picture

情報元

宮里藍の父に救われた不登校少年
引きこもり時代から46kg減、生まれ変わった18年物語
初心者16歳受け入れ、プロテスト挑戦、レッスンコーチに

プロゴルファー宮里藍のツアー引退から約5年。父の宮里優氏が勤務する沖縄・名護市の大北ゴルフ練習場では、33歳の男性コーチがレッスンに取り組んでいる。名前は藤原健人(ふじわら・けんと)。京都市に生まれ、16歳の夏、初めてここを訪れた。当時は不登校生。両親から預けられる形でゴルフを始めたが、すぐにアパートに引きこもった。しかし、優氏や練習場の人々からの思いを受け、立ち直ることができた。聖志、優作、藍の宮里3兄妹が注目された頃から続く約18年の物語。取材と証言を基に紹介する。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

大北ゴルフ練習場は、平日も満席になる。近年、沖縄県北部にあった他の練習場が閉鎖になったこと、コロナ禍に伴ってゴルフ人口が増えたことが要因だという。その中で、健人はスクールを持って利用者をレッスンしている。

「僕はどんなレベルの方でもレッスンしますが、7割が初心者の方です。80歳前後の女性で、旦那さんに『ゴルフを始めてみろ』と言われ、初めてクラブを握った方もいらっしゃいます。そのような方にもゴルフの楽しさ、面白さを伝えるのが僕の仕事だと思います。やりがいはすごくあります」

口調は明るく、沖縄なまりもある。利用者の多くは、彼が地元出身だと思っている。だが、健人は18年前まで、京都市の自宅で人目を避けて生きていた。

「小4からの不登校生でした。ぜんそくで2週間、学校を休んだことがきっかけでした。部屋の居心地が良くなり、勉強もしたくない。登校して『サボっていたのか』『珍しいな』と言われるのが怖かったのもあります。高校は小中の同級生がいない学校に進学しましたが、『やっぱり、行きたくない』と部屋にこもりました。そんな生活の中、父親と一緒に行った練習場でボールを打ち、ゴルフに興味を持ちました。そして、藍さんがトーナメントで優勝するシーンをテレビで見て、『ゴルフに打ち込んでみたい』と決意しました」

入門後も1年間引きこもり…優氏が説得「私がついている」

健人は程なく高校を中退し、両親と大北ゴルフ練習場を訪れた。優氏は健人が不登校になった経緯も知った上で、引き受けた。当時、優氏は「宮里道場」の師範として、夕刻から夜にかけて、プロを目指す生徒たちをレッスンしていた。しかし、人と接することが苦手な健人だけは昼間に指導。グリップ、アドレスから教え、スイングの基本を作る「30ヤードのアプローチ」も繰り返させた。

だが、その頃の健人は110キロの巨漢ですぐに疲れ果てていた。早々とゴルフの難しさも知り、考えの甘さを痛感。やる気を失い、ついにはアパートから外に出なくなってしまった。

「練習を頑張れば、プロになれて藍さんのように稼げるという思いもありましたが、とてもかなえられるものではないと気づき、また、自分の殻に閉じこもってしまいました」

1か月、2か月を経ても健人は家から出てこなかった。宮里道場のスタッフが電話をし、アパートを訪れても「行きたくない」。両親が京都から説得に訪れたが、ダメだった。そうして、1年が過ぎた頃、優氏は両親がいる前で、健人にこう伝えた。

「健人、君が入った宮里道場の長期コースはプロを目指すものだが、ご両親がここに来させた理由は、君を人として立ち直らせたい。みんなと一緒に生活をして、笑えるようにさせたい。そういうことで、必ずしもプロにさせようとことではないんだよ。だから、レベルに関係なく、自分のペースでゴルフをすることを考えなさい。ゴルフを通じてマナー、ルールを守ることを学ぶようにしなさい。私がついているから」

その言葉を聞き、健人は顔を上げ、目に力を入れた。数日後には1人で練習場にやってきた。優氏から「よく来たな」と声を掛られると、照れくさそうに「はい。よろしくお願いします」と返答。引きこもり生活を脱した瞬間だった。


やる気になった健人は、朝8時から夜遅くまで練習するようになった。終了後は「家に帰ってもクラブを握りたい」と言い、ゴルフバッグを持ち帰った。体重はみるみる減って90キロに。一方で、ボールを打つたびに顔をしかめるようになった。左手首の腱鞘炎だった。やる気になって体も絞れてきたのに練習ができない……。そこで、練習場の川崎友子代表が、健人に声を掛けた。

