picture

情報元

畑岡奈紗が6位に 原英莉花は20ランクアップ/女子世界ランク
22日付の女子世界ランキングが発表され、米ツアー最終戦「CMEグループ ツアー選手権」を2位で終えた畑岡奈紗が前週8位から6位に順位を上げた。同大会48位だった笹生優花と入れ替わった。

今季5勝目を挙げたコ・ジンヨン(韓国)は2位のまま。1位ネリー・コルダ以下、畑岡と笹生を除くトップ10に変動はなかった。

国内ツアー「大王製紙エリエールレディス」で今年初勝利を挙げた原英莉花が前週115位から95位に上げた。8月以来のトップ100入り。

日本の上位勢は、古江彩佳が14位(変動なし)、稲見萌寧が16位(1ランクダウン)、渋野日向子が38位(1ランクダウン)、西郷真央が40位(2ランクダウン)、西村優菜が42位(1ランクダウン)で続く。


関連記事


この記事への反応

  • 如何に女子選手層の厚さ、群雄割拠の時代に突入したか。
    若手の台頭と言うよりレベルが格段に上がって団子状の集まりにここ数年でなった感じ。
    複数優勝者が多いけど、シード権争いで中堅実力者が脱落、過去の賞金額が当てにならないシーズンだった。
    メルセデスランクは、やはり畑岡や渋野、笹生の優勝実績が日本の評価を上げた要因か?
    後はTV中継が変な方向で囲われ無い事を祈りますね。

  • 海外ツアーの実績のある畑岡さんや笹生さんは実力とランクで想像は出来るけど、海外でプレー実績の無い日本ツアー組の実力と世界ランクがあっているのか?よく分からん気がする。

  • 畑岡奈紗もすごいけど結構いるんだね、トップ100に。
    頑張って欲しいな、古江にも、あんな小さな体で世界の14位。
    できれば吉田や西村にも、小柄な選手であんなにできるんだからとやる気になるし。
    稲見の力を入れないスイングも素人の参考になる。

  • 近々日本人の世界女王を見たい。
    まだみんな若いし経験積んでトップ常連に何人も連なってほしい。
    世界の岡本、宮里、次が楽しみ!

  • 日本女子が2人もトップ10入りして、続々とランクインしている。
    やっぱり、黄金世代やプラチナ世代など若い人たちの層が厚いからね。
    切り開いた宮里愛ちゃんが、パイオニアだね。

  • アメリカツアーで2億円稼いで、賞金ランキング2位。
    日本では、賞金2億円以上稼いでいる稲見、古江いるし、なぜアメリカに苦労して行くのか
    経費コスト考えると、日本ツアーの方が合理的。
    3億円稼げる機会も来年以降に本にある。
    女子ゴルフの聖地は、アメリカでなく、日本の時代きっとくる。
    アメリカに行くでなく、アメリカ選手が日本に来る時代。

  • 日本人プレーヤー頑張ってるね、Top100に10数人入ってる!
    賞金もLPGAに迫るものがあるしこれからどんどん海外から参戦してくるでしょうね。
    畑岡選手より稲見選手の方が稼いでるのはちょっと、、、フィールドの強さ移動環境から考えてら日本で頑張った方がいいような気もします。
    LPGA賞金増額になるようですが簡単には勝てないし!