picture

情報元

副賞に“高級車”が減ってきた事情
それでもトーナメントやプロをクルマ業界がサポートするワケ
特に高級車ブランドにとって、ゴルフファンは最高のターゲット

自動車ブランドがゴルフトーナメントやプロゴルファーのスポンサーとなる例は少なくありません。

例えば、11月11~14日にかけて開催された伊藤園レディスゴルフトーナメントでは、トヨタ「カローラクロス ハイブリッド」が副賞として用意され、また、11月4~7日にかけて開催されたTOTOジャパンクラシックでは、優勝した古江彩佳選手が見事メルセデス・ベンツ「CLA」を手に入れています。

このように、自動車ブランドが大会のスポンサーとなり、クルマを提供するゴルフトーナメントは少なくありません。

さらに、選手個人をサポートする例も多く見られます。例えば、レクサスが2014年から松山英樹選手と所属契約を結んでいるほか、メルセデス・ベンツ(日本法人)は稲見萌寧選手をはじめとした多くの女子プロゴルファーをサポートしています。

それ以外にも、メルセデス・ベンツの日本法人は、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)や日本ゴルフツアー機構(JGTO)のオフィシャルパートナーとして、ゴルフ界全体へのサポートもしています。

このように、自動車ブランドとプロゴルフ界は切っても切れない関係にあると言えますが、その背景にはどんな事情があるのでしょうか?

まず一般的な話としては、プロゴルフのファン層と自動車ブランドがターゲットにする層が非常にマッチしているという点が挙げられます。

人生の中でも最も高額な買い物のひとつであるクルマは、新車の場合は安くても150万円~、高級車ブランドともなれば1000万円を超えることも珍しくありません。

高額車となればなるほど、そのターゲットも限定されるので、テレビCMなどで多くの人にアピールするよりも、ターゲットが密集しているところにアプローチすることが重要となります。

そんな中、高級車のメインターゲット層である30~60代の富裕層の男性をファンとして多く抱えるプロゴルフツアーは、ブランドをアピールするのに絶好の場だと言えます。

また、ゴルフトーナメントに関心の強い人は実際にゴルフをプレーする場合も多く、ゴルフ場への移動はクルマで行うことがほとんどであることから、ゴルフファンにはクルマのユーザーが多いことが容易に想像できます。

このように、ゴルフファンは自動車ブランド、特に高級車ブランドにとってのターゲットと重なる部分が大きいため、ゴルフトーナメントやプロゴルファーへのスポンサードは大きな意味があると言えます。

若者へのアプローチの場としてもゴルフが有効に?

要するに、ゴルフファン=富裕層という点が、特に高級車ブランドがゴルフトーナメントやプロゴルファーをスポンサードする大きな理由のひとつです。

これは高級車のマーケティングを行う人からすれば長らく常識とされてきたことでもありますが、近年では少し事情が変わりつつあるようです。

自動車業界に詳しいある広告代理店関係者は次のように話します。

「ここ数年、ゴルフ場へ足を運ぶ20代が相対的に増えつつあります。その背景には、コロナ禍で海外旅行などが制限される中、“密”が避けられるゴルフ場に注目が集まっていることや、これまでメインユーザーとなっていた年配層が自粛ムードで外出を控えていること、そしてそれを受けて多くのゴルフ場が若年層や初心者層へのサービスを強化していることなどが挙げられます」

「一方、自動車ブランドの多くは、いかに若年層に興味を持ってもらえるかという点を課題としています。少子高齢化が進む日本では、クルマを買える余裕のある20代へアプローチしなければ、先細りになってしまうことは明らかだからです」

「もちろん、クルマは高価なものですから、20代であれば誰でも良いわけではありません。ある程度の収入に加え、どうせクルマを買うならちょっといいクルマに手を伸ばしてみようというマインドも重要です。その点、やはりゴルフに関心のある層は、自動車ブランドから見ても最高のターゲットであると言えます」


実際に、最近のゴルフトーナメントの副賞となるクルマは、上述したカローラクロス以外にも、ホンダ「ヴェゼル」やスバル「フォレスター」など、いわゆる高級車ではない、20代でも手の届きやすいクルマが並びます。

高級車の代名詞と言えるメルセデス・ベンツでも、ゴルフトーナメントの副賞としているのは上述のCLAのほかに「Aクラス」や電気自動車(EV)の「EQA」など、ラインナップの中でも最もコンパクトなモデルが多くなっています。

「若者のクルマ離れ」が叫ばれる昨今ですが、クルマを購入できる20代は決して少なくありません。近年では、自動車ブランドがそうしたターゲット層にアプローチできる場としても、ゴルフトーナメントやプロゴルファーへのスポンサードが行われているようです。

ゴルフトーナメントやプロゴルファー側からしても、スポンサーによるサポートは必要不可欠です。そういう意味でも、自動車業界とゴルフ界は切っても切れない関係にあると言えそうです。


関連記事




この記事への反応

  • 副賞の車か、相当分の金額を貰うか選択が可能。
    クルマを選んでもオプションや諸費用は選手負担。
    安いクルマだった場合はお金を選ぶ。

  • 比較的手頃な車は広告費として十分役割を果たしているんじゃないかな。
    TV中継で高級車が映ると夢があるな〜と感慨深く見ることもあるが一般大衆車が副賞だとそんなもんか〜って感じるのも確か。
    まあどう捉えるかなんて受け取り手次第だからね。

  • 先週原英莉花が貰ったBMWは一千万以上するようだけど、確かに日本車の副賞が増えたですね。
    一年に一回優勝するなら乗り換えてもいいだろうけど、
    稲見のように何勝もした選手は換金してるだろうな。

  • 昔のゴルフ場の駐車場には高級車ばかりが並んでいましたが、今では大衆車はもちろん軽四なんかも普通に並んでいます。
    特に衰退が著しい男子ツアーでは、優勝副賞に軽四輪車が提供される時代が来るかもしれません。

  • もらった車の使い方やその後が知りたい。
    何台ももらったうえに、自動車メーカーがスポンサードしてたら、どうしてるのか気になる。
    すぐに売っぱらって換金しているんだろうと思うけど。

  • これだけ車種が派生し増えた今、特定の車種に憧れる時代ではないから、広告効果は昔ほどはないと思います。
    ただメーカー名は印象に残ったり、ゴルフのイメージと結びつけやすいかも。選手は正直車は要らないでしょう。
    大人の趣味も多種多様になり、ゴルフ側も、車側も生き残りに必死って事だと思います。

  • ある自動車メーカーさんに所属したりスポンサーされてたら
    副賞で他社さんの自動車貰っても乗れませんからねぇ。
    一応デカい鍵持って記念撮影だけはするでしょうけど。

  • 子供心に優勝したら車もらえるんだって羨ましく思ったものです。
    見ている側からすると、何か夢がありますね。