picture

情報元

女子ゴルフで生まれた超レアなバーディーの瞬間
選手「入って!→え!→入るんかい!」
国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城第2日

女子ゴルフの国内ツアー・ヤマハレディースオープン葛城(静岡・葛城GC、6590ヤード、パー72)第2日は1日、28位から出た西村優菜(スターツ)は4バーディー、2ボギーの70で回り、通算2アンダーで15位に順位を上げたが、14番パー4ではカップの反対側から入る珍しいチップインバーディーを披露。ラウンド後、自身の心情を明かしている。

あまり見られないチップインが決まったのは、14番パー4のグリーン手前からアプローチ。西村が放ったボールはボールを転がり、カップ左の縁をかすめてクルリと回り、後ろ側に回り込むようにしてカップイン。実況席からも「えっ?」と驚きの声が漏れるチップインバーディー。本人も予想外だったようで、一度は座り込み、笑顔を見せた。

日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)公式ツイッターは実際の映像を公開。「反対側のカップから入る珍しいチップイン」と紹介した。すると、これに本人も反応。「入れたいなー→お、いい感じに打てた→お願い!!入って!!→うそーーん!入らんのかーい!!→え!!!入るんかーい!!→やったあ!!!ってな感じ(笑)」と心境を事細かに明かし「明日からも頑張ります」と記した。

このホールではツキも味方し、15位に浮上した21歳。決勝ラウンドでさらなる上位進出を目指す。


JLPGAのTwitter



西村優菜のTwitter



関連記事


この記事への反応

  • 西村さん可愛い

  • 得意のパターが今一外しててバーディーゲット出来てませんのでまだ優勝迄行かないですね!
    あのチップイン、観てましたが最後にコロンと落ちてゲットしましたが彼女の表情の方が面白ろかったです

  • そうそう、傾斜のキツイ上りのアプローチを完全にスライスラインに乗せてカップに向かったけど、僅かに左に外れて、カップを回り込んで真後ろに一瞬は止まってしまった。
    それを見て膝がくっと悔しがったが、傾斜が効いて後にひとコロしてチップインした。
    その前後も3〜4つほど3㎝程度のひと筋で決めきれずに上位にいけなかったが、西村さんは相当小技が上手い。
    シーズンを通して彼女は賞金争いすることだろう。

  • あとはショットが上向けば、今の西郷さんにも十二分に対抗出来る。
    距離感は合ってきたが、まだ少し横ブレがあるので、そこが合ってくれば。

  • 男子プロは、番手も違って距離も違いすぎるから参考に出来ないけど女子プロは我々アマに近い番手を持つからスイングの参考になる。
    みんな綺麗なダウンブローだもんな。
    特に年寄りの癖強スイングの後見ると目の保養になる。

  • 傾斜が強いとたまにそうなるよね

  • すんのーかーい、せんのーかーいと同じ感じやん

  • 笑顔でよく耐えていた西村に対する「我慢と辛抱の神様」からのご褒美。