picture

情報元

“自主隔離破り”石川遼はなぜ記者会見を行わないのか
日本ゴルフ界、男子と女子の決定的な“差”
男子プロゴルファー石川遼(30)の周辺が騒がしい。米国から帰国後の新型コロナウイルス感染対策の自主隔離期間中に一般客も利用する練習場やゴルフ場で調整し、スタッフらと毎晩のように飲み会をしていたとニュースサイト「Smart FLASH」(11月8日付)が報じた。

石川は9日になって「一部至らない点があった」と謝罪文書を発表。さらに批判が高まると、11日からの三井住友VISA太平洋マスターズ欠場、JGTO(日本ゴルフツアー機構)と選手会に要職からの辞意を伝え、15日には「1カ月出場停止」の処分を受けた。そして、JGTOが報道各社に送付した文書には、「コロナ禍」を理由に石川の会見をしない旨が記された。


人気低迷中の国内男子ツアーにとっては、唯一といっていいスターだった石川の不祥事で立たされたさらなる苦境。人気の国内女子ツアーとの差は開くばかりだが、その背景には根深いものがあった。

年内の全3試合を欠場

問題発覚から1週間が経ち、石川への処分がJGTOから発表された。「1カ月出場停止」。同日、都内で臨時理事会を行い、決定したとしている。

出場停止期間は11月15日~12月15日。ダンロップフェニックス、カシオワールドオープン、日本シリーズJTカップと年内の全3試合を欠場することになった。

JGTOと選手会はそれぞれが、石川から提出されていた役員辞任届を受理。石川の会見はなく、謝罪のコメントがJGTOを通じて発表された。

〈この度、私の行動によりましてこのような事態を招いたことを反省し、JGTO副会長及び理事を辞任いたします。また、今回の処分を真摯に受け入れ、今後このようなことが無いように努める所存です。そして、こんな自分でも応援してくださる方がいる限り、最後まで諦めずにゴルフを頑張りたいと思います〉

「コロナ禍」を理由に会見なし

発表文には続けて、下記の文言が記されていた。

〈本来でありましたら、皆さまにお集まりいただき記者会見をすべきところではございますが、コロナウイルス感染者が減少しているとはいえ、依然として感染対策の徹底が求められていることに鑑み、文書での謝罪となりますこと、お詫び申し上げます。最後に、たくさんの方々の期待を裏切るような形となりましたこと大変申し訳なく、あらためましてお詫び申し上げます〉

これはあくまでJGTOによる声明とのこと。だが、石川のコメントのようにも読めるため、そう解釈して速報した一部メディアもあった(その後、修正)。しかしながら、「コロナ禍」を理由に会見しない姿勢は、ネット上にあふれる批判の炎に油を注いでしまった。
スポーツ紙デスクが解説する。

「会見をしない理由は、他にあったのでは」

「当初、石川サイドはそれほど深刻な問題とは考えていなかったようでした。8日の時点では11日からの三井住友VISA太平洋マスターズに出場する意向で、9日にはコース入りして報道陣に状況を説明するつもりでいました。しかし、ネット上で批判が高まって、9日午前に『一部至らない点があった』とする謝罪コメントを発表しました」

ただ、このコメントが「“一部至らない点”とは何を指しているのか」などさらなる批判を生んだ。石川は大会欠場を決め、JGTOに役員辞任届を提出した。

「その後、青木功会長、選手会の池田勇太事務局長らが取材対応しました。ただ、青木会長は『(石川の処分を決める理事会は)2、3日後に予定』と言い、記者たちが食い下がると『俺がお願いしているんだから。いいだろ。待ってくれよ。今日は言いたくても言えないんだよ』と返しています。池田も『マスコミの皆さんにお願いなんですけど、これ以上聞かないでください』と」

11日はJGTO懲戒・制裁委員会が開催、15日には理事会が開催された。

「どちらもリモート形式でしたが、石川の会見だってリモートでやれたはずです。15日は329人が集まった大谷翔平の帰国会見が話題になっていましたし、感染対策をすれば、石川だって出てこられたでしょう。会見をしない理由は、他にあったのではと考えてしまいます」

功労者を“守る”JGTO側

JGTOによると、石川は厚労省が定めた14日間の隔離期間中、練習場を利用し、2ラウンドを行っている。1回はコーチとゴルフ場関係者の3人、もう1回はコーチと2人でプレー。夕食は、個室でコーチと2人でとり、ゴルフ場関係者1人が入室し、会話をしたこともあった。コーチと2人で夕食をとった際、2回飲酒、いずれもゴルフ場関係者が同席していた。

JGTOは「本人がコーチと同じ飛行機で帰国しており、いわゆるバブル状態にあると思い込み、屋外でのゴルフプレーなどが許されていると勘違いしていた事情は理解できなくはない」としたが、「国民の多くが感染症ウイルスの外国からの持ち込みを警戒している中、重い社会的責任を負うJGTOの副会長、JGTOツアーメンバーとして軽率であることは否めず、今回の処分が相当であると判断した」と処分理由を説明した。

もし、石川の記者会見が開催されたら、3人での飲酒の詳しい状況、「バブル」と思い込み、「勘違い」するに至った経緯の説明なども求められただろう。15歳で史上最年少ツアー優勝を果たして以来、トップの人気を誇る功労者を“守る”には、コロナ禍を盾にした“会見なし”をJGTO側も勧めたのではと勘繰られても仕方ない。

