picture

情報元

【米女子ゴルフ】古江彩佳がアクシデントを告白!
10番パー4で2打罰の〝真相〟とは?
【ニュージャージー州クリフトン12日(日本時間13日)発】米女子ゴルフツアー「コグニザント・ファウンダーズ・カップ」初日(アッパーモントクレアCC=パー72)に臨んだ古江彩佳(21=富士通)がアクシデントに見舞われた。

前半を1バーディー、1ボギーのイーブンで終えた古江が10番ホール(パー4)に向かう前のこと。レストルームから出たところでセキュリティーの方から「10番に行くの? 行くよー。(カートに)乗っていいよ」と声をかけられたという。日米を問わずツアーでは選手のカート使用は原則禁止されているため、古江は規則に抵触しないかを確認すると「OK」との返答。そこでカートに乗り、次のホームに向かったものの、ルール違反によって2打罰となった。

くしくも10番でバーディーを奪っただけに痛恨のミスとなった。ホールアウトした古江は試合を中継した「WOWOW」の取材に「怪しいなと思ったんですけど…」としながら「こっち(米国)のルールではOKなのかと思って。(スタッフに)OKと言われたのに? 自分もルールがはっきりしていないところがあって悪かったなと思います」と猛省した。


この日の古江は4バーディー、4ボギーと72のラウンドでイーブンの66位と出遅れたが、2日目以降に向けて「ショットもパットも悪くないので信じながらラウンドしたい」と巻き返しを誓っていた。


関連記事


この記事への反応

  • 競技委員は当該スタッフに聴き取り調査して、言い分を公表すべきじゃないのかと思ってしまう。
    なぜカートに乗るよう声を掛けたのか、そこに恣意的な要素は無かったか?
    もしアジア系の選手に対する妨害行為なら、競技が適正行われてないことになるよ。

  • ペナルティは勉強だと思えばいいが、今回の目標は予選通過を継続して、できるだけラウンドを増やし上記課題を徐々に調整することかな。

  • オッケーと言われたらそりゃ乗ってしまうよね。
    ただ、こルールに関わる事はやはり、競技委員を読んで聞かなければならないという教訓ですね。
    仕方がないので切り替えて頑張ってほしいです。

  • 海外では、競技委員しか信用できないということだね。
    まぁ、良い勉強をしたと切り替えましょう。
    まだ挑戦は始まったばかり。
    古江ちゃんは、こんなもんじゃないとみんなが応援しています。

  • 最終的には自己責任となるから仕方ないけど・・・ぜひ挽回して欲しい!

  • トラップのような出来事
    大会関係者だとすればおかしな話しだよ

  • 厳しく言えば選手自身も把握しとかなきゃいけないんだろうけども…
    なんなのそのセキュリティスタッフ…
    やっぱり知らない人の車には乗っちゃいけないんですね!

  • 子供の頃に『知らない人の車に乗ってはダメ』と言われていたが、大人になっても同じなんだと再認識しました。