picture

情報元

米102歳ゴルファー、怒りの“クラブ投げつけ”に逆に称賛「こんな男になりたい」
米102歳男性の取った行動に注目「親近感凄い」

米ゴルフで102歳のゴルファーが再び脚光を浴びている。米メディアが動画を公開。悔しくてクラブを放り投げる姿に対し、フォロワーから「こんな男になりたい」「人生の目標だ」とコメントが相次いでいる。

ゴルフにおいて、正しい行いではないのかもしれない。でも、いくつになっても悔しいと思えることが素晴らしい。ティーグラウンドに立つ年配の男性。セットした球をアイアンで振り抜いたが、低い弾道で目の前を転がっていったようだ。すると、突然両手で握ったクラブを頭上に振り上げ、怒りをぶつけるように地面に投げつけた。納得がいかなかったようだ。

動画を公開した米スポーツ専門局「NBCスポーツ」公式ツイッターは、文面に「102歳。人生一度きり!」と記して投稿。年齢関係なく悔しがる様子に対し、米ファンからは「爆笑だ」「親近感凄い」「何歳になってもゴルフは不満が溜まるものなんだな」「最高」「人生の目標だ」「こんな男になりたい」と称賛を込めた声などが上がっている。

2020年7月にも米専門メディア「ゴルフ.com」に注目された動画。当時102歳の男性「ドクター・レマク」さんについて「この102歳は、あなたと同じように悔しがる」「ゴルフは2歳や52歳、102歳でもプレーできる。年齢制限などない。明らかに、ゴルフの不満は一生モノのようだ」などと紹介していた。


NBC SportsのTwitter



この記事への反応

  • 102歳でゴルフが出来る事に先ずは感謝ですね。

  • スイングが素晴らしいです。
    100歳超えても実力者なのでミスしたときは悔しいのでしょう。
    最高です。

  • 102歳でゴルフに行くだけでもすごいのに、スイングも凄いキレやん。
    超人やでこの人。

  • 自分も長生きできたら、エイジシュートの可能性出てくるのかなと思いました。

  • 私はいくつになってもマナーを守ってゴルフを楽しみたいです。

  • 私が通い始めたゴルフアカデミーに93歳の生徒様がいらっしゃいます。いつもビシッと髪に櫛を通された上に練習にも綺麗なポロシャツを召されている素敵な方。
    素晴らしいのですが、先月のコンペに自分で車を運転されて来られているのです。
    しかも車にナビが無いらしくて、地図を印刷して欲しいと、、、前回コースに遅刻されておりました。スマホも持っていないらしくて連絡も出来ない。
    事故が起こる前に対処いただきたいです。

  • 元気すぎるやろー
    この時は怒ってるけど楽しい生活だろうなあ