picture

情報元

渋野日向子の“日本2戦目”はいつになる? ご本人の回答は…
【女子ツアーの“ヒトネタッ”!】
ゴルフのトーナメント会場は“ネタの宝庫”。ただ、そのすべてを伝えることはなかなか困難なこと…。そこで現場記者がコースを歩くなか“見た”、“聞いた”もののなかからちょっと気になった1つのテーマ、すなわち“ヒトネタ”をご紹介! 今回は「ブリヂストンレディスオープン」が行われた袖ヶ浦カンツリークラブ 袖ヶ浦コース(千葉県)から。

今季の日本ツアー初戦として千葉県を選んだ渋野日向子。2日間トータル3オーバーで予選落ちという結果に終わったが、その人気は相変わらずだった。大ギャラリーを引き連れてのラウンドはもちろんのこと、練習日にはほかの選手たちからも「おかえりー」という言葉を次々かけられた。

一時帰国しての試合出場はこの1試合のみで、今週中には再渡米し6月2日開幕の海外メジャー「全米女子オープン」から“主戦場”に復帰する。こうなると、やはり気になるのは『次はいつ戻ってくるの?』。ただ2日目のラウンド後、そんな質問を投げられた渋野は「秘密です」と言ってニヤリ。「そうなった場合はお知らせします!」と笑顔で煙に巻いた。

これから海外では全米女子を皮切りに「KPMG全米女子プロゴルフ選手権」(6月23日~、米国)、「アムンディ エビアン選手権」(7月21日~、フランス)、「AIG女子オープン」(8月4日~、スコットランド)と夏場にかけて米欧でメジャー大会が続いていく。2019年の全英制覇で渋野は、海外5大大会の出場権を有しているため、ここは専念とみられる。


今回のブリヂストンレディスオープンも予告はなく、エントリー確定段階になり判明したもの。次の“お知らせ”も突然やってくる?


関連記事






この記事への反応

  • メジャー覇者の渋野さんですから、国内招聘となりますと大金が動く話となりますね
    マネージメント会社とツアー主催企業、スポンサー各社、JLPGAとシビアな交渉が進んでいるかと思います。
    渋野さんひとりで決めていい話ではないですね。
    渋野さんは気にせず目の前の1戦に集中すべきですね。

  • ピザ取得とかあったので帰国したし、ついでにブリヂストンに出たのでしょう。
    おやつの買い込みとか、愛犬に癒されるとかも目的でしょう。
    アメリカに戻ってからその後の試合を申し込むでしょう。
    全て予定は年間で組まれているようだし、全米も出ると思いますよ!
    あまり心配せずに、チームと渋子に任せましょうよ。

  • 全米女子オープンのエントリーメンバーは未公表ですが、それ以降の大会に渋野選手のエントリーは全くありません。
    6月下旬の全米女子プロも、西郷選手はエントリーしているものの、そこにも渋野選手の名前はありません。
    一方、畑岡、笹生、古江各選手はそれぞれ3、4試合エントリー済みです。
    渋野選手は一体どうなっているのでしょうか。

  • メジャー終わったら来年度のシード取れそうなんだから秋には日本女子オープン目指して帰ってくれば良いと思う
    まだ初年度だし、余裕持ってスケジュール組めば良い
    ポイント積み上げたんだから何がなんでもアメリカで頑張るべきみたいな考えは必要なし

  • 無理に帰ってこなくていい。
    スポンサー都合だとかでペース乱すより自らのペースで、にして欲しいね。
    まあ例年通り日米共催の大会が行われれば、その時が来日のタイミングなのかな。
    その時は日本の大会に出に来るのではなくアメリカツアーメンバーとして来日だね。
    実際に見たいし見て応援したい人も多いと思いますが欲張ってはいけないね。

  • LPGAはそんなに甘くない、冠サントリー以外は出る必要は無い、母親に甘えたければ帰国すればよい
    日本のゴルフ会まだしょって立たなくてよい、十分すぎるほどやっている。
    只々活躍を祈る。

  • 海外で結果が出ればいいよ、日本国内戦は顔見せ程度でいい。

  • “こうしなければならない”などと考えず、飄々と渋野日向子のゴルフをしてくれれば良いと思う。
    私はギャラリーとして、それを楽しみます。