「朝、練習場の中を歩いてみましょうかね。私も運動をしたいから」

体重110キロ→64キロ、ラウンド1年でスコア70台に

朝5時30分に集合。2人の早朝ウォーキングが始まった。新たな日課で、健人の意識に変化が出ていた。

「自分のために友子さんが一緒に歩いてくれる。何てありがたいんだ。もう、甘えてはいられない。やらなきゃ」

長年の不登校、引きこもりでついた「どうにかして休みたい」という思いは、消え去った。次第にウォーキングだけでは物足りなくなり、ジョギングも開始した。体重はさらに減り、半年が過ぎた頃には64キロに。ピーク時の110キロから比べると、46キロも減っていた。

そのタイミングで健人は、左手首の手術を受けた。リハビリを経て、右手だけのアプローチから練習を再開。ウェッジのフルショット、アイアン、ドライバーショットと段階を踏んで、ラウンドを開始した。初ラウンドは100を打ったが、腕はグングンと上がり、1年後には70台をマーク。そして、20歳でプロテストを初めて受験した。

現実は厳しかった。テストになると緊張で力を発揮できず、不合格を繰り返した。ツアー予選会(QT)の1次は突破したが、その上に行くことはできなかった。そして、26歳で7度目のテストに失敗すると、優氏は健人にこう告げた。

「健人、君がここに来て10年になった。よく頑張って、人と向き合えるようにもなった。プロテストに合格しなくても、君は既に人生の勝者であり、立派な社会人なんだよ。もう、それでいいじゃないか」

健人は優氏の言葉を受け、ツアープロになることを断念した。悔しかった。情けなかった。と同時に安堵もした。

「正直に言えば、肩の荷が下りました。『プロになりたい』と言って、ゴルフを始めたのは自分ですが、寝ても覚めてもゴルフのことを考え、息が詰まっていたので……」

現在は結婚、一家の主に「宮里道場に入れてくれてありがとう」

1日1000球以上を打ち込み、年間4、5本はフェアウェーウッドのフェースが割れた。パワーヒッターゆえのことだが、大事なテスト前にケガを負ったこともあった。本番ではさまざまなことを考え、ミスがミスを呼んだ。優氏からは「考えすぎだ」と忠告されていたが、自分を抑えることができなかった。

健人はその後、名護市内のゴルフショップで働くようになった。3年後の17年には、大北ゴルフ練習場内でスクールを開校。19年から週3レッスン、週2ショップ勤務のペースになっている。そして、昨年3月には沖縄で生まれ育った女性と結婚。一家の主となった。自身でのプレーが少なくなり、体重は80キロ超になったが、充実した日々を送っている。

「ここに来た時、僕は人が苦手で何もできませんでした。だけど、今は日々、お客さんと接しています。本当に宮里先生、友子さん、練習場の皆さんのおかげで、人生が変わりました。感謝してもしきれません。僕が大変な迷惑をかけてしまった両親には、『宮里道場に入れてくれてありがとう』という思いでいます」


優氏はコーチとしての健人を見て、「私が伝えてきたことを応用しながらも、分かりやすく教えています。感慨深いですね」。川崎代表も「健人は優しいし、熱心なのでお客さんから人気があるんですよ。うれしいです」と喜んでいる。

人生にはいろんな形がある。掲げた目標に届かなくても、努力の過程で手に入れたものはある。健人はそれをかみしめ、感謝し、今後も沖縄で生きていく。

■藤原健人(ふじわら・けんと)
1988年(昭63)7月20日、京都市生まれ。16歳の夏、宮里優氏の元でゴルフを始める。約1年間は引きこもりを経て、練習を再開。ケガを乗り越え、20歳でプロテストを初受験。26歳まで計7度受験も、合格には届かなかった。球筋はドロー。得意クラブは4番アイアン。174センチ、80キロ。血液型A。


この記事への反応

  • 3人の子供たちをトッププロに育て上げただけでなく、1人の人生と一つの家族を救った宮里優さんはすごい人だ。
    常日頃からゴルフの技術だけでなくゴルフを通して人格形成することを心がけているからこそ健人さんを立ち直らせることもできたのでしょう。
    そして大切な場面でかける励ましの言葉にも温かさが満ちていて素晴らしい。

  • 引きこもりの親で、子どもを見捨てれないから、スマホもゲームも趣味も何でも許すんだという人がいます。
    だけど、老後は出て行ってもらうと。
    学校も行かせず、仕事もさせず、好きなことをさせて、いざ40とかになって老後の生活があるから出て行っては、それこそ子どもを見捨てるのに、と思っていました。

  • 漫画で宮里さんのことが連載されているけど、ほんとにその通りの人だね。素晴らしい。

  • ゴルフで人を育てて、人を救い。優さんは素晴らしい。

  • 諦めなかったから今があるんでしょうね。

  • あったかい言葉だね。

  • ご両親に感謝だね。

  • プロゴルファーの成功物語もいいが、こういうストーリーもいいですね。