picture

情報元

稲見萌寧が“アルバトロス未遂” 18番で惜しくもピン直撃、実況席興奮「オォー!」
パナソニックオープンレディース最終日

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース最終日が1日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われている。48位で出た稲見萌寧(Rakuten)は1イーグル、2バーディー、2ボギーの70で回り、通算イーブンで順位を上げホールアウトした。18番では“アルバトロス未遂”も。実況席も思わず残念がったシーンを日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が公開している。

稲見が最終日に魅せた。18番パー5の第2打。振り抜かれたボールは絶妙な位置に着弾。そのままカップに向かっていく。歓声も大きくなる中、実況席も「オォー!」と興奮したが、ボールはピンに直撃。惜しくもカップインとはならなかったが、このホールイーグルとした。

入っていればアルバトロスという一打。実際の映像をJLPGA公式ツイッターは「18番セカンドショットがピンに直撃」と紹介した。
今季ここまで優勝はまだない昨季の賞金女王。それでも最終日に観客を沸かせていた。


JLPGAのTwitter



この記事への反応

  • ネットで生で映されたときは、「入る」と思って興奮しましたが、後でプレイバックで見ると、やはりピンに向かうボールスピードが、西郷のイーグルと比べると速かった。
    物凄く精度の高いショットではありましたが、ピンには蹴られたのは仕方ないかという印象です。

  • 今シーズンはあまり調子が良く無いのか他の選手が調子が良いのか。
    今年は勝てない可能性がありますね。

  • 素晴らしいショットで稲見選手応援してますが、INスタートだから最後のホールは9番。

  • 後半戦に向けて期待大。

  • あんだけ 勝っていたのに。
    やはり 優勝は難しいだなぁと思う。

  • もう少し弱かったら入っていましたね。

  • 残念ですが、今シーズンの稲見は、去年とは別人のように、調子が上がりませんね。
    このまま、消えていく選手にはならないで下さいね。

  • 「未遂」って、こういう時に使う言葉ですか?
    イメージ悪くありません?