picture

情報元

LIVゴルフ出場の欧州ツアーメンバー 罰金&出場停止処分の撤回がなければ法的措置へ
DPワールド(欧州)ツアーはLIVゴルフに出場している選手に罰金を課し、試合出場停止処分をすると発表しているが、これに対してLIVゴルフに参戦しているツアーメンバーが欧州ツアーに「処分の撤回」を求めて文書を送った、と英テレグラフ紙が伝え、複数の米メディアも報道している。

欧州ツアーはLIVに出場している選手に「10万ポンド(約1630万円)の罰金」と、米国男子ツアーとの共催で行われる「ジェネシス・スコットランド・オープン」(7月7~10日)、同週の「バーバゾル選手権」、「バラクーダ選手権」(7月14~17日)の3試合の出場停止を行うことを、すでに発表している。

この文書には、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、リー・ウェストウッド、イアン・ポールター(ともにイングランド)ら、LIVゴルフ出場している欧州ツアーメンバー16名が名を連ねたとされている。「処分の撤回」の期限は、ロンドン時間7月1日の午後5時(ロンドン時間)まで。撤回されない場合は「法的措置」に出るとされた。

これに対して欧州ツアー会長のキース・ペリー氏は1日、「処分に変更はない」と回答を発表した。ペリー会長は「多くのメンバーが欧州ツアーをとても大事に思っていて、こちらのツアーにも出場したいというが、過去5年間の彼らの出場試合数をみると、ロレックスシリーズで4~6試合しか出ていない選手もいる。このような発言にとても驚いている」と話した。
さらに、「ポートランドに参戦している選手の中には、今週のアイルランドオープンへの出場も確約していた選手もいる」とグレアム・マクドウェル(北アイルランド)を非難した。

「これはシンプルにメンバー規則に沿ったもの。彼らはツアーの許可なしにLIVゴルフ出場を決めた」として、罰金の支払い期限は7月8日、今後法的措置がとられた場合のコメントはしないとしている。

また、LIVゴルフは欧州ツアーメンバーが支払いを求められている罰金、及び法的措置を執った場合の費用はLIVゴルフが支払うことを選手に約束したとされている。(文・武川玲子=米国在住)

関連記事








この記事への反応

  • 最初から裁判沙汰にはなるとは思っていた

  • メンバー規則が存在する限り、メンバー登録すれば規則に従う必要があります
    嫌ならメンバーにならなければいいだけです
    多分、参加資格(=基準)だけが頭にあって、メンバーになった後のルールを読んでいないんでしょう

  • 欧州もアメリカツアーも対抗措置としては当然のことをしている、間違ってはいない。
    しかし間違っていることがこういう選手との法廷問題に発展する。
    欧州もアメリカツアーも組織団体としての結論を出すのが遅すぎるんだよ、ようは様子見をしていたからで、トップ選手が想定外に多かったんではないかな。
    PGAとしてはそんなに多くのトップ選手が流れるとは想定していなかった、ようは甘く見ていたからだ。
    罰金がと言うが、対抗措置が遅れたことで罰金は法廷では通用はしないだろうな。

  • DPワールド(欧州)ツアーが決めた処分に対して、LIVゴルフ出場選手が不服ならば法的措置を取って決着を付ければよいと思います。
    世界のゴルフファンがその状況を見て、選手を応援するのか、離れていくのか?
    自分たちが好き勝手に思うようにはいかないのではないですか?
    今後、どんな形で落ち着くのか見守りたいと思います。
    私はDPや米PGAツアー側を応援しています。

  • DJとパトリックリードはPGAを脱退してLIVに行ったが、ヨーロピアンツアーの選手を始め大方の選手はそうではないようだ。
    この場合、ボクシングやプロレスに近いと思うが、団体が異なれば団体同士が認めなければ所属選手は団体間を行き来できないのは当たり前。
    選手には当然職場を選ぶ権利はあるのだから職場のルールには従わないと。

  • LIVのツアーに出たら罰金とか出場停止というのは、独占的な地位を乱用した露骨な競合ツアー潰しで、普通に考えて許されない行為としか見えません。
    一部に欧州・米国を庇う論が見られるのは不思議です。

  • 出場停止までは理解は出来るのですが、罰金にはなにか法的根拠はあるのかな?
    欧州ツアーはそんな選手を独占するような契約を結んでるの?

  • 罰金とかもリブゴルフが肩代わりとなると、逆に身動き取れなくなるんでないかい。
    もうリブゴルフに何も言えなくなるぞ。