picture

情報元

原英莉花が腰痛再発
今季最終戦リコー杯に不安「状態はあまりよくない」/国内女子
女子ゴルフの国内メジャーでコロナ禍により統合された2020-21年シーズンの最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」は25日から4日間、宮崎・宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開催される。23日は初日の組み合わせが発表された。会見した2週連続優勝&大会連覇を狙う原英莉花(22)=日本通運=は再発した腰痛への不安を打ち明けた。

勝利の美酒もほどほどだった。前週に1年ぶりのツアー通算4勝目を挙げた原は勇躍、宮崎入り。「優勝するまでは…」と控えていたお酒も解禁できた。前夜22日は名物の地鶏に舌鼓を打ち、ハイボールで乾杯。だが、ピッチは上がらなかった。

「実は一度戻って、いつも診てもらっているところで針と超音波で治療してもらいました。状態はあまり良くないです」

前週の途中から4月に痛めた腰に再び違和感を覚え、日に日に状態は悪化。前日は愛媛・松山から自宅のある横浜に移動し、治療を受けた。
この日は18ホールを回る予定だったが、14ホールほどで切り上げ、途中からはグリーン周りの確認に専念した。

「先週は大きな1勝だった。いい締めくくりがしたい」

昨年は初日から首位を守り、日本選手ではツアー史上8人目のメジャーでの完全Vを達成した。目指すは、その再現。痛みと不安と闘いながら連覇に挑む。(臼杵孝志)


関連記事






この記事への反応

  • 我々に感動をあたえてくれてる選手達は練習、練習で身体に鞭を打って戦っているのですね
    感謝しています
    後一戦皆さん頑張ってください、、、

  • 選手はJLPGAの宝だぞ!
    稲見さん、原さんが腰痛とは悲しい。
    女子プロは休みが少なすぎる。
    強制的に選手を休ませるよう、何らかの出場制限をすべき。
    年間数試合、他の有力選手と重ならないように前年の賞金ランキングの高い順に休むトーナメントを選ばせるとか。

  • 過去には岡本綾子も腰痛だったと思う。
    パイナップル注射というのを打ったことがあると聞いた。
    ゴルフって腰にかかる負担が大きいんですね。
    腰痛を抱えながらプレーするなんて、辛いと思います。

  • JLPGAが世界に誇れる、実力と美貌を兼ね備えた逸材。
    来期のさらなる飛躍に向けて、しっかり体をケアしてほしい。

  • ゴルフに腰痛は付き物のようで、どうしてもゴルフスイングは腰への負担がある。
    シーズンオフはゆっくり体を休めて来期以降のために体作りをした方がいいですね。
    まだまだ若い選手が腰痛に苦しむと、選手寿命を心配してしまう。

  • マア、勤続疲労だろうな!
    多分モネちゃんが患ってる「腰痛」と同じ様なモノかもな?
    少し休養し、体の疲労を取らないと、中心の腰に負担が来て慢性化しかねない!
    女子は活況でほぼ休みなしに試合があり、選手にはありがたい事だが、トップ選手が次々故障し、ヘタすっと長引いて戦列離れて、ツアーの魅力が無くなったら終わりだな!
    個人の体調管理に口出すのもおかしいが、ツアー自体の休止期間を設けた方が良いかもな!

  • 原ちゃんも、稲見も腰痛が心配だなあ・・・
    2人ともシーズン終わったら、十分腰のケアもしてほしい。
    来年、万全の状態でシーズン迎える為にも!

  • 腰痛は一流選手の証?大なり小なり持っているようです。
    無理して欲しくは無いが、プルンプルンが見れないのも寂しい。