picture

情報元

LIVゴルフに対抗でPGAツアーと欧州ツアーが関係強化
賞金増額にPGAツアー出場権の獲得も
28日、米国男子のPGAツアーと欧州男子のDPワールドツアーがさらなる提携強化を発表。2035年までの今後13年間の契約で欧州ツアーは賞金を増額し、ランキング上位者がPGAツアーのツアーカードを獲得することも可能になる。

20年に両ツアーの提携が発表されており、「欧州との戦略的協力は当初から非常に有効なものであったが、この契約で米、欧州がともにさらなる発展をすることにとても興奮している」とPGAツアーのジェイ・モナハン会長はコメント。PGAツアーが所有する欧州ツアーへの出資額を15%から40%へとアップ、世界中で開催される大会スケジュールにも協力するとした。金額の詳細は発表されていないが、今後5年間は確実に毎年の賞金増額が保証された。


23年から欧州ツアーシーズン終了時のポイントランキングトップ10(すでに所有している選手を除く)は、翌年のPGAツアー出場権を獲得する。これは世界中から欧州ツアー、PGAツアーへと進む道を開くもので、南アフリカのサンシャインツアー、オーストラレイジアツアーから欧州ツアー、PGAツアーへとすすむことができる。

「これは世界の実力のある選手がツアーで活躍できるチャンスを作れるものだ」と欧州ツアーのキース・ペリー会長。「PGAツアーとここまで提携をしてきた上でこの動きは自然に発展したもので、選手、ファン、ツアー、そしてゴルフにとって正しい方向に進んでいると信じている」とコメントした。

次週はスコットランドのルネッサンスクラブで米欧両ツアー共催の「ジェネシス・スコットランドオープン(7月7~10日)が開催。また裏大会の「バーバゾル選手権」(米ケンタッキー州)へ欧州ツアーの選手が出場できる。

R&Aは今季海外メジャー最終戦の「全英オープン(7月14日開幕)へLIVゴルフ出場選手の出場を認めたのに対し、欧州ツアーはLIVゴルフに出場した選手に対し、スコットランドオープンやバーバゾルなど3大会への出場を禁止とした。

LIVゴルフの第2戦は現地時間の今週木曜日に米オレゴン州で行われる。(文・武川玲子=米国在住)


関連記事




この記事への反応

  • DPツアー上位者に米PGAツアーのシード権を与えるってことは、DPツアーの上位者の引き抜きそのものだよね。
    DPツアー選手が米PGAツアーにスポット参戦してもその選手はDPツアーに戻れる。
    しかし、リブゴルフ参戦者は戻れない。
    提携しているから問題ないって考えもあるが、世界2大ツアーのPGAツアーとDPツアーが提携して提携していないリブゴルフを迫害するのは、新規参入を阻害するカルテルそのものだよね。

  • リブゴルフはトッププロに100億円程度の契約金を掲示していると聞く、気持ちが揺らぐのは当然だ。
    PGAツアーはシェフラーやモリカワ等怪物新人が毎年現れ、トッププロもその地位を長く守るのは簡単ではない。
    地位を守るストレスから開放され楽に大金を得たいというのは理解できる。
    しかしハングリー精神もストレスもないトーナメントが長続きするとは思えない。
    リブゴルフが直ぐ潰れても、高額な契約金をもらった選手は痛くも痒くもないでしょうけど。

  • 時代の潮流とは面白いものだな。
    対抗手段なのかは知らないが。
    変化を嫌う人たちが潮流に流されていく。
    世の中の色々な事がこうやって少しづつ変化していくのだろう。

  • 毎年毎年新しい選手が出てくる米ツアーだから稼げなくなったらエキシビジョンのLIVに行った方が楽して稼げていいよね
    ただ、もはやアスリートではなくなるから世界ランクに加算するのは無理だろうな

  • 日本人選手は一部PGAで芽が出ず根も生やせないが、下位でも賞金がそれなりなLIVゴルフ
    出たくても出たくても、LIVゴルフから招待招集はされない悲しい現実。

  • あっちはあっち、こっちはこっち。
    お金より、歴史や伝統、名誉、絆などを重んじるPGAは、ドンと構えておけばいいと思うけど。

  • 日本ツアーは蚊帳の外じゃんか。
    青木、動いてくれよ。

  • いよいよ「全面戦争」なのかな・・・
    名誉と伝統が勝つのかオイルマネーが勝つのか・・・
    でもなんか選手の前にニンジンぶらさげて「さぁどうする?どっちに行くんだ?」みたいで見てる方(ファン)はあまりいい気分じゃないね。
    何かいい解決案って無いのかな?