「選手ファースト」で職員たちも忖度

振り返ると、JGTOが「選手ファースト」を続けてきたことが、今回の問題につながっていると思えてならない。

1999年2月、JGTOはJPGA(日本プロゴルフ協会)からトーナメント部門が独立して発足。当時は「内部分裂」「クーデター」とも報じられた。対立は守旧派のJPGA幹部と改革派の選手会という構図。選手会をまとめていたのは、トッププロの倉本昌弘と島田幸作管理委員長(初代JGTO理事長)で、独立の結果、男子プロゴルフ界の構造は大きく変わった。それまでは、JPGAが実施するプロテスト合格を義務としていたプロゴルファーの日本基準が変更され、個人の宣言でプロ転向できる「世界標準」が導入されるなどした。

言い換えれば、JGTOは選手たちのための組織で、石川がそうであったように、歴代理事にも選手が名を連ねてきた。つまり、選手が一番大事。職員たちも選手の機嫌を損なわないように忖度し、さまざまなことに目をつむってきた。

例えば2003年、ある試合会場でのことだ。そこでは抽選に当たったファンと選手が一緒に写真を撮れるサービスが実施されていた。しかし、有名選手の1人はそれを無視してロッカー室へと向かった。自分のプレーに納得できず、腹を立てていたからだという。職員は選手を呼び止めようとしたが、声をかけることもできなかった。ファンはガッカリした様子だったが、その職員は選手を責めず、「私たちがちゃんと伝えきれていませんでした。申し訳ないです」と平謝りをした。

片山晋呉が招待客を激怒させたことも

18年5月には、元賞金王の片山晋呉がプロアマ大会で招待客を激怒させる問題も起きた。国内メジャー大会の日本ゴルフツアー選手権前日に行われたプロアマ戦で、片山と一緒に回った招待客が、片山の言動に憤り、ラウンド中に帰ってしまったのだ。

原因は、1ホール目のグリーン上で招待客がプレー中にもかかわらず、片山がパッティング練習をしたことだった。その後、片山は自らのバーディーパットを決めたが、ホールアウト後、また練習を始めた。招待客は「同伴アマチュアへの配慮が足りない」という趣旨の苦言を呈し、次のホールで自身のティーショットを打った後で「帰る」と言ってクラブハウスに引き揚げてしまった。

事態を重く見たJGTOは、片山に対して、「制裁金30万円と厳重注意」の処分を科した。本人は記者会見でこう話した。

「20年間ずっと同じようなプロアマをしてきました。一度も教わったことはなかったので。見よう見まねでここまで来てしまった」

つまり、片山の先輩たちも、プロアマで「おもてなし」より「自分の練習」を優先していたということになる。

男子とは真逆の女子プロゴルフ

一方、女子プロゴルフは真逆だ。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は、樋口久子特別顧問が会長だった時代から、選手たちにファンサービス、スポンサーへの配慮、気遣いを徹底指導してきた。

プロアマ戦に出場した選手は、招待客と積極的に会話し、機を見てレッスンもする。ラウンド後、パーティーが開催されれば出席が義務。13年からは「プロアマを欠場、棄権した選手は本大会出場を認めない」の規定も加わった。
そして、毎年12月に実施される新人セミナー(入会1、2年目が対象)では、社会貢献の大切さなども伝えている。

JGTOも「プロアマを欠場なら、本大会に出場できない」とする規定を07年に設けてはいるが、「片山問題」以降も、選手たちを徹底指導するシステムは、確立されていないのが現実だ。

その状況も踏まえ、ゴルフ番組に関わるテレビ局関係者が今回の「石川問題」を嘆く。

開幕戦まで沈黙を続けるのか

「2021年は、松山英樹がマスターズを制し、笹生優花が全米女子オープンに勝って、稲見萌寧が東京五輪で銀メダルを取った記念すべき年。そのムードに完全に水を差しました。今後、スポンサー離れは加速するだろうし、試合数がさらに減る恐れもあります。

昭和の時代から国内男子ツアーではスター選手が崇められ、メディア側も不遜な態度に目をつむってきた側面があります。そのツケが片山の問題で明白になり、今回のような問題が起きても、JGTOや石川は後手後手で、社会常識に照らした適切な対応もできなかった。結果、ツアーはさらに苦しくなる。もはや、負のスパイラルです

国内男子ツアーはかつて年間40試合以上を誇ったが、21年は24試合開催。テレビ世帯視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ)も平均3.5%(20年5.2%)と低迷している。国内女子ツアーの38試合開催、同平均6.0%(20年6.8%)と比べても差は開くばかりだ。

石川については来季の試合出場は可能だが、例年、開幕戦は4月開催。それまで公の場に姿を見せず、沈黙を続けるのだろうか。


関連記事












この記事への反応

  • つまり男子ゴルフはクソってことだな。
    まず石川の特別扱いをやめること。
    そして、松山は外から、若手は中から時間をかけて改革することだ。
    唯一救いだったことは松山が瞬速で賞金王取って日本を出たことだ。
    変な慣習に染まらなくて良かった。

  • 青木功、片山晋呉、池田勇太
    この黒い系列に
    石川遼が続いてしまった。

  • 紳士のスポーツ?聞いて呆れるわ。
    日本の男子プロゴルフ選手で感じの良い選手はいないし、役員も青木の思うがまま。
    強い選手は人格者ではないのです。

  • 会見しても言い訳がましくなるだけで、非は石川にあることは明らかだからね。
    総攻撃を受けるだけだから逃げたいのは分かる。
    それをしないとどうなるか?はこれから。

  • 日本の男子プロはファンに対して横柄ですこぶる評判が悪い。
    また言動が粗雑でタバコはコースのあっちこっちで吸っているし、これじゃ子供にいい影響など何もない。

  • 今回の石川が公の場で謝罪しないのは彼が一流でないことをさらけ出した
    所詮その程度の人間だったと言うことで失望した

  • 今回は片山の問題をはるかに超えた大問題だってことが協会や選手会、石川遼のスポンサーもわかってないのでは?

  • ゴルフ界も腐った組織だね。