picture

情報元

高木優奈は来季シード獲得ならず 悩んだプロテスト受験「後悔は一つもしていない」
大王製紙エリエールレディス 来年のシード権を逃した高木優奈【写真:Getty Images】

女子ゴルフの国内ツアー・大王製紙エリエールレディスは21日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で最終ラウンド(R)が行われた。高木優奈(グランフィールズCC)は1バーディー、2ボギーの72で回り、通算3オーバーの52位。来季シード権獲得はならなかった。

19年にステップ・アップ・ツアー優勝の権利で得たツアー予選会(QT)で43位に入り、今季はTP単年登録という形で戦ってきた高木。しかし、規定の改正で来季はTP単年登録が撤廃。試合出場やQT出場権を維持するには「JLPGA正会員」にならなければならない。高木は最終プロテストを不合格になったため、正会員入りには賞金ランクかメルセデスランクで50位以内に入って来季シード権を獲得するか、ツアー優勝するしかない状況だった。


高木は「ゴルフもトレーニングも1年半、長い2020-21年シーズンを通してトータルで自分的には一生懸命やったし、結果としてはやっぱりもう少し良い結果出さなければならなかったとは思いますが、自分としては1打1打、毎日毎日、集中して来れた1年半だったなと思います」と語った。4月のヤマハレディース4位など上位に食い込む大会もあった。「良い時は上位で戦える力はあるんだなと思います、良い時は……」と受け止めた。

今月は悩みに悩んで、高額賞金だったTOTOジャパンクラシックを欠場し、プロテストを受験。しかし、まさかの不合格に。「結果、シードが獲れず、テストも受からず、本当に二兎を追う者は一兎をも得ず、結果としてはすごく残念な結果ですし、本当に残念な結果ではありますけど、自分の選択には特に後悔していないです」と語った。

「モンダミンとシーズンのテストの時も、モンダミンを選んで良かったと思いますし、TOTOとプロテストの時にプロテストを選択したこともそっちで良かったと思っているし、間違いではあったかもしれませんが、後悔は一つもしていないです。良い選択だったと思ってます」とも話し、選択に悔いはないことを強調した。

来年に向けて思いを問われると「まず、プロにもなっていない私をサポートしてくれたグランフィールズをはじめ、沢山のスポンサーのサポートしてくれた皆さんにも感謝してますし、本当に沢山のプロが他にもいる中でテストに合格していない私をサポートしてくれたことにまず第一に感謝なので、本当に結果が伴なっていない事が何よりも申し訳ないですけど、そこには感謝しています」と頭を下げた。

「本当に1年半、プロの先輩たちにも可愛がってもらって、声かけてもらって、プロテスト終わってからも、『まだまだ、若いから頑張れると』って声をすごく掛けてもらったので……。試合に出れない1年は初めのテストを受けてからの1年が長く感じたように、もしかしたらツアーを経験してしまったからこそ、もっと長い1年に感じるとは思います」

さらに「ここで得た、40何試合分のデータも含めて、ここまできちんとデータが取れている人もいないだろうし、このデータを基にしっかり1年間練習をして、ここで見て来た自分に足りないものだったりもっともっと必要なものは自分の中では分かっているというか、決まっていると思うので、1年すごい長い時間、人より練習が出来ると思ったら、もっともっと……」と必死に前を向き、こう言って締めくくった。

「来年プロテスト獲って、また再来年すぐに勝てるくらい、稲見萌寧、他の選手を超えるくらい1年で成長した姿を来年と言えないですが、再来年見せれれば良いなと思います」


関連記事


この記事への反応

  • 何と言って良いのやら。
    プロテストだって1打差で落ちたのだから。
    本人が目の前にいたら、声をかけることもできないと思う。
    確実に言えるのはプロテストに合格できる力はあること。強い気持ちで頑張ってほしい。

  • 力があればシードは取れるし、プロテストも問題なく通る。力がなかった事が全て。

  • プロテストを甘くみてたからだと思います。

  • 45試合に出場できて結果としてシード権が取れないのは、それが実力。
    大山さんは32試合で賞金ランキングもメルセデス・ランキングでもシード権を獲得している。

  • 同学年で1勝している浅井や河本がシード落ちしてるのに、髙木がシードに入れるわけがない。
    結果論という見方もあるかもしれんが髙木は自分をわかっていない。
    だからテスト受験をスキップするなんていう暴挙を冒す。
    この結果は必然。そして来年のテスト合格は至難で仮に受かったとしてもQT中位から下位でしょう。
    ステップに出られたら御の字じゃないかな。

  • 残念ですが、しょうが無いですね。 
    辛い1年かも知れないですが、頑張ってください。 
    ここ数年は若者が上手くなり、プロを目指す人が多くて来年も大変かと思いますが頑張ってください。
    待っております。

  • 単年登録が撤廃でプロの試合にほとんど出れないんだろ?
    プロテストまでモチベーション保てなくて実力が落ちる選手が増えるだろうな。

  • 来年のプロテスト合格目指して頑張って下さい。