picture

情報元

20歳山下美夢有がメジャー初優勝!
大会初完全Vの快挙、3打差逃げ切り通算2勝目
国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日

女子ゴルフの国内メジャー今季初戦・ワールドレディスサロンパス杯最終日が8日、茨城GC西C(6680ヤード、パー72)で行われた。「新世紀世代」の20歳・山下美夢有(加賀電子)が3バーディー、2ボギーの71で回り、通算12アンダーで初のメジャー優勝を大会史上初の完全Vで飾った。ツアー優勝は昨年のKKT杯バンテリンレディスオープン以来、2勝目。2位は通算9アンダーの青木瀬令奈、3位は通算6アンダーで稲見萌寧、石川明日香の2人。

2位に6打差をつけ、最終日を迎えた山下は、序盤はパープレーを継続した。8番パー3でバーディーを奪った直後に9番パー4をボギーとし、36で前半終了。サンデーバックナインに突入した。11番パー4でボギー、12番パー5でバーディーとした後は15番パー3でロングパットを沈め、バーディー。安田祐香、青木瀬令奈、稲見萌寧らも追いかけたが、セーフティーリードを保って優勝した。

優勝インタビューでは「目標のメジャーで優勝できて、うれしいです。母の日で、いつも支えてくれているので、目の前で優勝できて良かったです」と観戦した母の前で優勝した喜びを語り、「ママ、いつも支えてくれてありがとう」と最後は涙声で話した。

山下は初日に大会コースレコードとなる64でロケットスタート。第2日は74でスコアを落としたものの、第3日で67と再びスコアを伸ばした。1度も首位を譲らない完全優勝は大会史上初。2001年度生まれで「新世紀世代」と呼ばれる20歳が快挙をやってのけた。

前週まで3大会連続予選落ち。しかし、今大会は最近はコースに来られていなかった父がコーチとして会場入りしており、アドバイスをもらいながら好プレーにつなげた。前日のラウンド後には「6打差はありますが、何が起こるか分かりません。また緊張しながら回ると思いますが、1打1打集中したいです」と気を引き締めていたが、全米女子オープン覇者の笹生優花、今季7戦4勝だった西郷真央らが揃う世代で最初の国内メジャータイトルとなった。


JLPGAのTwitter



関連記事




この記事への反応

  • 山下選手はメジャー初制覇、さらに4日間トップ譲らず、完全優勝は素晴らしかった

  • 山下選手優勝おめでとう。
    完璧なゴルフでした。
    本当に、女性のゴルフファーは、若い世代の活躍が素晴らしいと思う。
    今後も何回も優勝争いする事を期待してます。

  • メジャー初優勝おめでとうございます。
    今年は西郷が目立ち、同じ年の山下選手は歯がゆい思いだったでしょう。
    2019年合格組のレベルは異常に高く、黄金世代を脅かしています。
    今後の活躍を期待しています。

  • メジャー優勝おめでとうございます。
    それも完全優勝なんて凄い事です。
    最終日も目標のパープレーを上回るスコア。
    これからまだまだ勝てると思います。
    頑張って下さい。

  • 最終日、とても20歳とは思えない落ち着いたプレーで、見事な優勝でした。
    メジャー初制覇おめでとうございます。
    初日の64が凄かった、4日間一度も首位を明け渡すことなく完全優勝でした。

  • おめでとう!
    山下選手には気迫を感じます。
    闘争心が前面に出ています。
    こういう選手は大好きです。
    女子は役者揃いですね。
    次戦が楽しみです。

  • 完全優勝おめでとうございます。
    最高の母の日プレゼントになりましたね。
    お母さんの涙に貰い泣きしました。

  • できたら優勝インタビューまで放送してほしかった絶対泣いてたと思う
    母の日のプレゼント最高な一日になりましたね
    お母さんの涙も最高です。