picture

情報元

初Vの西郷真央が32位に浮上 先週初戦の渋野日向子は44位にダウン
7日付けの女子世界ランキングが発表された。先週の米ツアー「HSBC女子世界選手権」を制したコ・ジンヨン(韓国)が1位をキープ。2位のネリー・コルダ(米国)、3位のリディア・コ(ニュージーランド)のトップ3に変動はなかった。

日本勢最上位は8位の笹生優花。畑岡奈紗が先週と同じ9位に続いている。古江彩佳は1ランクダウンの16位。稲見萌寧は2つ落として18位になった。

先週の国内開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で初優勝した西郷真央は、37位から32位に浮上。同大会3位の西村優菜も40位から38位に順位を上げた。

今季初戦となったHSBC-で47位となった渋野日向子は、2ランクダウンの44位。以下、小祝さくらが62位、山下美夢有が65位、勝みなみが67位と続いていく。



関連記事




この記事への反応

  • 優勝した西郷さんは大幅アップ、3位の西村さんも2ランクアップ。
    この2人は全海外メジャー出場資格を得られる30位以内を目指すことになる。
    稲見さんも順位まずまずだったけど、やはり10位前後は分母も大きくなるから、ランク下げちゃいますね。

  • 西郷さんはまだまだ上がりますよ。渋野さんは今が正念場ですね。
    今週の試合もcmeポイントは付きませんが、何とか20位以内には入って欲しいものです。

  • 最高の良い笑顔ですね。
    改めて優勝おめでとうございます!
    益々世界位ランキングも上げていくでしょう。

  • ポイント制度がよく分からないが、取り敢えず国内の試合でも上位に入れば、ランキング上がるのは安心した。

  • 黄金世代?もそろそろ世代交代が始まって、安々と勝てなくなったということでしょう。

  • 西郷は今年の賞金女王の最右翼ですね!
    渋野はスイングを元に戻せば復活ありと思う!

  • いつ勝ってもおかしくないと言われながらハードルを超えられなかった西郷選手ですが、これで一気に複数回優勝も期待できそうですね。
    昨年ブレイクの山下選手(左隣)がやけに垢抜けてしまった?のは、髪の色だけが原因でしょうか?

  • 真央ちゃん、まだまだ上に行くよ。