picture

情報元

古江彩佳には驚かされた「疲れ?疲れって何?」「私、緊張しません」
衝撃のタフネスとメンタル
記者という仕事をしていると、時々、衝撃的な発言に出くわす。世間を騒がすような事件の真っただ中であれば、こちらも身構えているので、衝撃は少ないように感じる。本当に驚かされるのは、何も身構えていない時。世間話やその延長線上のような話をしていた時に、実は相手が、初めて出会う感覚の持ち主だった場合だ。例えば相撲担当をしていた時、何げなく世間話をしていた当時の横綱鶴竜から「実は生まれてから1度も、怒ったことってないんですよ」と、打ち明けられた時は衝撃だった。

なんとなく経験上、穏やかな性格の人ほど、衝撃的な感覚の持ち主であることが多い気がする。ゴルフ担当をして、それを2度も感じさせられたのは古江彩佳(22=富士通)だ。最近、驚かされたのはタフネスぶり。5月25~29日に米西海岸のネバダ州ラスベガスで行われた、バンクオブホープ・マッチプレーで2位。5日で7試合、特に最後の2日間は2試合ずつの計4試合をこなす超過密日程の中、昨年のメジャー、エビアン選手権の4位を上回る、米ツアーでの自己最高順位を更新した。

日曜日の夜まで続いた決勝の余韻に浸る間もなく、数時間後の未明には、ラスベガスを飛び立った。約4時間のフライトを含む、5~6時間の移動を経て、月曜日の翌5月30日には、ノースカロライナ州サザンパインズの全米女子オープン会場で、元気に10ホールの練習ラウンドを行った。休みなしの中0日調整。米国内とはいえ、3時間もの時差がある移動をものともしなかった。

ルーティンとしていた、各試合前36ホールの練習ラウンドもしっかりと消化した。火、水曜日の2日間で残る26ホールを回り、木曜日からのメジャーに出場。結果的には、今季の米ツアー本格参戦後としては、11試合目(うち1試合は予選落ちなし)で初の予選落ちだった。だが第1ラウンド終了後に「疲れは?」とたずねると、衝撃的な答えを返していた。

古江「疲れ?疲れって何?」

いたずらっぽく笑っていた。もちろん「疲れ」という言葉を知らないわけはない。これほどまでのハードスケジュールをこなせば、疲れという現象が体に起きることも理解できる。ただ実感として、本当に疲れを感じていない様子だった。比喩として「疲れ知らず」という表現を用いることはあるが、本当にそんな人がいるのだと、153センチの体を大きく感じた。

古江には、もう1度驚かされたことがあった。稲見萌寧と賞金女王争いを繰り広げていた、昨年11月の昨季国内女子ツアー最終戦。賞金女王の行方は2人に絞られ、高まる緊張感-。ただ、そんなことは当の本人はまるで感じていなかった。

古江「私、緊張しません。ゴルフの時は。生まれつき、緊張しないタイプなんです」。

取材で「緊張しない」と断言した選手に出会ったのは3人目だ。宮城・東北高時代の野球のダルビッシュ有投手と、08年北京五輪の時の競泳の北島康介。長く相撲を担当していたことなどもあるが、女子選手では初めて出会った。しかも自分に言い聞かせるように気を張って話すのではなく、ごく自然に話していた。

思えば試合直前に験担ぎでとんかつを食べるなど、パフォーマンスを発揮するために、消化の良いものを食べた方がいいなどの、栄養学とは無縁の豪快な性格だ。次のメジャーは昨年4位と相性の良いエビアン選手権(7月21~24日、フランス)。個人的に、たびたび驚かされてきた古江が、今度は日本中を驚かせるような快挙を達成するかもしれない。【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/ゴルフコラム「ピッチマーク」)


関連記事


この記事への反応

  • 渋野より古江ちゃんのほうが、はるかにタイトなスケジュールで頑張っていて、本当に感心します!
    国内初戦のニッポンハムレディースは、優勝期待大です!!

  • 緊張はともかく、疲れはどうでしょうか。
    本人は感じていないだけで筋肉や体は疲労が残っていると思いますがね。
    ショットの精度が少し落ちているのもその影響もあると思います。
    適度な休養は必要だと思います。

  • うーん、経験上、西海岸から東海岸の3時間の時差は結構つらいんですが。
    日本と米国とか、日本と欧州のような8~10時間ぐらいの差のほうが「頑張って時差調整しなきゃ」となって何とかなるんですが、2時間、3時間の時差はそのまま成り行きで吸収できると甘く見て、いつまでたっても調整が完了しないということがあります。
    そういう苦労もしなくていいなんて、うらやましいですね。

  • 古江はマッチプレーやプレーオフ等を見ても強いし緊張しないというのは本当なんだろうな
    疲れに関してはタフだとは思うけど、疲れを言葉にすると余計疲れるし、自分への暗示もあって言わないようにしてるだけで疲れはあると思うけどな

  • 疲れは、単純に若いっていうのもあるかもしれませんね。
    緊張に関して言えば、誰しも自分の好きなことや得意なことではあまりしないと思いますけど。
    多くの場合は、好きじゃないことや苦手なことをやらざるを得ない時に、緊張するのだと思います。

  • 女子プロゴルフ選手の中でも彼女は立派ですよ!
    とにかく予選落ちが少ない!
    フェアウェイキープ率も高いし疲れを知らないし緊張もしないその内メジャーで優勝すると思います!
    頑張ってください応援しています!

  • 緊張の裏返しにプレシャーが有りす。
    過度に自分へ期待しないのでしょう。≪出来る事を楽しくが口癖≫
    畑岡&渋野は常に周りから期待され...少なからずプレーに
    影響します(不調時落胆度が激しい)。

  • 渋子の影に隠れてしまってるけど古江さんのファン多いんですよ。
    肩肘張らずにファンの為にもしっかり休養をとって頑張ってください。