picture

情報元

恐るべし、サウジの新リーグは大人気!?
開幕戦に希望者が続出だが“おじさんツアー”?
グレッグ・ノーマン(オーストラリア)率いるサウジの新リーグ、リブ・ゴルフ・インビテーショナルシリーズの開幕戦がいよいよ4週間後に迫り、ここへ来て出場希望者が続出していることが分かった。

DPワールド(欧州)ツアーのメンバーにとって、出場のために必要な「出場許可」の申請は9日が締切。セルヒオ・ガルシア(スペイン)、リー・ウェストウッド(イングランド)を含めその数はなんと「40名近くになる」と英テレグラフ紙が伝えている。

一方のPGAツアーは申請締切がすでに終了し、米国の5月9日にはその不可をジェイ・モナハン会長が発表することになっている。開幕戦はイングランド開催ということでどうやら出場許可は出されると見られているが、リブ・ゴルフ・インビテーショナルシリーズの開幕戦には世界ランキングトップ100から15名を含む70名以上の選手が登録したという。

一大会の出場選手は48名、つまり現在出場を希望している選手の全員は出場できないということになり、「登録をした選手の多くは自分が出場できるかは分からないだろう」とリブ・ゴルフ・インベストメントのスポークスマンがコメント。「実際に我々の予想を上回るランク上位の選手と人数が集まっている」と話した。

開幕戦の優勝賞金は400万ドル(約5億2000万円)で、少なくとも12万ドル(約1560万円)を獲得するという。

ただし出場を希望する選手のほとんどは30代以上、もしくは8大会全試合に出場するといわれているフィル・ミケルソン(米国)は51歳、ウェストウッドは49歳、ガルシアは42歳とベテラン選手が多く見られ、20代は希(まれ)。超高額ツアーは「おじさんツアー」となるのかもしれない。(文・武川玲子=米国在住)


関連記事




この記事への反応

  • ゴルフ界の発展のためには色々な選択肢はあっても良いと思う。
    参加選手の顔ぶれがあまり魅力ある選手が少ない気はしますが。
    この大会って世界ランキングポイントには加算されないんだよね??
    そうなると更に魅力半減しそうな気もしますね。

  • 3日間の大会だから、たとえWRPがあってもかなりの減算される。
    日程的にも競技日数も、おじさんたちにはかなり優しいツアー。

  • パワーゴルフに切り替わったPGAツアーは、若手の台頭で40歳代は苦しい。
    ミケルソンのような天才を除いては、飛距離での差でアドバンテージを取られてしまう。
    たぶん、有名プレイヤーの準シニアツアーのような位置付けになりそうな参加メンバーになる感じ。

  • 3日間で賞金倍以上の試合に出たくない選手などいない。
    そしてPGAツアーも賞金を今の倍にしても十分黒字になるほどお金持ってるけどね。
    みんなもっと稼ぎたいけどJモナハンにビビってるだけ。

  • 十分オッサンツアーです。
    やはりPGAの主要メンバーは居ないですね。

  • セミシニアツアー?

  • 勝星から遠ざかっている 旬を過ぎたおっさんツアーなどなんの興味も湧かない

  • カネに群がるゴルファーの皆さん せいぜい儲けてください