picture

情報元

「若い人よりワガママ!?」ゴルフ場が困るベテランゴルファーはこんな人
前の組が遅いとすぐにクレームをつける

この1~2年でゴルフを新たに始める人が急激に増えており、ゴルフ場は多くの来場者でにぎわっています。ゴルフ場業界にとっては非常に喜ばしいことですが、プレー進行の遅れや人手不足などの問題も発生しています。

ビギナーの増加がプレー進行の遅れの一因になっているのは間違いないですが、ゴルフ場としては初心者にゴルフの楽しさと適切なマナーを教え、20年後、30年後もゴルフを続けてほしいと願っています。

ところが、そんな気持ちをふみにじるかのように振る舞うベテランゴルファーもいるようです。ゴルフ場関係者が困っているベテランゴルファーの特徴を聞いてみました。

「プレー進行が遅れる日が増えており、お客様にはご迷惑をおかけしているのですが、年配の方は前の組のプレーが遅いとすぐに携帯電話でゴルフ場に電話をかけてくるんですね」

「そして『前の組が遅いからマーシャルを回せ!』とおっしゃるのですが、マスター室がマーシャルカーを出して確認に行きますと、プレーがそんなに遅いわけではありませんし、その前も詰まっていますからどうしようもないのです」

「人間は歳を取るとせっかちになるのかもしれませんが、前の組のプレー進行にクレームをつける方がとにかく多いです」


ゴルフ場はビギナーにもベテランゴルファーにも仲良くゴルフを楽しんでもらいたいのですが、両者の間を取り持つのに苦心しているようです。

雨だと必ずキャンセルする

プレー進行にクレームをつける以外にも、ベテランゴルファーがゴルフ場を困らせているのが雨の日のキャンセルです。

「ベテランゴルファーの中には雨が降ると必ずキャンセルする方がいます。皆さん仕事をリタイヤされて、いつでも好きなときにゴルフができますから、わざわざ雨の中でやりたくないのでしょう」

現役世代のゴルファーは仕事が休みの日しかゴルフ場に行けませんから、雨が降ってもプレーする人が多数派です。でもベテランゴルファーは毎日休みですから、雨の日を徹底的に避けます。

ゴルフ場は売り上げの損失に頭を抱えながらも、ベテランゴルファーにもできるだけ長くゴルフを続けてもらいたいと思っていますから仕方がないと割り切っています。

「雨の日にプレーしてカゼをひいたり、カゼをこじらせて肺炎になったりするよりはマシかなと考えています。ただ、できれば雨の日にキャンセルする際は別の日にプレーを振り替えていただけるとありがたいです」

一方で、いつでも好きなときにゴルフができるはずなのに、予約が満員の日に割り込もうとするのもベテランゴルファーだと言います。

「基本的にわがままな方が多いですね。自分がプレーしたい日の予約が埋まっていると『何とか割り込ませてよ』と言ってきますし、昼休憩でお酒をもう少し飲みたいときにも『スタート時間をちょっと遅らせてよ』と言ってきたりします」

「『ロッカーを使わないから値引きしてよ』とか『お風呂に入らないから値引きしてよ』と言ってくるのも年配の方がほとんどです」


また、春になるとプレー中に山菜を採りに行き、ビニール袋いっぱいに入れて家に持って帰る年配の女性ゴルファーがよく来るそうです。

「『コシアブラ』とか、『フキノトウ』など、山菜をビニール袋が満タンになるくらいまで入れて持って帰るのですが、『ゴルフをしに来ているのか、山菜を採りに来ているのか、どっちなんでしょうね』と支配人と顔を見合わせています」

ビギナーは不慣れな振る舞いでゴルフ場を困らせることがあり、ベテランゴルファーはわがままな振る舞いでゴルフ場を困らせるのが特徴のようです。

ゴルフは老若男女が楽しめるスポーツと言いますが、年齢の違いや性別の違いでゴルフに対するスタンスも変わります。あらゆる人の振る舞いを寛容な心で見守りたいものです。


この記事への反応

  • ゴルフ場あるあるですよね。
    年配ゴルファーは上手かどうかは別としてラウンド経験が豊富だからか自分の判断でプレーするので周りが迷惑することもしばしばあります。
    例えばセカンド地点で自分だけ先に行って視線に入るところで待っていたりされると危険性はなくても打つ方からすれば気になります。
    また前の組と前の前の組が詰まっているにも関わらず早く打ちたがるなどせっかちな人が多いですよね。
    せっかく時間とお金を使っているのらだからもっと楽しむことを考えてプレーしてもらいたいと思います。

  • ここにある話はそんなに問題では無いと思う。
    それよりもやめて欲しいのは、「飛ばないから」と前の組のグリーンが開くのを待ってからセカンドショットを打とうと構えてテークバックに入っているのにティーショットを打ってくるオッチャン。
    トップからさあダウンして打とうとしたら、そばでボテッと落球音がして、なんとかスイングは寸止め出来たが、届かないから良いだろうは本当にやめて欲しいです。
    落球音が出てプレーの邪魔になるのは打ち込みと一緒です。
    後からキャディーにセカンドを打ってからティーショットを打つように後ろの組のキャディーに伝えに行ってもらったら、次のホールのパー3渋滞で逆に文句を言ってくるし、同伴キャディーはいう事を聞いてくれないと謝ってきた。
    こういうお年寄りプレーヤーは本当に困ります。
    勘弁して欲しい…

  • 客なんだから、金を払っているんだから、メンバーでゴルフ場の社員と顔なじみだからなどの理由で、自分だけは何を言っても許される、融通を利かせるのが当たり前だ的な考えのプレーヤーが一番タチが悪いね。
    これはどの世代にも一定数いると思うが、ゴルフ人口の比率を考えれば、やはり中高年以上の人数が多くなるのは当然だろう。
    傍目に見て少しでも他人に迷惑をかけないこと、他人の権利を侵害しないことを考えてやっていることがわかれば、お互いに腹を立てることもいやな気分になることも少なくなるのにね。

  • 前が詰まっているからと言う理由で、年配の方々が毎ホール、使ってない方のグリーンでパター練習をしていたことがあります。
    「私達はそこまで上手くないので打ち込んでしまう可能性があるから、やめていただきたい。」と丁寧に言ったが、「ぶつけてくれれば良いよ。」と言われました。
    ゴルフを気持ちよくプレーするには、前後のグループが大切だと思い知らされました。

  • 年配の人は自分の飛距離を把握してるか知らないが前の組みギリギリまで普通に打ち込む
    前の組みの自分達からしたら後ろの組の人の事なんて知らないからただ怖いだけ
    年配の人には本当もう少し他の人への気配りの心をもってほしい。

  • ベテランとかいうくくりじゃなくて、ただの迷惑客ですよね。
    若者でも、年配者でもそんな連中はたくさんいます。
    プレーの進行が遅くなるのはゴルフ場の詰め込み過ぎも原因の一つ。

  • こんな爺さんは論外だけど、そもそも前が詰まるような予約を受けてるゴルフ場に問題あるでしょ!
    多少の詰まりは仕方ないとしても、ハーフ3時間以上かかるような詰め方をしているゴルフ場が増えているのは事実だからね

  • やっぱり、「ゴルフは紳士のスポーツ」じゃないな