picture

情報元

ゴルフ世界ランクで日本ツアーのポイント減少に石川遼「残念ながら納得できる」
男子プロゴルフツアーで選手会が主催する大会、ジャパンプレーヤーズチャンピオンシップ・サトウ食品は23日から4日間、栃木・西那須野CCで開催される。石川遼(カシオ)は22日、プロアマ戦終了後、今年8月からポイント算出が見直される世界ランクについて持論を展開。日本ツアーのポイントが減少される見込みとなっていることについて「残念ながら納得できます」と話した。

2013年~17年に米ツアーを主戦場とした石川は日米ツアーの違いを冷静に分析した。「例えば世界ランク100位をキープするには日本ツアーでプレーしているより、米ツアーでプレーしている方が難しい。日本ツアーのポイントが減る方向になったとしても、それは僕の肌感覚と合っています。日本ツアーには厳しいですが、ポイントは平等であるべきと思います」と理路整然と語った。石川の世界ランクは2009年12月には29位まで上がったが、現在は312位となっている。

昨年の今大会、石川は最終日まで優勝争いを演じて2打差7位。「このコースは好きですし、上位を目指してやっていきたい」と前向きに話した。


この記事への反応

  • 石川が米国PGAに参戦していた数年間、世界ランクが下がっては日本ツアーにスポット参戦し世界ランクがアップ。
    そしてまた米国PGAに戻ると世界ランクがダウン。
    また日本でスポット参戦してはアップ。
    米国に戻るとダウン。この繰り返しだった。
    世界ランクポイントは、日本ツアーのレベルに対し不当なまでに有利だった。
    つまり高すぎた。
    それが是正されるのは当然だし、むしろ遅すぎた位。

  • マスコミ含めて世界標準のゴルフを知ろうともしない。
    その一例が松山英樹より石川が多く報道され、松山と石川の実力差が無いような印象を与え一般の人が日本のゴルフ界を間違って理解している。
    もうそんな報道の仕方は卒業して事実を正確に伝えるべきだ。

  • 観戦した松坂大輔さんが言った「素人ながら改めて(松山は)他の日本人プレーヤーとは別次元のところにいるのだと感じました」が全てだと思います。
    優遇された世界ランキングでメジャーに行っても殆ど予選落ち。やっと正常になるだけ。
    松山のように国内無双くらいじゃないと海外に行ってもダメでしょうね。


  • 今、日本人で松山英樹プロ以外で海外で通用する選手がいないのが事実。
    確かに才能の有る若手も出だして来たのは事実ですが、要は“スポンサーが付くほど面白いトーナメントか否か”が全てだと思う。
    その意味では、日本の男子ツアーは女子に比べ面白くありません。
    アマチュア競技では無いのだから、自分達で盛り上げていくしかありません。

  • 少々減少してもまだ日本ツアーは優遇されてるよ。
    今の石川だったら本来は世界ランク1000位以下、というかランク外が妥当でしょう。
    星野や今平だって100以内には全然入れないのが本当のところ。
    アメリカの下部ツアーに出たとしてもまず優勝争いできないレベルなのだから。

  • 正常化するだけでしょ。今のランキングは異常。
    国内ツアーはアメリカの下部ツアーにも及ばない実力。
    石川はアメリカの下部ツアー出場権のかかる2次予選すら突破できないんだから

  • 試合数も少なく賞金も少ないから仕方ない。
    また海外で活躍できるひとは松山英樹さんだけ、他の人はほとんど予選落ち、仕方ないですね。
    海外の選手は有名な人出ないし

  • 日本ツアーのレベルが低く観客離れも激しくなっていることは素人の私でも同じ肌感覚です。
    問題は、その原因と対策。そこだと思います。