picture

情報元

石川遼はツアー屈指の難関苦手コースでドライバーショットに手応え
「ミスの幅の中でおさまっているショットが何割あったか」
◆日本男子プロゴルフツアー メジャー初戦 BMW日本ツアー選手権森ビル杯 最終日(5日、茨城・宍戸ヒルズCC西C=7387ヤード、パー71)

ツアー通算17勝の石川遼(カシオ)は41位で出て4バーディー、2ボギーの69をマーク。ホールアウト時点で、通算1アンダーの30位で終えた。

距離が長く、フェアウェーの狭いツアー屈指の難関林間コース。石川は現在、世界舞台を見据え、通用する飛距離と精度を兼ね備えたドライバーショットの追求を続けている。過去8度の出場で、15年大会の15位が最高で、4度の予選落ち。林や深いラフに打ち込み、OBやトラブルとなることが多く、長年苦手としてきた。昨年までは、ドライバー以外のクラブで刻むホールも多かったが今大会4日間は、ラフが短くなったこともあり、積極的にドライバーを握った。

週末は、大勢のギャラリーを引き連れて歩いた。前日の夕方に首を痛め、この日のラウンド中はストレッチを繰り返しながら回った。「ドライバーは、かなりの回数を打って10年前よりも良くなってきている。少しずつ前進できている感じはある。自分の課題と向き合えた。首は、昨日の夕方はすごく硬かったんですけど、だいぶよくなってきました」とうなずいた。

最終日は計12ホールでドライバーを握った。この日後半9ホールは、全てドライバーで、1度もフェアウェーはキープできず。とはいえ1バーディー、1ボギーの内容に「(右に曲げた)18番以外はコントロールされたティーショットが打てて、ラフからのセカンドも(グリーンを)狙えていた。内容としては、フェアウェーにいった回数が少ないからではなく、自分のミスの幅の中で収まっているショットが何割あったか、というところで評価しているので、良かったと思います」。目先の数字だけではない独自の評価基準を口にした。

長期的なドライバーの目標についても「飛距離は伸ばしていきたいし、(強く)振ったときのスイング自体も平均的になってきて、精度を落とさないままでボールスピードを上げていくことが今年から来年にかけての目標です」と明かした。


関連記事




この記事への反応

  • 本来ならば「課題」と捉えるべき点を「手応え」と感じてしまうのがこの人の欠点かと。
    これではいつまでたっても結果に繋がらない。

  • 長期的なドライバーの目標、ラウンド4のFWキープは3回ですが、いい加減気随てくれないと30過ぎの選手の発言にしては同じ発言が多いのでは無いのですか、シニアを見据えてなら理解出来ますが。

  • この為のスイング改造でそろそろ結果を気にしながらのはずです。
    本人もそうコメントしているが、今日のコメントからは全くダメなんだろう。
    何か良くなり何かがダメでそのダメを修正して行く過程ではないのだろう。
    ツアーに出ながらは辛いだろうに、、、逃げて良いのに。

  • もっと強い若い選手の事を記事にした方が、ゴルフファンとしてはうれしい。
    アメリカの2部ツアーにも落ちた30位の選手を今更、取り上げても惨めだ。
    マスコミが、ゴルフ人気の足を引っ張っている。
    男子ゴルフを盛り上げよう。

  • 口先王子が出ました。
    確かPGAで練習していた頃なのに、比較出来るデータは有るのか疑問に思う。

  • フェアウェイキープ率、平均で63位。今日は61位。
    これで手応えとは・・・理解に苦しむ。

  • 後半は一度もフェアウェイへ行かずとも
    ドライバーショットに手応えて…
    そんなもんで世界で通用するわけないやろ。

  • ごちゃごちゃ言ってないで結果出せよな、プロなんだから。
    言い訳にしか聞こえないよ、最近。