picture

情報元

出産後もプレーする「さくらはすごい!」
宮里藍が語る世界のゴルフ、ママさんゴルファー
2017年限りで現役を引退した元世界ランキング1位の宮里藍は、昨年12月に第一子となる女児を出産。12日に行われたジャパンゴルフフェアでは、出産後初の公の場に登場し、取材に応じた。

現在は育児がメインの生活で、今年に入って「9カ月ぶりに練習場でボールを打てた」と自身でクラブを握る機会はめっきりと減った。それでも米国女子ツアーのテレビ中継は見ているという。
「本当に飛ぶ時代なので、自分がやっていたときとは景色が違う。狭いエリアにピンが振ってあっても、そこに止めてくる。すごい時代になった」。宮里自身も米国女子を主戦場とし、2010年には世界ランキング1位の座についた経験がある。画面を通しても当時とは世界が変わり、パワーゴルフ全盛になっているという。

そんな時代でも昨年は笹生優花と畑岡奈紗が「全米女子オープン」で1、2フィニッシュ。東京五輪では稲見萌寧が銀メダル獲得と、世界の舞台で日本勢の活躍が目立った。「うれしいのひと言。シブコちゃん(渋野日向子)の活躍も大きかったけど、日本人でもメジャーが取れる、という風に(世界へ挑戦する)若い子が増えていくのがすごい楽しみです」と今後さらに世界と戦う日本勢へ期待した。

また、東京五輪は現地に訪れていた。「新しいゴルフの歴史が増えていくのかなと、肌で感じていて、萌寧ちゃんがメダルを取ったので、いいなと思う選手も増えると思うし、五輪の位置付けが変わると思います」と、大会の盛り上がりを肌で感じ、5大メジャー競技だけでなく選手が目指す大きな舞台になると語った。

国内女子ツアーに目を移すと、昨年は若林舞衣子が出産後ツアーに復帰して“ママさんV”を遂げ、宮里と同じ年の横峯さくらも出産後、QTを突破して今でも永久シードを目指して一線で戦っている。出産を経験した宮里は「自分が当事者になって、本当にすごいことをやっているんだなと、身をもって感じています。うれしいですよね。プロとしてやるのは難しいしハードルは高いと思いますが、若い選手にはチャレンジしてもらいたい。かっこいいと思います」と話した。

自身の現役復帰については「そこは無理無理」と即答。「でも(横峯)さくらが続けていくこと自体がいい意味で予想外のこと。モチベーションがなくなったら、パッと辞めちゃうのかなと思っていたけど、結婚して、子供を産んで、また日本でも活躍していきたいって。人って状況によって変わっていくんだなと、彼女を見ていて思いますよね。自分も経験したことのないステージを経験してくれているので、すごく応援しています」と、旧知の仲の友人にエールを送った。



関連記事




この記事への反応

  • さくら咲く!本当に子育てに練習、ツアーと頑張っています。
    産後筋肉が落ち、飛距離も落ちトレーニングがここまで道のりは大変だったと思います。
    J LPGAで出産後の優勝はわずが6名
    成し遂げて、アメリカと同様、託児所を作り、産後の女性が活躍できる場を作って欲しい。

  • たとえ何週間でも世界ランク一位頭が下がる。
    アイちゃんはじめこの世代が日本女子のレベル、人気を持ち上げてくれた事に感謝しかない。
    若い力が沢山出てきて楽しみしかない。
    みんな頑張れ~。

  • 横峯さくらさんには絶対優勝して欲しいと願う一人です。
    宮里藍は現役復帰は絶対無理です。
    それだけ横峯さくらさんが凄いと言う事です。

  • この記事に出てくるプレーヤーは、横峯以外、みんな宮里さんを見てゴルフ始めた、もしくは目標は宮里さんなんじゃないかな。
    今日の躍進の源流は間違いなく「宮里藍」。

  • 宮里さんには是非、子どもたちの為のゴルフ教室を開いてほしい。
    ゴルフの裾野をどんどん広げる役割にピッタリだと思う。

  • アスリートの女性は子ども産むと「ママさん」だけど男性は「パパさん」て呼ばれないよね、どんなに子育てしても。

  • 横峯さくらは優勝すると信じている一人です
    彼女のメンタルは飛び抜けている
    体力さえ戻れば

  • この人の存在がなければ"黄金世代"なんて存在しなかったといっても過言ではないですよね。
    大半の選手がこの人に憧れてゴルフを始めてる訳ですから。