picture

情報元

渋野日向子の課題は“里心”?
国内には目もくれず米女子ツアーに専念すべき(菅野徳雄)
【プロツアー激辛情報】

昨年12月に米女子ツアーの出場資格を得た渋野日向子は開幕早々好調なスタートを切っている。

4月のメジャー第1戦「シェブロン選手権」は4位。続く「ロッテ選手権」では優勝を争って2位だった。

出場した7試合を終えた時点でトップ10入り3回、予選落ちは1回だけと、早くも来季のシード権をほぼ手中にしている。

そして6月の第1週には、昨年、笹生優花と畑岡奈紗がプレーオフを戦って沸かせたメジャー第2戦「全米女子オープン」(2日開幕)がある。

昨年、渋野はカットラインに1打足りずに予選落ちだった。

しかし、今年は米女子ツアーの一員として出場するのだから、昨年とは気持ちもまったく違うだろう。シーズン初めから好調なスタートを切っているので、落ち着いて臨めるはずだ。

5月は試合を休んで一息入れて、メジャーに向けて入念に調整しているのだと思っていた。ところが何と帰国してブリヂストンレディスオープンに出場すると聞いてびっくりした。

スポンサー会社が主催する大会ならともかく、渋野はブリヂストンスポーツのクラブ、ボールを使っているわけでもない。エントリーも突然だったので、主催者も驚いたようだ。

世界一の伝統と権威を誇る「全米女子オープン」を目前に控えているのに、どうして思いついたように日本の試合に出る気になったのだろう。

「アメリカで出られる試合がなくなり、スケジュールが空いたから帰った」と言っているらしいが、時間があったらアメリカで練習をして万全の態勢でメジャーに臨んだほうが良かったはずだ。

出場できる試合がなかったら、「全米女子オープン」の開催コースを入念にチェックしようとは思わなかったのだろうか。


指定練習日が決まっていて1日しかラウンドできないというのであれば、コースを歩いて攻め方だけでもチェックすることができたはずだ。

■わざわざ一時帰国して予選落ちでは収穫ゼロ

通常のレギュラー大会ならともかく、大事な「全米女子オープン」を目前にして、試合がなかったからと日本に帰って試合に出るなんて信じられないことだ。しかも、日米間を往復する体への負担が大きい長距離移動があって、国内で予選落ちでは不安が募るばかりでメジャーに向けた収穫もゼロだ。

渋野は今や米女子ツアーのメンバーなのだ。

「年間、何試合か日本の試合にも出なければならない」と言われて、スケジュールの合間を縫って慌ただしく帰国するのではなく、腰を据えて米女子ツアーに専念するぐらいの決意を持って戦って欲しい。そうすれば米女子ツアーでも必ず道が開けるはずだ。

高校を卒業してすぐ渡米した畑岡は最初の年は大苦戦した。しかし、それでも日本には帰ってこなかった。だから2年目からは勝てるようになったのだ。

今の渋野には「米国で勝つまでは帰らない」という覚悟が必要である。

畑岡と同じようにフロリダ州オーランドに拠点を構えて、ツアー会場にもなるゴルフ場の会員にもなって練習に励むべきだ。「帰りたい」などという里心を起こさず、米女子ツアーに早く溶け込んで戦ってほしい。

(菅野徳雄/日本ゴルフジャーナリスト協会顧問)


この記事への反応

  • 全米女子OPの結果で帰国したのが正解か、米国で調整した方が正解かが判る。
    ブリヂストン女子OPで予選落ちして居なかったらこんな記事は出ないだろう。
    結果が全ての世界 チーム渋野のマネージメント方法 能力がどうなのか?ってところですねかね。
    米国で調整すれば、開催コースを入念にチェックすることが出来たって有るが、その様なな事をする選手でない、それはブリヂストンの練習日の報道見れば判る。

  • プロは結果がすべてで日本に一時帰国してそのあと予選落ちしてもその結果は本人に帰ってきます。
    もちろんスポンサーに迷惑をかけるかもしれませんがいやなら翌年の契約をしなければいいだけです。
    米ツアーのメンバーになったとはいえ来期のシードが見える位置に来ての一時帰国です。
    海外での生活の苦労が分かって書いていますか?
    心のバランスを保つ意味でも時には一時帰国は大切だと思います。
    要は本人が判断してその結果を本人が受け止めればいいだけのことです。

  • アスリートを批判/批評できるのは、それ以上の技量を持ったものだけです。
    言論の自由とか言ってペンしか持たない人は資格はないのでは。
    確か、出場する意味があったはず。国内のシード権とか。
    今回は順位は関係なく出場することで得られるものが大きかったのでは。
    確かに他の米ツアーに出場している人はその人で、状況が違うのでしょう。
    メディアが先導するようなことは好きではありません。

  • なにも収穫はない、と筆者は書いているけど、渋野さんのスポンサーは日本企業ばかりでしょう?
    スポンサーから「日本でプレーしてほしい」と言われたら一度くらいは帰ってくる必要もあったのでは?
    宮里さんのように「アメリカで骨を埋める」と宣言してアメリカに渡ったのならスポンサーも理解しているでしょうけど、渋野さんはそこまでの宣言はしなかったのかも。
    渋野さんには渋野さんの事情があるんじゃないですか?

  • 日本のファンやスポンサーに、配慮しているんだと思う。
    アメリカの来年のシードが、得られる見通しがたったことで、帰国しやすい状況になったのだと思う。

  • 大きなお世話です
    日本に帰ってくる判断は本人とチームで決めればいい
    今回はスケジュールも余裕があった
    予選落ちしたから言われるのか?
    それは結果であって間違いとは言わない
    また米国に戻ってこういう雑音を封じる活躍してください

  • 家族と動いてる選手とは違うのだから、時間がある時の帰国ぐらいいいんじゃないの
    韓国選手だって結構帰ってリフレッシュしてる選手が多いし、試合に出てないからまだ情報が出てないだけで、今回も畑岡や笹生も一度帰国してるかもね

  • プロというのはファンやスポンサーあっての商売。
    米ツアーにあっても、日本のファンが大半だろう。
    日本のファンへのサービスはあって当然だろう。