picture

情報元

米PGAツアーが予選会からの出場枠を10年ぶり復活
「リブゴルフ」に対し若手有望株を囲い込む策か
プロ転向したての選手に直接PGAツアーへの道が開ける

米PGAツアーが「リブゴルフ」へのさらなる対抗策を打ち出してきた。

Qスクール(ツアー予選会)から直接PGAツアーに出場できる制度を10年ぶりに復活させるほか、2部ツアーである「コーンフェリーツアー」からPGAツアーへの昇格枠も増枠、新規にDPワールドツアー(旧・ヨーロピアンツアー)にも出場枠を付与。これらの施策は来年からスタートする。

まず、Qスクールについては2012年を最後に直接PGAツアーに出場できる枠を撤廃し、基本的には2部ツアーを経由しなければ1部に上がれないシステムとなっていた。

これを変更し、23年のQスクール以降は5位以内の選手にPGAツアーへの出場権を付与。今回の制度変更により、12年当時の25名には遠く及ばないものの、プロ転向した選手が下部ツアーを経ずに即PGAツアーに出場する道が再び開けたことになる。


コーンフェリーツアー代表のアレックス・ボールドウィン氏はその意義をこう説明。

「QスクールでPGAツアー昇格のチャンスを再び提供できれば、ファンやメンバー、そして新たにメンバーとなり得る候補者たちにも刺激となるでしょう」

つまりは、若手選手が下部ツアー暮らしを経ずにトップツアーデビューを果たせる仕組みづくりにより、下積みを嫌って有望株が「リブゴルフ」へ流出するのを防ぐ囲い込み策ともとれる。

また、コーンフェリーツアーからの昇格枠は、従来、年間ポイントランキング上位25名に与えられていたが、これを5つ増やして30にする。これも若手選手の下積み期間を短くする制度変更と言える。

さらに、DPワールドツアーツアーからはランキング上位10人がPGAツアー出場権を得られる制度を新設。米・欧両ツアーがより深い提携関係を構築し、リブゴルフに対抗していこうという意図が感じられる。

コーンフェリーツアーについてはシーズン、ポストシーズンの制度変更、賞金額の増額も合わせて発表されている。

PGAツアーが打ち出した矢継ぎ早のリブゴルフ対抗策。Qスクールから1部ツアーに直接進む道が途絶えていた10年は、同ツアーが“我が世の春”を謳歌していた10年とも言える。PGAツアーは誰の疑いようもない、圧倒的な世界最高峰の舞台であった。だから、プロ転向した有望選手が最低1年間の下積みを強いられても文句は出なかった。

それがリブゴルフの登場により一気に風向きは変わった。


“年金リーグ”的な意味合いで参戦を表明した選手だけでなく、ダスティン・ジョンソンら現役バリバリのメジャーチャンピオン、23歳とこれからのマシュー・ウルフ、さらにはアマ世界ランキング2位のエウヘニオ・チャカラといった若手までがリブゴルフを選ぶという事態にまで、短期間のうちに至っている。

おそらく、PGAツアーはかつてないほど焦っているのではないだろうか。その焦りが選手やファンのためになる改革として表れるとすれば、何事も独占より競争原理が働いたほうが良い、という結論になるのだろうが……。


関連記事




この記事への反応

  • 日本のJGTOについても改善が望まれる。
    シード権やQTランキングの上位しかレギュラーツアーに参戦出来ないのは、既得権者を守るだけで、ニュースターが突然出てこれるよう、すべての国内ツアーに予選会枠(10名程度)を設けて下剋上の戦いを見たいものです。
    チェ・ホソンのような魅せるプロの登場を期待します!

  • LIVの出現が若手にとって好むべき方向となるのは大賛成。
    PGAツアーが益々盛り上がりをみせればよし。
    少し慌てている感には受け取れるけど。
    あと、競争原理とは反するがLIVには参加してないけど、怪我やスランプなどで最近は活躍出来ないがカムバックしようと闘っている嘗てはツアーを牽引していた選手にも何かしら手を差し伸べる手立てを考えて貰いたい。

  • まぁいろいろあるけどさ。
    LIVができたからこそPGAがより選手の為に考えた施策をしていってると思ったら一定の成果はあったと思う。
    ただやっぱりファンは痺れる展開のスーパーショットが見たいと思うのでPGAを見るかな。

  • これまでは殿様商売。
    ライバルが来るとテンパって施策を考える。
    今までが怠慢だったということか?

  • やっぱり競争はあった方が良いね。
    リブゴルフ排除は独禁法違反だし、DPツアーとPGAツアーの提携はカルテルの疑いすらあるよね。

  • PGAの傲慢さを擁護するつもりもないが、これまでオイルマネーをバックに、様々なスポーツに参入するケースで、長続きしたケースは見られず、所詮はマネーゲームに利用するか、一部のビリオネアの道楽。
    そう考えると、LIVもあまり信用ならないと思って見てしまう。
    そんな輩に、これまでの歴史や伝統を荒らされたくはないよね。
    PGAのLIV対策が落ち着いて、選手の環境改善や若手の門戸が開いたら、お役御免でさっさと撤退してもらうのがベストかな。

  • 前向きなPGAの改革は歓迎するが、先人が築いた歴史と伝統を汚すような改悪だけは絶対に避けてほしい。

  • この対応ひとつをとってみてもLIVゴルフの貢献度は高い。
    もしLIVゴルフが出現してなければ、PGAは旧態依然の体制に胡坐をかいてたままだったに違いない。