picture

情報元

男子ゴルフの晴れ舞台に“水差した”石川遼の謝罪会見
スポンサー側は困惑「プロアマには呼ばない」
男子ゴルフの欧州、日本両ツアーが初めて共催する新規大会「ISPSハンダ 欧州・日本どっちが勝つかトーナメント!」が来年4月21日から4日間、茨城・PGM石岡GCで開催されることが24日、発表された。

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の41人、招待選手8人を含む132人が出場。賞金総額は約2億2000万円、優勝賞金は約4000万円となる見込みで、日本と欧州両方の賞金ランキングにも加算される。

一方でこの日、高知県内では国内ツアー「カシオワールド・オープン」開幕に先立ち、1カ月の出場停止処分中の石川遼(30)が謝罪会見。米国から帰国後の自主隔離期間中の不適切行動について、初めて自らの口で説明して頭を下げた。

晴れの発表の場が同じ男子ゴルフの不祥事に水を差された形となり、タイトルスポンサーのISPSは困惑顔。半田晴久会長(70)は「石川遼君の責任よりも事務所の意向。JGTOも寝耳に水だった。遼君は善良な心を持ったいい人間だけど、事務所の都合で突っ走ってしまった。タイミングと情勢の判断が足りなかった」と苦言を呈した。

さらに「この大会のためにどれだけ努力してきたのか苦労も知らず、自分の都合でやるのはわかっていないし、言う人もいない。『これは失礼だったんだよ』とわかって頂くために、プロアマ(4月20日)に石川君は呼ばないようにしようと思っている」と話した。



関連記事


















この記事への反応

  • 新しいトーナメントはJGTOにとっても喉から手が出るくらいほしい、大切なものでしょ?
    謝罪会見とのバランスがとれなかったJGTOに問題あるんじゃない?
    謝罪会見が急に決まったものであったとしても、結局全体コントロールする人がいない組織が問題だと思うけど。

  • 記者会見の前日に石川は青木に報告してるんでしょ?
    JGTOとして24日の予定くらい把握してたはず。
    それを石川側に何の相談もしていないというのは組織としてどうなんでしょう?

  • 石川は前にもISPSの試合蹴って半田会長を怒らせた事あったね。人気ない男子ツアーをなんとかしようとしてくれてる人にまた後足で砂をかけてしまった。
    事もあろうに欧州ツアーが日本で開催される歴史的慶事に、石川のつまらんなんちゃって謝罪会見をぶつけてくるとは。
    そういえば松山がアマチュアとして2年連続マスターズ予選突破の快挙を達成した時も、突然婚約発表して松山関連の報道を全部潰したのも石川遼。
    あの報道妨害は電通の仕業かもしれないけ本当酷かった。

  • 男子ゴルフの欧州、日本両ツアーが初めて共催する新規大会を作る事は大変な事
    晴れの発表と同日に石川遼の謝罪会見
    そりゃ主催は怒るやろ
    石川遼に取り巻く電通vs宗教団体になるね

  • 謝罪会見がツアーの記者会見に被ってしまったのか、
    ツアーのスポンサーが怒るのは当然だろう、
    この前まで選手会長たった石川遼が、
    ツアーの足を引っ張った。
    どうした、すべてに頓珍漢な30歳、
    アメリカツアー参戦で他の事まで考える余裕がなくなったのか。

  • 主催者や協賛、そしてファンをもナメてるJGTO。選手会の権限が大きく選手ファーストなJGTOのズブな怠慢体質。
    半田会長は以前からその問題に正面からぶつかってきていた。
    そして欧州ツアーとの共催という大発表にカブされては、、、な。

  • JGTOが無能すぎる。
    新トーナメントの発表は今の男子ゴルフ界にしたらうれしい事だし
    しかも欧州ツアーでしょ。
    石川の謝罪会見はもっと早くできたはずだし。だから試合数が増えないんだよ。

  • JGTOて青木が会長でしょ!
    以前もスポンサー怒らしてトーナメントなくなったんだよね。
    危機管理出来てないんだと思う。