picture

情報元

来季出場権を争うQTで…
2019年プロテスト合格選手が『不当な遅延』で1罰打
<JLPGAクォリファイングトーナメント 最終ステージ 2日目◇1日◇葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース (静岡県)◇6412ヤード・パー72>

初日を1アンダー・30位タイで終えた劉依一(中国)に、『規則5.6a 不当な遅延』の違反が認められ1罰打が科された。これもあって2日目のスコアは「80」。トータル7オーバー・77位タイまで順位を落とした。

この日、午前9時20分に1番ティからスタートする予定だった劉は、その時間にティイングエリアにはいたものの、すぐにプレーを始められる状態ではなかったとして、ペナルティを受けた。来季の前半戦にフル出場できると見込まれるラインは30位程度。強く吹いた風にも苦しめられるなか、痛恨のミスになった。

劉は2019年のプロテストに合格。その後、国内ツアーでのプレーはしておらず、ここで来季出場権の確保を目指している。

■規則 5.6a プレーの不当の遅延
プレーヤーは、ホールのプレー中、またはホールとホールの間のいずれでもプレーを不当に遅らせてはならない。


関連記事


この記事への反応

  • トイレに行ってそれで間に合わなかったとのことだけど
    スタート時間わかっているのだから間に合うように準備しておかないとダメだわな。

  • 前日にはその時間にスタートすることは分かっているから生理現象はしょうがないってことは理由にならない。
    トイレに行きたいから試験の開始時間を遅らせてと言ってそんなお願い通用しますか?

  • 判断が難しいな、
    小だったらちゃんとスケジュール管理しなよって思うけど、
    大のほうはコントロール外に来る場合もあるからね

  • 緊張から急にトイレ行きたくなるケースはある
    ただメンタル面も含めたQTであるから、仕方ない

  • ゴルファーとして話しにならないですね!
    スタート時間に居ないって…結構イライラしますよね

  • 何時間も前、というか前日からスタート時間決まっているのに、なんで直前にトイレ行くかね。

  • 失格にしなかったのは、温情だと思いますよ。

  • 生理現象は「不当な遅延」と見なされるべきではない。