picture

情報元

なぜ渋野日向子は注目の”凱旋試合”で予選落ちしてしまったのか
大ギャラリーの緊張感と露呈した調整不足
女子ゴルフの「ブリヂストンレディスオープン」の 2日目が20日、千葉の袖ヶ浦CC袖ヶ浦コース(6713ヤード・パー72)で行われ、今季国内初参戦で注目の 渋野日向子(23、サントリー)は2バーディー、3ボギーの「73」でプレーしたが、通算3オーバーの69位タイでカットラインに1打及ばず予選落ちした。渋野は、昨年12月の米ツアー最終予選会(Qシリーズ)を20位タイで通過し、今季から主戦場を念願の米ツアーに移した。“シブコスマイル“見たさに平日にもかかわらず多くのギャラリーが訪れたが、期待に応えることができず、凱旋試合は2日間で終演となった。

「(100点満点で)10点くらいのゴルフだった」

昨年11月の「大王製紙エリエールレディス」以来の国内ツアーとなった19日の第1ラウンド(R)は2バーディー、4ボギーの2オーバー、74で67位発進。20日の第2Rは2バーディー、3ボギーの73と予選ラウンドの2日間はともにオーバーパーをたたいた。
米国よりは圧倒的に高い日本の女子ゴルフ人気。
大ギャラリーには慣れているはずの渋野だが、第1Rのホールアウト後に「あれだけたくさんのギャラリーの前でプレーするのは久しぶりで緊張があった」と話したのは偽らざる本音だろう。3000人以上のギャラリーを前にしての緊張感がショットを狂わせた原因のひとつに違いない。
「緊張感のある中でのショットの再現性の低さが出てしまった。緊張する中でも自分のやるべきことをやり切れるような心の準備というか。体の土台とかが必要になってくる」というのが渋野の自己分析。
インから出て、15番(パー4)で10ヤードもない3打目のアプローチが5メートルしか寄らずにボギーが先行した。直後の16番(パー4)で2メートルを沈めて得意とするバウンスバックに成功したが、後半のアウトは4メートルを外した2番(パー5)からの2連続など3ボギーを打った。
「手前ピンの手前に外し、奥ピンの奥に外すなど打ってはいけないところに打ってしまった。バーディーが取りたいという欲に負けた感じ。ゴルフの内容は最低だったし、10点くらいのゴルフだった」
今季はここまで米ツアー7試合に出場し、4月のメジャー第1戦「シェブロン選手権」で4位タイに入り、ハワイでの「ロッテ選手権」は2位となった。5月1日が最終日だった帰国直前の「パロスバーデス選手権」で初の予選落ちを喫したが、現在のポイントランキングは23位。5月以降の出場優先順位を決める第1回リシャッフルは難なくクリアして今後の出場権を獲得し、すでに来季のシードもほぼ手中にしている。ある程度の手応えと自信を手にしての今回の凱旋だっただけに、予選落ちという結果は渋野にとってもショックだったに違いない。

第2Rはティーショットが乱れた。フェアウエーをキープできたのは、14ホール中わずかに4ホール。パーオンも18ホール中11ホールと低調で、入れば予選通過だった最終18番(パー5)の約6メートルのバーディーパットも「入れに行って引っ掛けた」とカップに届かなかった。
「出だしからティーショットが、ほぼほぼ右に行っていた。単純に体が伸び上がっているのが原因だと思うが、修正しようとしたら今度は力んで左に曲げてしまう。パーを拾うのが精いっぱいで、パーを拾っても次のティーショットに生かせない。なんか前向きになれなかった」
久しぶりの日本。予選落ちという結果を渋野は淡々と振り返ったが、「前向きになれなかったのは、試合が始まる前から」と指摘する関係者もいる。
そもそも、この時期の国内スポット参戦の理由が、今ひとつはっきりしない。2週間後には今季メジャー第2戦「全米女子オープン」(6月2日開幕、米ノースカロライナ州)が控える。今年から賞金総額が1000万ドル(約13億円)に増額された名実ともに世界一を決めるビッグトーナメント。米国で試合に出ながら調整するのがベターだが、なぜか長距離移動が伴う帰国を選択した。その理由を渋野は、プロアマ戦が行われた18日の会見でこう説明していた。
「いろいろな日程を考え、いろんな選択肢がある中で、これまでの米国での結果や体調を考えて、この試合に出場するのがベストだと思った。4日間大会というのもありがたかった。いい状態で全米に臨みたい」
リシャッフルはもちろん、来季のシードもほぼ手中に収めたことが帰国を決めた理由の一つだが、シンガポールでの自身の米ツアー初戦に向けて2月下旬に日本を離れてすでに2カ月以上が経過。
「ハワイでのロッテ選手権から4日間大会が3試合続いたときは、正直しんどかった。リフレッシュの方法はまだ見つけられていない」と話すなど、実家のある岡山での充電が今回の帰国の一番の目的と考えるのが妥当だろう。
今大会の出場も急きょ決まったようだ。ある大会関係者は「ブリヂストンの用具を一切使用していない渋野プロの出場はまったく想定していなかった。ありがたいことだけど、ギャラリーや急に増えたメディアの対応など結構大変でした」と、うれしい悲鳴を上げていた。
久々の実家では家族水いらずの時間を過ごした。
想定外の予選落ちも、その“リフレッシュ休暇“明けのコンディション調整不足に、大ギャラリーの緊張感が加わって、心身と技術の問題点を修正できないまま2日間が過ぎてしまったと考えれば合点もいく。ある意味、目前に迫っている「全米女子オープン」と、中2週を置いて挑む「全米女子プロ選手権」(6月23日開幕、米メリーランド州)のビッグタイトルを前に悪いところがすべて出たことはプラスだったのかもしれない。
週明けの23日以降に再渡米する渋野は、会見の最後に「出直し!出直し!」と、自らに言い聞かせてから、ショット練習をするために練習場へ向かった。


