picture

情報元

ミンジー・リーが首位浮上 渋野日向子は23位、古江彩佳は45位で第一関門突破
【米国女子ポイントランキング】
米国女子ツアー「コグニザント・ファウンダーズカップ」を終えて、最新の『CMEグローブポイントランキング』が発表された。

同大会で今季初優勝を挙げたミンジー・リーが1188.658ptとして12人抜きで首位に浮上。開幕戦からトップを守り続けてきたダニエル・カン(米国)が2位に後退した。

2試合連続優勝はならなかったものの6位に入った畑岡奈紗は変わらず日本勢最上位の9位(933.081pt)。以下、19位の笹生優花(583.639pt)、23位の渋野日向子(501.625pt)、45位の古江彩佳(204.072pt)と続く。

なお、同大会終了時点で第一回のリシャッフルが行われたが渋野、古江ともに80位以内に入り中盤戦以降の出場権をほぼ手中に収めている。


同ランクで最終的に80位までに入った選手は、翌年のシード権を獲得。さらに81位から100位までの選手にもツアーカードが与えられ、限定的ではあるが出場権が得られる。渋野は昨年の80位だったブリタニー・リンシコム(米国)の381.280ptを大きく上回っており、こちらもほぼ確定と言った状況

また、シーズン最終戦「CMEグループ・ツアー選手権」前週時点で60位までに入った選手は、同大会への出場が可能となる。この大会前にはポイントがリセットされ、1位になった選手には女子ゴルフ史上最高額の200万ドル(2億2800万円)が与えられる。


関連記事


この記事への反応

  • 渋野日向子選手。
    おめでとうございます。
    中盤戦以降の出場権獲得と、来季のシード権もほぼ確定したみたいで、本当に本当に良かった。
    あなたが頑張ってくれたお陰で、我々しぶこファンは嬉しいと同時に、来季も貴方の勇姿を見せてもらえるかと思うと、生きていて良かったと思います。
    次の試合も頑張って下さい。
    世界の渋野日向子選手。
    我らの渋野日向子選手。

  • ブリヂストンの初日5/19に渋野の妹・渋野暉璃子さんがBS・TBSの「プロゴルファー母校に帰る」に出るみたいですね。
    岡山の進学校からスポーツ推薦ではなく明治大学に入って、姉に刺激されてゴルフ部に入ったようです。
    成績は今一つみたいですが、文武両道の学生さんみたいです。
    将来、プロテストを受けるつもりなのかとかは番組を観ないとわかりませんが、卒業後、姉のキャディーをする可能性はあるかもしれません。

  • 願わくは9月末時点でCMEランキング43位以内に入り、TOTOジャパンクラシックにLPGAの選手として凱旋帰国、出場してほしいと思っています。
    まあ、問題なく出場を決めてくれると確信しています。
    4日間大津に応援に行きます。

  • 古江選手は前の大会で2ペナをしのぎ、ギリギリで予選通過し、47ポイントもゲットしたのは立派のひとこと。
    残り試合も多く、超高額賞金のCMEチャンピオンシップ出場資格の60位以内を目指して頑張ってください。

  • あと数試合トップ10なら、CMEグループツアー選手権の出場権も取得出来んじゃね?

  • 残りのメジャー全て予選通過すれば濃厚ですよね!