picture

情報元

「実力以上のものを出せた」 元カープの前田智徳、7位で初の予選通過【日本ミッドアマ】
ゴルフの日本ミッドアマチュア選手権第2日は18日、岐阜県多治見市のスプリングフィールドGC(6890ヤード、パー72)で第2ラウンドがあった。3オーバーで16位発進した元広島東洋カープの前田智徳は71の1アンダーをマーク。146の通算2オーバーで7位に浮上し、初の予選通過を決めた。

ラウンド後の前田はすがすがしい表情をしていた。「頑張った。実力以上のものを出せたと思う」


関連記事




この記事への反応

  • マジで凄いです、何をやってもセンスの塊りだと思う。
    野球は左打ち、ゴルフは右打ち、両ききの人が羨ましいです。

  • 競技ゴルフでしかも、ジャパンの試合で実力以上のものを出せたというのがすごい。大抵は普段通りできないのが競技。コンペやプライベートの賭けゴルフじゃないんだから。
    やはり一流のプロアスリートはそこも普通のアマチュアエリートゴルファーとは違うんだなと。

  • そこらのなんちゃってシングルとはレベルが違いますね。

  • いつかゴルフでもメジャータイトル獲ってくれそう。
    さすが前田智徳。

  • 無冠の帝王をゴルフのタイトルを獲って返上か!?

  • 昔、ベイスターズにいた高森勇旗さんが、石井琢朗さんや前田さんと一緒に自主トレをした際、バッティングのことを聞いても「わしはわからん」と何も教えてくれなかったが、ゴルフの相談をしたら、「何でもっと早く相談せんのか?」と怒られ、延々と熱く語ってくれたらしい。

  • 打撃の天才は、ゴルフも凄いんですね。
    打撃ヨシ、ゴルフヨシ、スイーツ論評ヨシ、落合のものまねヨシ
    凄い人や。

  • 前田に言える言葉は唯一。
    天才すぎる。