picture

情報元

横峯さくらが横田真一に習った「フェースをあまり開かない」ラフ用ロブショット
横峯さくらは、独自のオーバースイングからのビッグドライブに加え、アプローチも天才的。ただ、「ロブショットを打つときに距離感が狂います」と悩みを持っている。そこで、アプローチのマジシャンとして知られる“ヨコシン”こと横田真一に悩みを相談。ゴルフ雑誌ALBA844号には、さくらが学んだヨコシン流ロブショットのコツが掲載されている。

さくら「ロブショットのときは、サンドウェッジのフェースを大きく開いて、ボール位置をいつもより左に。そして手首を柔らかく使い、大きくゆったり振ります。でも、この打ち方だとスピン量が多くなり過ぎて、距離感がイマイチ合わない。これが私の悩みなんです」

ヨコシン「フェースを大きく開くと、ボールを飛ばすためにヘッドスピードを速くしないといけないから、どうしてもスピン量が増えてしまう。加えて、夏にかけて芝が成長するので、ボールが浮きます。すると開いたフェースがボールの下をくぐりやすくなり、チャックリのミスが出る。オススメのロブショットがありますよ」

さくら「そんなのあるあるんですか? ぜひ習いたいです」

ヨコシン「フェースをあまり開かずにインサイド・アウトに振るのが僕の流儀。こうすると入射角が鈍角になり、インパクトゾーンが長くなります。フェースを大きく開かないから、速く振る必要がなく、ボールの下を潜らない。スピン量もコントロールできて、距離感が合うようになりますよ」

ここで打ち方のポイントをさらに深掘り。

ヨコシン「まず、バックスイングでコックをあまり使わないこと。トップでの手の位置を低くして、クラブを下から上に振り上げます。アッパーブローに打つイメージを持ってみてください」

さくら「それだとダフりそうですね(笑)」

ヨコシン「ダフっていいんです。スイングの最下点をボール手前にして打った方が、ミスなく簡単に打てますよ」

アプローチでインサイド・アウトに振るとは驚き。ただ、夏になりラフの芝が長くなってくると、バンカー越えなどの距離感を合わせることは難しくなる。横田の打ち方のほうがミスが少なそうだ。この様子は横田と横峯のYouTubeコラボでも見ることができるので、気になる人は要チェック。横峯が女子ツアーでヨコシン流ロブショットを披露する日も近い!?


横峯さくらのYouTube


この記事への反応

  • これはアマには絶対的なロブの打ち方だ
    フェースを開かないというのがミソで、これがトップ球を防ぐんだよね。
    バンカーも同じ考えになる。

  • ママさんさくらちゃん
    ヤング世代に負けず、まずは1勝目指して頑張ってください!
    永久シードはなかなか厳しいかもしれませんが、応援させて頂きます。

  • スタンスやボールを置く位置、フォローでフェースを返すのか返さないのか、教えて欲しい。

  • 球が上がるイメージがないですが距離感は合わせやすそうですね。

  • イメージだけど かなり止まる感じじゃないかな

  • ヨコシンさんはアプローチイップスだった気がする。でも、イップスなんて思ったとおりに身体が動かないってことだから正解のイメージは常にあるってことだもんね。
    特にゴルフはやると教えるでは全く違うし、トッププレイヤーじゃなくったってそれぞれの要素で価値あることを教えられる人はたくさんいるのかな。

  • アプローチイップスを宣言している人に習ってもと思いますが、イップスで出来ないだけで知識は豊富ですから何らかのヒントになれば良いですね

  • やはり、ゴルフはプロ、アマでも常に悩みがあるんだと共感しました。