picture

情報元

石川遼「遅すぎる」謝罪会見のナゼ…自主隔離違反で謹慎中、透けるメインスポンサーの思惑
「なぜ今なのか?」

そう思ったファンは多いだろう。

先月、米国から帰国した男子ゴルフの石川遼(30)は、自主隔離期間中の違反行動が発覚。日本ゴルフツアー機構(JGTO)から1カ月の出場停止処分を受けて、現在は謹慎中だ。


その石川が24日、翌日開幕のカシオワールドオープンの会場(高知・Kochi黒潮CC)で謝罪会見を行った。濃紺のスーツに、トレードマークの頭髪を後ろで束ねた姿で会見場に現れ、頭を下げた。

それにしても、だ。この一件が明るみに出たのは11月8日午前。写真週刊誌「FLASH」の電子版だった。石川は翌日、事務所を通じてお詫びの声明を発表しただけ。この日の謝罪会見は遅すぎる印象は拭えない。

その点について石川は、「時間がたつにつれ、自覚が甘いかもしれませんが、『自分の口から直接説明、謝罪をした方がいい』と思い至った」と説明したが、どうにも腑に落ちない。

あるツアー関係者は「今週の大会主催者は石川の所属先ですから」と、こう続ける。

「本来、石川は大会を盛り上げるべきホストプロです。今回の不祥事で逆に迷惑をかけた。カシオ計算機と石川の契約は来年の3月末までだが、カシオには契約を続けるのか?という問い合わせが結構あったそうです。事件の質は違いますが、東京五輪競泳代表の瀬戸大也は不倫問題で所属先のANAから契約を解除されています。石川とすれば、もっと早く会見を行いたかったのかもしれませんが、2週前の三井住友VISA太平洋マスターズ、先週のダンロップフェニックスの週に会見をやれば、そちらに迷惑がかかる。カシオは自分の大会会場で石川の禊をすませ、契約継続を発表し、今回の問題にケリをつけたかったのでしょう」

カシオ計算機(株)同日、ホームページに「当社所属石川遼選手に関するお詫びとお知らせ」を掲載。石川との契約継続を発表。石川が期待を裏切ったのは多くのファンだけではない。


関連記事
















この記事への反応

  • スポンサーからの会見要請で動いたんでしょう
    普通ならJGTOの役員を辞める時に会見を開きますよね
    良いときは公に過ちのときは控えめに。

  • スポンサーが契約を継続するのは異論ありません。
    社内で議論された結果でしょう。
    石川選手の謝罪は遅く、自主隔離の誓約書を書いておきながら、謝罪コメントでは問題ないと思ったと言われていました。
    マスコミやスポンサーが石川選手を特別扱いし過ぎるから、自分は特別な人間だと思い込むのだと思います。
    勘違い甚だしい本人にも非はあると思いますが、現在契約中のスポンサーやマスコミも問題なのではないでしょうか。

  • 石川氏の謝罪会見は遅すぎでまた、カシオの大会が実施する高知ゴルフ場で行った。
    ホストプロだからという。
    本来は、JGTO事務所またホテルなどで会見すべき。

  • 遼がこれほど騒がれる選手ですかね。
    元副会長とは言え今は二流選手でしょ
    相撲協会の厳罰とは違いゴルフ会はあまりにも甘ですね!
    男子ゴルフ会も人気は下がる一方ですね。

  • 謝罪会見まで2週間近くかかって、しかもカシオ開催地の高知で会見するのは明らかに裏がある。
    今回の会見もゴルフファンに対する謝罪ではなく、スポンサーに対する謝罪であることは明らかである。

  • イメージを大切にするならば、あの容姿では寧ろマイナスイメージと思う。
    「ハニカミ」を払拭したいならば、まずはぶっちぎりの成績でマスコミを始め周囲を黙らせたらいい…出来るのであればね。

  • ホストの大会に泥を塗るような結果になってしまった。
    それでもスポンサーが継続して支援すると表明してくれた。
    どれだけ罪深い事だったのかと自らを律する事。
    やはり、あの会見の場にあの髪型は無いと思う。

  • 他大会に配慮したというより、カシオとしては話題性、宣伝効果を狙ったんじゃないか。