picture

情報元

小祝さくらが辻村明志コーチの元を離れたと明かす
プロ転向前から師事もスイング悩み
国内女子ゴルフツアー開幕戦ダイキン・オーキッド・レディースの練習ラウンドが1日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で始まった。昨年大会優勝者で昨季賞金ランク3位の小祝さくら(23=ニトリ)は練習ラウンド後、会見に出席。昨年限りで、プロ転向前から師事した辻村明志コーチ(46)の元を離れたことを明かした。

小祝は「辻村プロに習っていなければ、プロテストに受かっていなかったと思うし、昨季(5勝した)自分もなかったと思う」としながら、離れた理由の1つにスイングに関する悩みを挙げた。

「ドライバーもアイアンも右にも左のも行っていた」という昨季は、必要以上のフェースローテーションをしてしまうジュニア時代からの悪癖が出ていた。「オフはそれをしないように練習してきた。今は70%ぐらいです」と話した。

今後は独力で、と言えばそうではない。「ジュニアの頃からずっと誰かに教わってきたので」と言い、ユーチューブを中心に新コーチを物色中。現在は兵庫・芦屋市在住のティーチングプロ・吉田直樹氏に「お試し」でお願いしているとか。

コーチは変わっても、のんびりしたしゃべり方、ソフトな雰囲気は相変わらずだ。開幕に向けた感想を聞かれると「リコー(21年最終戦)が終わって、ここまで一瞬で“もう開幕か”って感じです。まだオフでいたいですね」とニッコリ。1年前の優勝時は、年頃の女性らしく自分へのご褒美に「電気バリブラシを買います」と明かした。大会2連覇を達成したら、と問われて「最近キャリーケースや、欲しい新作のバッグがあったんですが、ブランドものなら何十万円もするし…。だから買うのはやめました」。今季の目標を「前半戦で1勝、年間で複数回優勝」とし、マイペースで戦っていく。


この記事への反応

  • 欧米ではコーチを変えることはよくあることだから騒ぐ事でもない。 ただ彼女の場合はショットってよりも、半ば無理やり使わないといけない雰囲気になってるパターが問題。 明らかに入らなくなってる。

  • 辻村はかんじんなところで頼れない。上田ばかりだった。
    コーチは変えて正解です。
    三觜ような真面目なコーチが良い。

  • パターを変えて、全体的な重量バランスが悪くなったのでは?
    高いパターがいいとは言えない。
    もとにもどせば。

  • いろいろ試したらいい、まだ若い

  • イメージからして、ちょっとビックリ!
    終盤戦で絶不調に陥った時に何かあったのかな?
    けど、思いきった決断だわ!
    良いコーチに巡り会えれば良いけど……?

  • 何を言ったところで、「今はこのコーチじゃダメ」ってことを突き付けたってことだからなぁ。
    キビシイィ~。

  • 縦距離全然合わないからキャディーを先に変えないといけませんよ。

  • 突然コーチ離れる小祝
    決断は...やっぱり「こィわーい」