picture

情報元

池田勇太が『59』のロケットスタート 「パターが入ればこんな感じ」
◇国内男子◇ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント 初日(19日)◇取手国際GC(茨城県)◇東コース6804yd、西コース6544yd(パー70)

予選2日間で東コースと西コースの36ホールを回る今大会。初日西コースをプレーした池田勇太がボギーなしの11バーディ「59」とツアーでの自己ベストを2打更新し、2020年12月「日本シリーズJTカップ」以来となる首位発進を決めた。

スタートホールの10番(パー5)で55ydの3打目をOKの距離につけてバーディ発進すると、続く11番でも連続バーディ。14、15、16番では3連続バーディを奪って前半を「31」で折り返した。

後半の1番ではティショットを左に曲げて林に入れたが、木々のわずかなすき間からピンを狙って3mにつけ、バーディパットを沈めた。5番からはこの日2度目の3連続バーディを奪い、最終9番(パー5)も1.5mのバーディパットを冷静に沈めて締めくくった。「調子は悪くなかったし、パターが入ればこんな感じになるんだろうな」と、納得の表情を見せた。

この日ラウンドした西コースは、ツアーで一般的なベント芝のグリーンではなく、芝目の強い高麗グリーンだったが、「仕上がりは去年よりもすごく良かった。先週からするとグリーンのスピードはだいぶ違うので、今週はパターも変えて気分を一新したところが良かったんじゃないかな」と、以前から使用している「オデッセイ TRI-HOT 5K ONE」への回帰が奏功した。

今週はプロ2人、アマ2人の4人1組で回るプロアマ形式の大会。プレーのしにくさはなかったというが、同組で回ったアマチュア選手は「18ホールずっと緊張しているような感じ」だったという。「僕よりも、僕のスコアを意識して下さっていた。ご自分のプレーよりも、僕のバーディの数をずっと数えていた。ラウンド後に『全部のサインに59と入れてください』と言われた」と笑みを浮かべた。

このオフには「自分の中で、ありとあらゆるできることを全てやった」とスイングやクラブ、身体を改めて一から見直した。今季はここまでの5戦でトップ10は1度のみだが、自分なりにはいい形でゴルフができていたという。「かみ合わせが悪くて良いスコアや良い順位が出なかったけど、やっていることは間違っていないと思う」と手応えも感じている。


2日目以降はベント芝グリーンの東コースでのラウンドとなる。「グリーンが変わるので、東は東でどういうプレーができるのかな、というところ」と意気込みを新たにした。(茨城県つくばみらい市/内山孝志朗)


この記事への反応

  • 2位以下も-9とか-8とかゴロゴロ出てるのを見ると、プロがプレイするセッティングだったのか疑問に思う。

  • 池田ごときが59出せちゃうコースってダメだろ。
    これじゃメジャーで活躍できる選手は育たないわ。

  • 池田が59出るなら、松山がやったら56くらいでるんじゃない?
    でも池田だけは好きになれないよ。あの偉そうな態度

  • プロアマなんで、文句ばかり垂れる日本のアマチュアの方が回りやすくしないと文句言うし
    プレーペースも遅くなるので簡単にするのは当たり前

  • 池田勇太は以前コースが難しいと文句言ったけ?
    簡単過ぎるとは言わないのね?
    ちっちゃい男だなぁ

  • 易しいコース設定を再三要求してきた男。
    お望みのコースで良かったですね!
    お山の大将!