picture

情報元

「子供にやらせるなら断然ゴルフ」な理由とは?
歴代最も稼いだアスリートランキングが発表
アスリート長者番付といえばフォーブス誌の専売特許だが、このたび「スポーティコ誌」が新たにランキングを作成。インフレ調整を行って算出された、歴代もっとも稼いだアスリートは?

ランキングのトップ10を種目別で見ると、ゴルフが最多の3人。バスケットボールとサッカーがそれぞれ2人。ボクサー、レーシングドライバー、テニスが1名ずつ。米国メディアは「将来子供にスポーツをやらせるなら断然ゴルフ!」と報じている。

ランキング1位は文句なしでバスケの神様マイケル・ジョーダン。キャリア収益26億2000万ドル(約3000億円)は、Go Toトラベルの予算に匹敵するが、2位から4位をプロゴルファーが独占。内訳はT・ウッズが21億ドル、A・パーマー15億ドル、J・ニクラスが13億8000万ドルで、3人のキャリア収益は計50億ドル(約5500億円)にのぼる。繰り返しになるがこれらの数値はインフレ調整を行っているため、実際に稼いだ金額より多く算出されている。それでもゴルファートリオの稼ぎは相当なもの。

惜しくもトップ10を逃したP・ミケルソンは10億ドルで11位にランクイン。トップ11に4人だから、ゴルフがいかに稼げるか垣間見える。

もう1つ、親が子供に勧めたいスポーツナンバー1の理由は、競技の性質上、ゴルフは長く稼げるから。現にミケルソンは51歳でメジャー優勝しており、米シニアツアーでも活躍している。

しかも紳士のスポーツだからスポンサー受けも良い。ウェアや帽子に企業のロゴをつけ露出する機会が多いので、契約金も高額になる。

パーマーは他界してからすでに5年以上経つが、依然として年間4000万ドル(約44億円)を稼いでいる。

1勝すれば1億円以上。ゴルフバブルが続くアメリカが羨ましい。


関連記事


この記事への反応

  • 子供が望んでやりたいと言うなら親として環境を与えるのは分かる
    でも「稼げそうだから」とか安易な発想で子供に強制しないでほしい
    どんなスポーツでも競技だけで稼げるのは上位数パーセント程度
    夢を追いかけるなら子供の夢で親のエゴではない

  • サッカーや野球と比較すると、プロにならない場合、ノンプロがないため、活かせる仕事は接待ゴルフ程度になります。
    また、プロになるまでの先行投資がべらぼうにかかり、プロテスト受かっても、大半はレッスンプロが現実で、元が取れない代表だと思いますよ。
    USAはゴルフ環境が断然いいからですね。
    その代わりレベルが違うのですが、松山は凄いですね。

  • 女の子ならば能力的な個体差が少ないから、頑張ればトップになれる可能性がある。
    男子はどの世界でもトップは凄すぎて、努力だけではどうにもならない領域があるので、あまりプロスポーツの世界を目指させようとは思えない。
    本人がやりたいスポーツをやらせて、天賦の才があると思えたら目指させるかもしれないね。

  • ん?指導費、遠征費、グッズ代馬鹿にならない。
    日本だとプロでも数十人しか食っていけない。
    一番やらせたくないスポーツの間違いだよね?

  • ゴルフは必要経費がとんでもなく多い。

  • 日本人の歴代でPGAで飯食えてんのなんて松山だけじゃん。
    確率から言えば東大行かせて大手に就職させる方が断然稼げる。

  • 日本で飯が食える人数が多くて一発大きいのも狙えるプロスポーツっていうと、野球サッカーに次いで競輪選手ではないかと。

  • これ、世界じゃなくて日本人のランキングで見てみたいなー。
    バスケなんかは世界で戦うには難しいし。
    どのスポーツももちろん一握りだけど、費用なんかを考えたら野球やサッカーになるのかなー。
    高校生のうちに一区切りつけられるから、将来を考えやすいし。