picture

情報元

男子ゴルフのタイガー・ウッズ(46=米国)が、ツアー外競技「JPマクマヌス・プロアマ」(4~5日、アイルランド・アデアマナ)をステップに150回目の記念大会となる「全英オープン」(14日開幕、英スコットランド・セントアンドリューズオールドC)へと臨む。

昨年2月の自動車事故で右脚に重傷を負ったウッズは、4月の「マスターズ」で公式戦復帰して予選を突破し、4日間プレー。しかし、復帰2戦目の「全米プロ選手権」(5月)は予選を突破するも、3日目に79を叩き、右脚の痛みも悪化して棄権した。その後は先月の「全米オープン」は回避して試合に出場していないが、過去2勝(2000、05年)を挙げたコースで行うメジャー制覇へぶっつけ本番は避けたかったようだ。

同大会には、メジャー通算15勝のウッズのほか、いずれもメジャー優勝者のローリー・マキロイ(英国)、ジョン・ラーム(スペイン)、コリン・モリカワ、ジャスティン・トーマス、ダスティン・ジョンソン、ブライソン・デシャンボー(ともに米国)ら豪華メンバーが出場する。


この記事への反応

  • たまにしか試合に出ないし足にボルト入って50歳近いタイガーが予選通ってるのに、なぜ日本の若手はメジャーの予選通れないのだろう。

  • 何度でも立ち上がってきた、不屈の闘志今一度見せてもらいたい!

  • 一試合でも多く見たい
    全英にかける想いが強いからじゃないかな

  • 是非あなたのプレイが観たいです。
    世界中のファンの方がそう思っています

  • 我らがメジャー覇者松山英樹もでますよ!
    是非りすとに!
    なおダスティンはリブに行ってでません。

  • 無理せず、入念に調整してください。

  • メジャーだけ出る選手って嫌い
    直前の大会も調整目的だしリスペクトが足りない

  • タイガーの場合は体調もあるししかたないだろ