picture

情報元

人気選手は集中? それとも分散?
ーナメントの予選組み合わせはどうやって決めてる?
予選ラウンドのスタート順は主催者が決める

プロゴルフトーナメントは4日間競技であれば木曜日、3日間競技であれば金曜日に予選ラウンドが始まります。そのスタート順が決まるのは、開催週の火曜日か水曜日の昼と決まっています。

なぜそのタイミングかというと、大会開催週の月曜日や火曜日に、開催コースで主催者推薦選手選考会(マンデートーナメントおよびチューズデートーナメント)を実施し、成績上位者に出場権を与える試合があるからです。

また、出場資格を持っている選手がケガなどを理由に出場を取りやめ、待機選手(ウェイティング)に出場権が回ってくるケースもあるので、出場選手が最終決定してからの発表となるからです。

そして、スタート順を決めるのは主催者です。主催企業の所属選手がいる場合、その選手をメインに前年度の優勝者や注目度の高い選手をバランスよく配置します。

ギャラリーが特定の組に集中しないように注目選手を分散するのが通例ですが、主催者の意向であえて注目選手ばかりを集めた組み合わせを作るケースもあります。松山英樹が優勝した2016年の日本オープンでは、松山と石川遼とマスターズ覇者のアダム・スコットが予選ラウンド2日間を同組で回り、大きな盛り上がりを見せました。

4日間競技の予選ラウンドは同じ選手と2日間プレーします。初日が午前スタートの場合、2日目は午後スタートになります。初日が1番スタートの選手は、2日目が10番スタートです。

コースコンディションや自然条件で不公平が生じないように配慮されていますが、実際には全選手が公平なフィールドで戦えるスポーツではなく、選手たちもそれを承知の上で取り組んでいます。

その後は成績順のペアリング、同スコアの場合は提出順

3日間競技は第1ラウンド終了時点、4日間競技は第2ラウンド終了時点でペアリングが成績順になります。首位の選手が最終組に入り、そこからスコアの少ない順番に並んでいきます。

同じスコアの場合はスコアカードを提出した順番になります。早い時間にスタートした選手から順番にホールアウトしてスコアカードを提出していきますから、前日のスタート時間が早かった選手が翌日は後ろの組になります。

同じ組で同じスコアの場合は、その組の中でスコアカードを提出した順番です。石川遼が高校生プロゴルファーとして注目を集めていた時期は、同組同スコアでホールアウトした選手が石川に対して先にスコアカードを提出するように促すことがよくありました。

なぜならば、石川が翌日に最終組に近い位置でプレーすれば、大会自体の注目度が大きくアップするからです。そして、その選手にとっても石川が前の組にいるより後ろの組にいるほうがプレーしやすくなるので、双方にとってメリットがあったわけです。


トーナメントに優勝するのは54ホールないし72ホール終了時点で最も少ないスコアでホールアウトした選手です。そのためには、最終日に最終組でプレーするのが最も優勝に近い位置なのは間違いありません。

ただ、最終日最終組が必ずしも有利とは限りません。トーナメントの地上波放送は少し前まで録画中継が主流でした。最終組にいるはずなのに優勝争いから脱落してテレビに映らない選手が必ずいました。

最終日最終組のプレッシャーはおそらく相当なもので、予選ラウンドではイキのいいプレーをしていた若手選手が、初優勝を意識した途端にスコアを大きく崩してしまうパターンをよく見かけました。ただ、最近は初めての最終日最終組でも堂々とプレーし、優勝争いに加わるケースが多くなっているように感じます。

男子ツアーも女子ツアーもこれから賞金王・賞金女王争いが佳境を迎えますので、主催者がどんな意図で予選ラウンドのスタート順を決め、そのスタート順がどのように変わっていくか注目すると、トーナメントの楽しみ方がよりいっそう深まるかもしれません。


関連記事


この記事への反応

  • どっかの人気者はこの最たるものでしょ。
    主催者、TV局、マスコミ、協会とが一生懸命に上位にこれるようにペアリンしてるでしょ。
    なんならグリーンの硬さもその選手に合わせてるし。
    興行だからそこは理解できるけどその選手が出て来てからは露骨になったよ。

  • 主催者が決めるのでは無く、ランダムに決めて欲しい。

  • はっきりいうと理想論です。
    スポンサーあってのプロで強くなればなるほど賞金よりもスポンサー料の方が高くなります。なので相乗効果もあり人気が高く強い者同士のドローになります。
    そして、人気プロに無名プロが2名なんかのドローにすると無名プロのプレーを無視してマナー違反してしまうギャラリーがどうしても現れますのでそれはアカンやつです。
    別に人気プロが午前や午後に偏ることなくやってる今のドロー方式が正しいのです。

  • 女子ゴルフの3日間競技と4日間競技はなぜあるのでしょう。
    今や女子ゴルファーも体力的に問題無いような気がします。
    3日間競技だと予選通過後1日で決勝なんか物足りないような。4日間競技で統一したらいいなと思いますが。
    女子プロゴルファーの実力もかなり上がっているよが世界的にはまだまだ。
    世界で通用する、またメジャーで勝てる選手を期待するなら是非4日間競技でいかがでしょう。

  • 写真の組み合わせいいですねー
    TV中継考えると人気選手をまとめた方が放送しやすいですね
    吉田と河本が活躍できますように