picture

情報元

渋野日向子が29位タイ後退で米ツアー出場権獲得に暗雲
古江彩佳は5位タイと上位キープ
<Qシリーズ(後半) 3日目◇11日◇ハイランドオークス(米アラバマ州)◇6677/6356ヤード・パー72)>

8日間144ホールに渡る米ツアーをかけた戦いは7日目の競技が終了。7位タイから出た渋野日向子は1バーディ・4ボギー・2ダブルボギーの「79」とスコアを大きく落として、トータル7アンダーの29位タイと出場権獲得に暗雲が立ち込めた。

一方の単独5位から出た古江彩佳は苦しみながらも2バーディ・2ボギーの「72」にまとめてトータル16アンダーの5位タイと上位をキープしている。


首位に立つのはトータル32アンダーのポーリーヌ・ルサン-ブシャール(フランス)。4打差の2位にアン・ナリン(韓国)。2018年に日本ツアーのシードを獲得した経験のあるカリス・デイビッドソン(オーストラリア)はトータル9アンダーの22位タイにつけている。

このQシリーズで45位以内に入れば出場有資格者のカテゴリーに入ることができ、およそ今回の最終予選会で20位までに入れば、前半戦のある程度の試合に出場が可能といわれている。もちろん、上位になるほど出場できる試合数は多くなる。


関連記事


この記事への反応

  • 昨日までの好調さが嘘のような大叩きでしたが、まだ1日あります。
    何とか踏ん張って順位を上げて通過してほしい。頑張れ渋野!

  • ブレ幅が大きいなぁ。マネジメントなのかな。古江選手に比べ安定感が・・・。古江選手の落ち着きが欲しい。

  • 言わんこっちゃない。
    条件が悪いのはわかるがマネジメントを優先させたゴルフができていない。
    最終日リスクを覚悟したゴルフをやるしかない。
    結果45位以内も取逃がしたら日本で頑張ればいい。
    でも古江は心技体とも素晴らしい。

  • 最終日どちらが出るかで上位で終わるかまだまだ下位に下がるか決まるね。
    厳しい状況になりましたな、まさか79はあかんだろう。

  • 全英で勝った時に米ツァーに登録しとけば良かっただけ。プロなんだから、大きなチャンスはものにしないといけない。
    畑岡のメンタルとはかなり違う。
    こりゃ厳しそうだな。

  • 今日もWOWOWで観戦しました。シブコを応援してるけど、古江の方が大人だと感じたな。落ち着いている。
    18番は解説陣も言っていたように、キャディがコントロールしないとね。
    でも一打で順位は大きく変わるし、明日期待してます。
    悔いのない戦いを!

  • プロの世界は、結果が全て!
    実力のある者のみが勝ち上がる。
    今の古江と渋野の成績もその理屈がそのまま反映されているのだろう!

  • ドラマ的には最終回を迎えるに当たり絶体絶命の大ピンチがおとずれた、最後は、どうなる!といったところでしょうか。
    古江は安定の定番時代劇、渋野はサスペンスドラマ。