦略。

  • 人気のない日本の男子ツアーに出ているプロにとっては魅力ですね。
    でも、ここでそこそこの成績をあげないと、LIVゴルフには行けないでしょうから、結局は現状で頑張ってしかるべき成績を残さないといけない。
    日本男子ツアーの本気度が上がって、活性化するかも??