picture

情報元

緊急事態宣言中にゴルフ「議員の自覚が問われる」 市議2人の政倫審初会合
新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間中に滋賀県守山市の森貴尉、渡邉邦男両市議がゴルフに行くなどした問題で、守山市議会の政治倫理審査会の初会合が8日、市役所で開かれ、今後の手続きを確認した。

政倫審は学識経験者2人、市民代表3人、議員3人で構成。初会合では野洲和博弁護士を委員長に選出した。出席した市議らは「市民から厳しい声が寄せられている」「議員の自覚が問われている。襟を正す機会にしなければいけない」などと設置理由を述べた。今後、両市議の弁明や事実関係の確認を行い、議会が講じるべき措置を検討・決定し、議長に報告する。

審査請求書によると、両市議は宣言期間中の9月2日に知人らとゴルフをし、感染者の濃厚接触者となったため同15、16日の本会議を欠席するなどした。既に全員協議会で事実関係を認めて謝罪し、役職などを辞職した。

次回の政倫審会合は22日を予定している。


この記事への反応

  • 知り合いに守山市議がいますが 年に数回 各地方に 視察とかいうて 行ってるけど ほぼ視察では なく 旅行みたいなものと言ってました。

  • ゴルフはいいが仕事しろや
    議会休むな

  • 宣言下じゃないが、知事もゴルフしてたしな。
    率先垂範って言葉を勉強してこい。
    どいつもこいつも。

  • 感染者が少ない時はどうでもいいと言い
    感染者が多い時は批判批判批判
    ほんま、困ったもんです

  • ゴルフ選手や真剣にゴルフをやっている人が可哀想です。
    ゴルフってそんなに印象悪いですか?

  • 滋賀県代表がしているから仕方ないよ。

  • 県知事も 市会議員も腐っているな
    見つからなければ良いと思っているのか?
    役職降りたらそれで済むんだ
    まぁ知事なんて 謝っただけだからね

  • ゴルフに対する悪意しか感じない報道。