picture

情報元

“難しすぎる”大舞台に気合 渋野日向子「メジャーで頑張らんと」
◇海外女子メジャー◇KPMG全米女子プロゴルフ選手権 事前(21日)◇コングレッショナルCC(メリーランド州)◇6894yd(パー72)

渋野日向子の感想は正直だった。「難しすぎます。まず、グリーンのアンジュレーションがすごすぎる。グリーン周りのラフが長すぎる。(全体の)距離も長すぎる。でも、いいコース!」と苦笑い。タフな舞台だからこそ、自分に気合を入れる。「メジャーということで気持ち的にも頑張らんとなっていう気にはなってますね」とうなずく。

4つあるパー5も決して易しくない。9番は585yd、16番は555ydと長く、538ydの6番には池が絡み、540ydの11番もクリーク(小川)がフェアウェイを分断。ティイングエリアが前に出される可能性もあるが、基本的には3打目勝負になる。「ウェッジを持つような距離になれば、練習してきた成果を出せるように」。バーディチャンスに直結するウェッジショットの距離感こそ、渋野がテーマとして継続的に向き合ってきた部分だ。

「ホントにアンジュレーションがすごいので、グリーンに乗せるショットの難度がかなり高い。“乗ればOK”くらいに思っとかんといけんかな。長いパー4も多いので、そこでどれだけ耐えられるか。パーオン率が高い人が有利かなとは感じました」。ポイントに挙げたパーオン率も、ゲームを組み立てる上で最も重要視してきたスタッツ。こういった舞台で戦うことを目指して自らを磨いてきたから、やるべきことは変わらない。

メジャー「シェブロン選手権」での上位フィニッシュ、最終日最終組に入った「ロッテ選手権」での優勝争い、予選落ちが重なった5月以降の戦い。ここまで米ツアー10試合に出場したルーキーシーズンで充実感も悔しさも味わってきた。前週に決勝ラウンド進出を逃した後は「自分を振り返る時間も必要かなっていうのもありました」。集中力を高め、今季米本土では最後となるメジャーに挑む。(メリーランド州ベセスダ/亀山泰宏)


関連記事


この記事への反応

  • ファンとしては、何としても、とにかく予選を突破して4日間プレーを見せてほしい。
    もちろん他の日本選手にも同じエールを送りたい。
    何事も経験で、それが多いことが次のステップに繋がるのであって、一気に階段を上りきろうなんて考えないで、一歩、一歩、焦らず、留まらず頑張ってください。
    頑張れ!ニッポン!

  • LPGAの渋野選手に対する最高の敬意の表れ。
    異例なんですよこの扱いは!
    レクシーも渋野には良い印象を持っている様ですし、今回ばかりは結果を残さない訳には行かない。
    この3人の中でどんな立ち回りを見せる事が出来るのか注目したい。
    気楽に予選落ちなどしてる場合では無い。

  • 今シーズンの目標のシードは取れたと思うので、60位までに入り最終戦に出場できればいいなくらいの気持ちで、のびのびプレーしてほしいです。
    それで上位争いできればうれしいのですが。応援してます。

  • LPGAはこの試合を含めてまだ18試合(メジャー3試合)残ってます。
    来年のシードもほぼ確定したし、もう結果を急ぐ必要は無いと思います。
    ただ、スイングだけは年内に安定した形にしてほしい。

  • 結果が全てです。
    5人の日本選手を応援しますが、予備1位の野村選手も出場期待しています。

  • そのうちドッカァーンとやってくれるってシブコは。
    欲言えば、残りメジャー3戦でどれか優勝でもしてくれたら超嬉し。
    気長に待ちます。

  • 予選を通過することです。これに尽きる。

  • トンプソンとの注目組ですね。
    初日にいいスタートして気持ち良く4日間プレーを見せて欲しい。