picture

情報元

今季2勝目を狙う稲森佑貴 来週は話題の“新リーグ”に参戦
「初戦に行かないことに後悔しました」
<JAPAN PLAYERS CHAMPIONSHIP by サトウ食品 3日目◇25日◇西那須野カントリー倶楽部(栃木県)◇7036ヤード・パー72>

日本一曲がらない男が本領発揮だ。6季連続でツアーのフェアウェイキープ率1位の稲森佑貴は、2日目に続く「66」をマークして、トータル16アンダー・2位に浮上した、3日間のフェアウェイキープ率は90.476%で全体の1位タイ。「フェアウェイからならピンをデッドに狙えるので有利」と武器をいかしている。

2日目の「66」は「ドライバーがしっくり来ていなかった。なんちゃってフェアウェイキープ」と話したがフェアウェイを外したのは1度だけ。アイアンショットでチャンスを演出した。「きのうは気持ちがひるんでいた」。ティに立つと景色が狭く見えるホールがあり、「当てにいこうとしてミートできていなかった。きょうは振りに行くことをテーマにやったらよかった。3日目にして手応えのゴルフができました」。5月の「中日クラウンズ」以来の今季2勝目に向けて好位置で最終日を迎える。

この試合が終わると、稲森は今話題の新リーグに参戦する。グレッグ・ノーマンがCEO兼コミッショナーを務める新リーグ「LIVゴルフ」の第2戦(6月30~7月2日)が米国・オレゴン州のポートランドで行われる。フィル・ミケルソンやダスティン・ジョンソンに加えて、2戦目からはブライソン・デシャンボー、ブルックス・ケプカ(いずれも米国)らビッグネームの参戦も決まっている。

今月の開幕戦にも稲森の元にオファーは届いていたが出場意志は示さなかった。「最初なのでどういうものになるのか想像つかなくてキャンセルしてしまいました。後から考えると一つの人生経験としていけばよかったなと。イギリスのゴルフ場もプレーしてみたかったですし。行かないことに後悔しました」。2戦目はすぐに出場の意思を示すと、今週正式に出場が決まった。


過去にメジャーやWGCなどで海外の試合にも出場経験はある。「世界のゴルフ場はとても勉強になるし刺激になります。いろんな選手と回れることでスキルや攻め方などとても勉強になります。正直、高額賞金も魅力的ですが、アメリカで世界のトップ選手と回れることが楽しみです」と声を弾ませた。

欧米のツアーは新リーグに参戦すると罰則が与えられるが、日本ツアーのメンバーには罰則はない。今季2勝目を挙げて気持ちよく渡米したい。(文・小高拓)


関連記事




この記事への反応

  • JGTOのツアーメンバーにとっては、LIVツアーの方がレベルの高いフィールドで、賞金が保証されているとしたら、格段に条件は良いよね。
    結局PGAでは通用しないのだから、今は1番の良いフィールドになると思う。
    何時まで有るのかは分からないが・・・

  • 新リーグは、どのレベルの選手までオファーがあるのだろうか。
    初戦に谷原秀人が参戦していたということは、世界ランク2百位近辺までなのだろうか。

  • 罰則は無いけど、メジャーとか参戦出来なくなる可能性とかは大丈夫??
    そんな目先の金でマスターズとか出られなくなったりしたら。。。

  • 選手不足の間に行って稼ぐのもあり
    LIV行ってもメジャーに出れるのであれば、サウジの方が稼ぎがいい

  • 群雄割拠時代の激しい戦いを繰り広げる男子ゴルフはもう来る気がしません。
    お好きにどうぞ、という感じでしょうか

  • 出場するだけでスコアに関係なくお金が貰えるのはそりゃ嬉しいよねぇ。

  • そりゃ露骨にお金が欲しいからとは言えないよな

  • 「将来的にPGA TOURに参戦する」っていう向上心がないってことね。