picture

情報元

尾崎将司の4連覇を阻んだ新帝王
ダンロップフェニックスの歴代優勝者は有名選手がズラリ…でもいまは?
男子ゴルフのダンロップフェニックス(宮崎・フェニックスCC)第1日目。8アンダーで首位に並んだのは秋吉翔太と市原弘大。1打差の2位には永野竜太郎がつけた。連覇を狙う金谷拓実はイーブンパー45位と出遅れた。

1974年から現在の大会名になった今大会には、海外の強豪選手が多数参戦。日本のゴルフ界を大いに盛り上げてきた。歴代優勝者にはジョニー・ミラー、セベ・バレステロス、トム・ワトソン、ラリー・マイズ、アーニー・エルス、リー・ウエストウッド、デビット・デュバル、タイガー・ウッズ、ブルックス・ケプカといった有名選手がズラリ。2014年には松山英樹も頂点に立った。

優勝こそないが、帝王ニクラス、ノーマン、ミケルソン、カプルス、ファルドなどもファンを沸かせた。

今大会を盛り上げた日本選手といえば94年から3連覇した尾崎将司だ。当時の尾崎はまさに全盛期。海外メジャーではからっきしではあったが、94年から5年連続賞金王で国内では最強を誇っていた。

尾崎の4連覇を阻んだのが80年覇者のワトソンだった。最終日も安定したゴルフでスコアを1つ伸ばし9アンダー。一方、3打ビハインドでスタートした尾崎は終盤に崩れ、見せ場は最終18番(パー5)の2オンくらい。5アンダーの4位に終わった。


米ツアーの開幕が1月から9月に変わるなどして、著名な海外選手が来日しなくなったダンロップフェニックス。以前ほどの盛り上がりを見せないのは、かつての尾崎のようにファンを惹きつける国内選手がいないことも理由だろう。


この記事への反応

  • PGAツアー選手が参加しなくなったのも今の衰退要因だろうけど、そもそも国内男子プロの言動、プレー態度、内容が不快だったり魅力無いことに尽きると思う。
    あんなにエラソーな勘違い態度見せられたら、そりゃ観にいかないし、テレビでも見ない。

  • 国内男子ツアーは酷すぎる。選手の傲慢と組織の腐敗がその原因。

  • 当時は海外の試合はメジャーくらいしか放送が無かった。
    松山のアメリカでの活躍以降。
    ゴルフはアメリカツアーを見るようになったなー。
    正直日本ツアー見てても面白くない。
    女子のとや方を見てしまうのは何故なんだろう

  • 今のダンロップは、見る気もしない日本人プロのド三流のドングリの背比べなどヘドが出る。せめて外国から選手が来ればな。
    賞金も日本人プロのレベルに合わせたら、優勝は1000万が精一杯やろ。高すぎる。
    余分な分は寄付でもしろや。

  • 今の男子プロでお金払って見たい人いますかね?
    こんなつまらない競技、スポンサー企業も離れて当たり前だけどプロ達は現状どう思いながらゴルフしてるんだろうな。

  • PGAも国内ツアーも80年代後半〜90年代が1番面白かった。

  • この時期は大きな大会が続いてて毎週録画しては夜に楽しみに見てたのが懐かしい…
    それが今やテレビ中継すら見なくなりました。
    いや、見たい選手がいないのが正直なところです。
    やっぱりスターが居ないのが衰退の原因かと思ってしまいますね。
    でも女子プロの中継は見ます!やっぱり花がありますね、女子プロには!

  • 最近は女子トーナメントは録画してまでも観るけど男子トーナメントはメッキリ観る気がなくなった。