picture

情報元

ルールに則った正しい行為! ネットを騒がせた稲見萌寧のグリーン上での出来事
<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップレディス 3日目◇7日◇茨城GC西C(茨城県)◇6680ヤード・パー72>

国内メジャー大会「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」3日目、ある選手のプレーでの行為がネットで話題となり、物議をかもした。

そのシーンは稲見萌寧の5番ホールのグリーン上でのこと。一度マークしてあった位置にボールを戻してマークを拾い上げる。そして素振りを行っていたが、突然素振りをやめると、ボールに触れて位置を少し動かして、その後動かしたボールにマークをした。これがペナルティなのではないかという声が上がった。


このことについて日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)に確認すると、今大会の競技委員長・門川恭子氏はこのように回答した。「これは正しい行為です。2019年にルールが変更になり、一度マークされたボールが動いてしまった場合、元の場所にリプレースしなければならなくなりました」。

稲見が素振りを行っている最中にボールが動いてしまい、稲見はすぐ横にいたキャディと確認して“動いた”と確認。そのため規則13.1d(※)に則り、無罰で元の場所にリプレースした。この際、元の場所、または動いてしまった場所にマークをする必要はない。そして稲見は元の場所にボールを戻すと、つぎはアライメントを合わせるためにマークをした。

アテスト時には稲見と競技委員でこの流れを確認し、まったく問題がない、むしろ正しいことであるという確認が行われたという。

以前は、動いてしまったボールは元の場所にリプレースせずに、動いた場所から打たなければならなかった。このことが、生中継などを見ていた視聴者を混乱させてしまったのかもしれない。ボールが風で動いてしまってもそれを対処するルールを熟知しているからこそ、戸惑った様子をみせずに自信を持ってとった行為だった。

19年のルール改正では様々なことが変わり、まだ理解しきれないこともたくさんあるだろう。この稲見の姿から、わたしたちもルールについて改めて確認したい。

※13.1d 球やボールマーカーがパッティングリーン上で動いた場合
球やボールマーカーがパッティンググリーン上で動いたことに対して2つの特別な規則がある。
(1)偶然に球を動かす原因となったことに対する罰はない。プレーヤー、相手、またはストロークプレーの別のプレーヤーがそのプレーヤーのパッティンググリーン上の球やボールマーカーが偶然に動かした場合、罰はない。
プレーヤーは:
・球を元の箇所にリプレースしなければならない(分からない場合は推定でしなければならない)
(JGAゴルフ規則より抜粋)


疑惑動画


関連記事


この記事への反応

  • ボールには方向を示す為のラインが引かれていたから動いたのに気づいたのでしょう。
    だからボール2つ分ぐらい右にリプレースして、その後にもう一度マークしてラインを合わせたって事ですね。
    稲見さんが違反してると騒いでる人の主張はテレビで見てボールは動いていないという事ですが、動いてなければ稲見さんがボールを違う位置にリプレースした理由がないし、パットに入る姿勢をわざわざ中断する理由がありません。
    稲見さんのパットは違う位置に置いた事で有利にならないし、全てルールにそった処置でアテストでも自分から申告して認められているので、何も問題ありません。

  • 自分自身でルールを理解し遂行するゴルファーにとって素晴らしい行動であると共にアマチュアにもとっても参考になる行動でした。
    プロはそのプレーはもちろんその行動にプロ意識を持ち例え見られていなくともましてや自分の仕事場であるトーナメントではこうありたいものです。
    昨今隔離ルールを守らず不快な容姿で試合に出るプロや選手を威圧するアンパイヤがいましたがどの立場においてもルールをしっかり理解して守る姿勢がその人の価値に繋がると思います。

  • 最近のプロゴルファーはルーリングの処置をするのに何かと競技委員を呼びつけて処置の仕方を確認しますが、本来ゴルファーは自分でルールを把握して正しく処置を行うべきです。
    今回稲見選手が競技委員に頼らずに正しい処置を行った事はむしろ評価されるべきです。

  • 報道する側も騒ぐ前に行為が正当なものかをきちんと調べてからにしてほしい。
    稲見さんにはなんら問題もない。
    競技委員を呼ぶも呼ばないも自分の責任。
    稲見さんがルールを踏まえて行った行為で何ら問題はない。

  • ゴルフのルールは複雑ですね。
    明確な物と解釈で変わるものがある。
    だから選手もキャディーや競技委員に確認する。
    アテストする前なら罰打だけで失格にはならない場合がほとんどなのでアテスト前に再確認したことは賢明

  • 今年のトーナメントで、同じような事例を見た事があります。
    その際は、選手間で話したあと競技委員を呼んで対応していました。
    競技委員呼ぶ事に対しての賛否両論はよく耳にしますが、認められている権利なので、行使するのは当然だと思います。
    稲見選手が知っていたのは、自ら学んだからより、そのような場面に遭遇したor他の選手から聞いたという可能性の方が高いのではないでしょうか。

  • テレビ放送中ならば積極的に解説すべきです
    その為の解説者ではないですか
    特に我々のよをうにただ観戦のみのゴルフフアンにとっては勉強になります。

  • ルール上正しいならそれでいい。
    JLPGAはテレビを見ていた視聴者からの指摘で罰打を与えるなどの“前科”があるので、疑問には答えても成績に影響させない対応をお願いしたい。