関連記事




この記事への反応

  • 予選落ちすること自体は、どんなに好調な選手にも起こりうることですし、「これが原因です」と言い切れるものではありません。
    ただ、今大会の渋野日向子から感じ取れるものは、ある種の「飽和状態」。
    向上心旺盛ゆえに技術的に多くを追い求め、サービス精神旺盛ゆえに日本のファンの期待に応えようと必死。
    それらがセルフプレッシャーになっている様子です。
    米ツアーのメジャー直前の帰国と日本ツアー出場というスケジューリングの意味は彼女のコメントを聞いても疑問に感じられます。
    ファンサービスの1つとして、日本のファンを喜ばせるチャンスを見つけたぞということで帰国したのか。
    それとも、ここで日本でプレーすることが今後の米ツアーでのメジャー大会に活かせると考えたのか。
    いずれにしても、多くのことを考えすぎ、求め過ぎ、期待に応えようとしすぎという感は否めず、「もう少し気を楽に、スケジュールにも余裕を」と言ってあげたくなります。

  • 他の人も言ってるけど「凱旋試合」の意味がおかしいよね。
    海外の大きな大会優勝しての凱旋帰国試合なのかと思いきや、海外遠征から戻って国内試合に参加しただけで凱旋って。
    例えば松山選手がマスターズ優勝してから初の国内試合なら凱旋試合でおかしくないけど。
    実力に関しては、ただこの人は明らかに国内より海外試合向きの人だなあと思うけど。

  • 本人がリフレッシュのために帰国したというならそれは間違いでは無かったでしょう。
    彼女らしくファンに自分を見せてあげたい一心から今回の参戦だったと考えられる。
    ここで今までに無い緊張感を味わえたのは大きなプラスです。
    今後の米国メジャーで味わう大きな緊張感の予行演出と思えば他の選手がやろうとしてもできない経験を積めたのはプラスと考えましょう。

  • 本人を批判する気は無いが、実力に対してマスコミが騒ぎすぎ。
    日本女子の中でトップクラスではあるけど、ズバ抜けてるわけじゃないし、海外メジャー優勝含め一時的に注目を集める勝ち方をして人気が出たのが、彼女にとって良くも悪くもあったんじゃないかな。
    プレッシャーで試合中の笑顔が減り、注目を集めた頃の考え過ぎず本能的に攻めて行く様なゴルフも出来ず、勝てずに更にプレッシャー感じて悩む、と言う悪循環に陥ってる気がする。
    今は、レベルは高くても国内試合よりはのびのび出来る海外の方がいい結果が出るかもしれないね。
    それで自信がつけば凱旋試合でも成績を残せるでしょう。
    マスコミ、騒ぎすぎるな。

  • 全米に照準を当てているのであれば、試合と試合の間をあけすぎないほうがいいと思うのでこの試合に出たのはベストの選択だったと思います。
    日本で一番の人気選手なので大変だと思いますが、ツアーの中でこういう結果があるのも至極当然のことだと思いますし、「これではいかん」と思って奮起するきっかけにもなります。
    プロとはいえ人間なので、その繰り返しではないかと・・・
    今は、この結果に一喜一憂せずに、いい時も悪い時も渋野選手を信じて応援し続けることじゃないかなと思ってます。

  • とても仲の良いご家族の様で、お母さんのご飯が恋しくなるのもよくわかります。
    海外に馴染んで行こうと必死でやってるんだろうなぁと親の様に見ている感じです。
    アメリカツアーが始まって異国の地でいつも一緒のチームと言えど、畑岡さんや古江さんの様に親がずっとサポートしている訳ではないので、凹んでいる時はやはりリフレッシュしたい時にお母さんの食事が食べたいと思うのも自然な感情だと思います。
    会見やその他見ていると様々なしがらみもありの帰国だろうと推察しますが、よく頑張ってるなと思います。
    その中で唯一家族と過ごせた事が一番だったでしょうね。

  • 久しぶりの日本での凱旋試合出場への大きな期待、大勢のギャラリーからの期待、緊張しない訳がないと思います。
    アメリカツアーで全然結果が出ていないならともかく、何度も上位で戦えているのですから実力はあるので、あとは良い時の状態に戻ればまた上位で戦えますよね。
    強い西郷選手だって2試合連続の予選落ちからの今週はトップにいるのですから!
    毎回調子がいいなんて無理ですよね。
    また上位に戻ってくるのを楽しみにしてます!

  • 批判する気も興味もさらさらないが
    マスコミ騒ぎすぎ
    悪意がある。
    凱旋試合とか言ってるレベルの人では無い。
    言っていいのは 松山ぐらい。