picture

情報元

堀琴音がツアー2勝目 1打差で逃げ切り
◇国内女子◇Tポイント ENEOS ゴルフトーナメント 最終日(20日)◇鹿児島高牧CC (鹿児島)◇6419yd(パー72)

単独首位で出た堀琴音が3バーディ、1ボギーの「70」として通算9アンダーで逃げ切り、優勝した。2021年7月の「ニッポンハムレディス」に続くツアー2勝目を手にした。

前週は2位で惜敗していた。優勝スピーチで「こんなに早く2勝できると思っていなかったので、うれしい」と話した。

西村優菜と葭葉ルミが1打差の通算8アンダー2位。昨年6月のプロテストに合格した内田ことこが7アンダー4位で終えた。

高橋彩華が通算6アンダー5位。5アンダー6位に上田桃子、森田遥、吉田優利が並んだ。

ツアー23勝の横峯さくらが通算4アンダー9位で、国内ツアーでは2018年3月「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」以来となるトップ10入りを果たした。

西郷真央は「69」で通算3アンダーの10位で終え、連続アンダーパー記録を26試合に更新した。前年覇者の小祝さくらが同順位で並んだ。

<主な上位成績>
1/-9/堀琴音
2T/-8/西村優菜、葭葉ルミ
4/-7/内田ことこ
5/-6/高橋彩華
6T/-5/上田桃子、森田遥、吉田優利
9/-4/横峯さくら
10T/-3/西郷真央、小祝さくら ほか


関連記事


この記事への反応

  • 堀選手優勝おめでとうございます。
    10番でボギーを叩き、一時内田選手に逆転もされましたが、焦らずパーを重ね、バーディーを取りたい16番でしっかりバーディーを決め、微妙な距離が残った17番のパーパットを凌いで勝ち切りました。
    先週も優勝争いしてましたし、この勝ち方が出来るのなら、3勝目も近いと思いますし、年間ランキングも上位に食い込めると思います。

  • おめでとうございます。
    最終日最終組みのプレッシャーの中、最後一打差で逃げ切るとは本当の強さがなければ出来ないと思います。
    それにしても最後まで安定したショットでした。
    あの高いトップから縦に振るショットは昨日一昨日の風にも負けませんでしたね。そして、パットも上手い。
    これからも楽しみですね。

  • 堀さんおめでとう!
    2回目勝てたら、次も早いかも。今年は本当に安定的。
    西村さんの追い上げはさすが。これで3週連続ベスト10入りとは。5勝目も近いでしょう。
    葭葉さんも久々の争いでした。
    復活の優勝も期待出来そうです。

  • 2勝目おめでとうございます!
    ショットの安定性だけでなく、痺れるシーンでのパーセーブを見ていて、精神的にも強くなり貫禄さえ感じました。
    7番や、終盤は17番のパーパットも。
    この安定感ならば今年は賞金王にも絡んでくるかもしれませんね!

  • 優勝おめでとう。よく耐えたね。
    16番のバーディは執念だ。毎週女子は面白い。
    来週も激戦でしょう。
    これからも応援します。頑張って下さい。

  • 2勝目おめでとうございます。
    辛い時期を越えて完全に復調しました。
    これからも応援します。
    パットする直前に左手を口にもっていく仕草がらいいです。

  • 先週に引き続き、朝から釘付けでした。
    自分のことのようにハラハラドキドキでした。
    熱烈堀琴音ファンとして、最高の日でした。
    こっちゃん優勝おめでとう️

  • 琴音さん優勝
    おめでとう️嬉しい