picture

情報元

横峯さくら 国内ツアーQT出場を表明 残り7勝「永久シードを取りたい」
プロゴルファーの横峯さくら(35)が20日夜、自身のYouTubeチャンネルを更新。日本ツアー復帰を目指し、今月23日から始まるQT(クオリファイングトーナメント)ファーストステージに出場することを表明した。「来年、日本ツアーに戻ってくるために、来週のQTを受けたいと思います」。QTとは、ツアー本戦へのシード権を持たないゴルファーが大会出場権を得るために参加する予選会。

横峯は「日本ツアーでプレーするのはすごく久しぶりなので、今からワクワクしています。実は私、日本のQTを受けたことがなくて、どんなふうな雰囲気なのか想像もつかないんですけど、今からドキドキしているような感じになっています。なぜ戻ってくるかというと、日本ツアーで永久シードを取りたい目標があって、帰ってきたいなと思っています」と明かした。

永久シード権を得るには日本ツアー30勝が必要。横峯は残り7勝となっている。

今年2月に第1子男児を出産。「子どもが小学生に上がる頃までに、永久シードが取れたらうれしいなと思っています。6年間で7勝をしっかりできるように頑張りたいなと思っています。私はアメリカツアーに行ってプライベートと仕事を分けなくていいんだなということを学んで、ゴルフが好きになって、今ももちろん好きですし、好きなゴルフを1日でも長くできるようにするためには、やっぱり永久シードは大事かなと思って、そこを目標に頑張っていきたいと思っています」と意気込んだ。

横峯は来年まで米ツアーのシード権を持っているが「アメリカツアーの制度としては、日本の試合とアメリカの試合と重なった試合が3試合までしか出られないので、そこから4試合、5試合と出ると、罰金になってしまうので、アメリカツアーのシードを放棄するタイミングが来てしまうのかなと思っていて。そのタイミングとしては、やっぱり来年の前半になるのかなと思っています。(目標の)アメリカツアーの1勝は、日本ツアーにいながら、しっかり成績を残すことができれば、アメリカのメジャー大会には出られるのかなと思うので、日本にいながらアメリカでも戦えるようなベースをつくっていけたら、うれしいなと思って、これから頑張っていきたいと思います」とした。


横峯さくらのYouTube


関連記事


この記事への反応

  • 出来る時に出来ることをやりきることで見えてくることがある。
    本人はもちろん場合によっては周りからも。
    横峯はママゴルファーだし、そういうところからも見せたいところがあるんでしょう。
    それは横峯にしか出来ないこと。
    楽な道のりではないと思うが頑張って欲しい。

  • 子育てとアメリカツァーは正直厳しいと思う、目標を変えるのもいいのではないですか。
    さくらさんが帰ってきて楽しみが増えます。
    頑張れ元祖さくら。

  • 若手台頭著しい国内ツアー
    厳しいと思うけれど、心置きなくチャレンジしてほしい

  • 努力家ですね、ただ今の日本は激戦。
    アメリカ行ってる間に。

  • 気持ちは分かるけれど
    今の日本女子ツアーには強い若手が沢山いるから
    これから7勝は
    横峯さくらと言えどもきついと思うな
    まあ、頑張って下さい

  • 残り7勝はきつくありません?
    目標高いのはいいけど。

  • 35歳なのにあと7勝もあるんですよね??
    横峯選手って最後に勝ったのいつでしたっけ?
    本人がやりたいなら止めはしませんが、それは無謀だと思います。

  • 年齢や環境が変わっても、その時々に明確な目標を持つ事は大事だと思います。
    是非とも永久シードを手にしていただきたい。
    応援してますよ!