picture

情報元

あす来季出場権かかる国内女子の最終QTスタート 横峯さくら、成田美寿々らに加えルーキーも参加
<JLPGAクォリファイングトーナメント 最終ステージ 事前情報◇葛城ゴルフ倶楽部 宇刈コース (静岡県)>

あす30日に来季のツアー出場を大きく左右する、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のクォリファイングトーナメント(予選会、QT)が行われる。ここには先週行われた第1ステージ通過者に加え、今季シードを失った選手ら計96人が参加を予定する。

前日の29日には初日の組み合わせも発表された。主な参加者には、ツアー13勝の成田美寿々や、同2勝の福田真未、同1勝の葭葉ルミや新垣比菜ら長年シード選手として活躍した名前も。また国内本格復帰を目指す横峯さくらも、第1ステージを突破し来季出場権を目指す。

そして今年のプロテストに合格した選手たちも、本格参戦に向けてここでの上位進出に意気込む。6月に入会した岩井明愛、千怜の双子姉妹や、11月に行われた2021年度テストでトップ合格者を果たした現役高校生の尾関彩美悠、佐藤心結もその一員。これらの選手は1年間のステップ・アップ・ツアー(下部ツアー)出場権は約束されているが、やはり初年度からレギュラーツアーで活躍したいところだ。

例年ここで上位35位前後までに入った選手は、翌シーズンの前半戦(第1回リランキングまで)の試合にほぼ出場できている。


関連記事


この記事への反応

  • シード落ち組vsプロテスト合格組vsステップの上位勢vsその他が4日間、来年の仕事場や選手生命を懸けての真のサバイバル戦。
    ゴルフ好きなら応援してる子も居るだろうし、最終日はライブ中継があっても良いくらいの好コンテンツだ。

  • しかし凄い方々がチャレンジしてるな!
    もう一度舞台にたって活躍する姿を見たい!
    そしてシード復活

  • ここで多くの新人が上位でなければ、今後の女子ツアーは危ぶまれるね…

  • シード落ちした方々、競争激しいから何人がシード復帰できるんだろうね。
    先期の調子ならQTで上位に入っても厳しそうだね。

  • 勝負の世界の厳しさ、過去何回優勝とかプロ初心者とか関係ない。
    力のある者が上に行ける厳しさ、皆に頑張って貰いたいがそれは出来ない、皆生活がかかっているからね。

  • 今年のQTはコロナの影響で2020~2021シーズンが統合され2020年分の最終プロテストが今年6月2021年度分が例年通り日程で行われたために実質新人だけで例年の倍の人数がいる訳でビックネームも油断は出来ないよな

  • QTはトップになる必要はなく、プロテストと一緒で通過することが大事。
    配信があれば、ぜひ観たいけど、まあ無いですよね。

  • 今年のプロテスト合格組が何人レギュラーツアーに出れるか楽しみです。